3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いずれはこうなりたい!
相変わらず少しでも空いてる時間を見つけたらちまちまELECTRIBEをいじってるのだが、その際は常にPCを立ち上げてgoogleとYOU TUBEとニコニコ動画をすぐ見れるようにしてる。


なにせ操作方法は説明書よりも先人達の解説の方が解りやすいし、動画の類はそれを実演してるのもあれば究極の形のもある。
なんにせよ早く若葉マークが外れる位に使いこなして、これで色々な音楽を作りたいと思っている。


ちなみに最近のお気に入り及び目標動画がこちら。


1:Beatmaking in six minutes



2:【ファミマ入店音】ファミマに入ったらテンションがあがった【Remix】



いや~、ここまでたどり着けるかどうかはこの際置いといて、可能性に関してはかなりの物を感じるこのアイテム、しっかりとマスターして自分もいずれは皆様に聞いていただきたいなと思う。


さぁ今から練習するぞ!


3104
音舞宙凛5月のライブのお知らせ
こんな感じで絶賛活動中!


ここ数日音楽寄り道が激しい私ではあるが、本筋の音舞宙凛もしっかり活動しており、今日は5月に開催されるライブが近くなってきたのでそのご連絡をば。

是非とも遊びに来てくださいな!


2012年5月18日(金)@三軒茶屋HEAVEN’S DOOR
【opposition to pops】

OPEN 18:30 * START 19:00
チケット 前売¥2,000 / 当日¥2,300 (共に1drink別)
出演:ジ・アジナーズ / ABCD / TOQUIWA(ex.Pinky Piglets) / デッドバンビーズ / 音舞宙凛


超強力ドラマー加入『ABCD』
アメリカツアーも終え、新体制で臨む『TOQUIWA(ex.Pinky Piglets)』
遂にレコーディングを開始!今年は大飛躍(かも?)『デッドバンビーズ』
メンバーチェンジを経て、より強力な爆裂サウンドをかます『ジ・アジナーズ』、
久しぶりの出演で進化が問われるエレクトロダンスバンド『音舞宙凛』
と目が離せない5バンドが出演!!


という訳で素敵な共演者に囲まれて久々のホームグラウンド三軒茶屋でのライブである。
先日のライブラッシュで得た物、感じた事をこの花金にブチまけてダンサブルな夜に塗り替える予定である。

ちなみに音舞宙凛の出番はラストの21:40~なので、仕事帰りで少し時間が空いた方!私のようにGW特に出歩かなかった方!なにはともあれ音に合わせて体を揺らしたい方!


ご来場心よりお待ちしております!!!


3104

なお詳細やチケットに関するお問い合わせは

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp



info@obtr.jp

までお気軽にお問い合わせくださいな。
我歌う
昨日は七夕に開催されるコピーバンドイベントに向けての初練習が行われた。
私はちなみにボーカルとして青春時代にどっぷりハマったバンドに参加するのだが、今回も豪華なメンツに囲まれてのジャイアンリサイタルに胸が高鳴らずにはいられない!


という訳でスタジオに殴り込み、ありったけのソウルを込めて2時間歌いまくってみた。


いや~久々に大声で歌うのは気持ちがE!しかもカラオケには無い生演奏の迫力が更に気分を高揚させてくれる。


とまぁかなり個人的に贅沢な時間を過ごした後は即座に打ち上げ!
リハーサル自体は22:00に終わったのに、気付けば日付をまたいでしまい、約1名が終電を逃すという初回からイベントテンコ盛りな内容であった。


久々にバカ話オンリーな時間を過ごしたし、前々から一緒に音合わせしたいなと思っていた人とのスタジオは楽しかった。
これで織姫と彦星が出会う日の夜は素晴らしい事になるだろうと期待を込めて、短い期間ではあるが頑張ってみようと思うのであった。


また詳細は追ってご連絡するので、とりあえず七夕の夕方から夜にかけてはスケジュールを空けといてくだされ~。


3104
時間アブソーバ
先日の日記で紹介した

「ELECTRIBE MX」

を購入して数日間、ありとあらゆるサイトを調べてようやくトラックの作り方を覚えた私は、手さぐりではありつつも制作活動に取り組んでみた。

漠然としたイメージとしては


1:ドラムのリズムパターンを作る
2:ベースフレーズを乗っける
3:シンセフレーズを作る
4:ご満悦



という流れになるだろうと目論み作業開始。


1:ドラムフレーズの作成
まぁある意味自分の土俵の作業なのでわりかしフレーズの想像は出来たのだが、それぞれの音色にエフェクトを掛ける事が出来るので、そこで試行錯誤しながらも順調に製作は進む。

2:ベースフレーズの作成
とりあえずブリブリ鳴ってればいいかな?なんて感じで若干雑な発想になってしまったが、気持ちいいポイントを探りつつ、ここでテンションは既にMAXに到達。

3:シンセフレーズの作成
もう既に体をワッサワッサ揺らしてご満悦なのだが、ここで更なる電子音を重ねてキラキラ感を演出したい!という訳で何種類かのシンセサイザーの音色を探す。
しかもこの機械には「アルペジエーター」というとある部分を触ると勝手に自動演奏をしてくれる機能が付いているので、音階に関して若干怪しい私でもやたらに上手いフレーズがバリバリ流れる仕組みになっている。


ちなみにヘッドフォンをしての製作だったため、傍から見たら無音なのに何でここまで狂ってるのだろう?という異様な光景かもしれないが、それは夜の魔力って事で何も突っ込まないで頂きたい。

そしてここまで来てもう色々な物がエレクトしてこの最高潮を保存しようと思いボタンを触ろうとしたら…



違うボタンを触ってしまい誤作動を起こしてとんでもない曲に様変わりをしてしまった…



あわわわわ…と即座に修復を試みるが一向に戻らず、何ならどんどんひどい方向に流れていく始末…



泣く泣く恍惚のひと時を強制終了した後、ふと我に返って時計を見たら作業開始から3時間も経過していた…

あぁ3時間かけてパニックになって何にも形に残らなかったな~、なんてさびしい思いをしながら枕を涙で濡らすのであった。


またリベンジだ!!!


3104
グリーンボーイの憂鬱
先日とある用事で外出した時に、たまたま目的地の近くで何かの資格に関する試験が行われていた。
新入社員と思われるリクルートスーツからちょっとシャレオツな方向に飛び出した若者から、中年男女という中々年齢層が幅広く見受けられたので、何か自分達の仕事に必要な資格に関しての試験だった様子。


丁度私が遭遇したのは試験が終わった直後らしく、出口で若者たちが集団で固まりあーだこーだ喋ってた。
まぁその試験が中々大変だったのかは知らないが、発する声が若干世間の平均値よりも高めだったので、それなりにハードルの高い試験だったのであろう。

全員がその達成感に包まれ興奮冷めやらぬのか?はたまたこのまま会社に戻って仕事が面倒なのか(15:30頃)?
迷えるグリーンボーイの咆哮が耳に飛び込んできたのである。


A子「いや~、試験終わったけど、もう仕事辞めたいんだよね!」

B子「わかるわかる!私もそう思ってた所!」

C男「俺もそうだよ!!!給料低いしやってらんねーよ!」

A子「DA・YO・NE!?私なんか●●が△△で…」

B子「SoSo!!!私も■■で××が…」

C男「ホントもうあの時あっち行っとけばな~!!!」



ってな会話をRepeat Allで何回も繰り返していた。

もう3周目位で誰か


「んで辞めるの?辞めるなら上司に直接言えば?」


という至極真っ当な意見で場をまとめてくれないのかな?なんて期待してたのだが、やはり早い段階で同期の関係に溝を作るのが賢明でないと判断したのか、皆それぞれに相槌を打って熱が冷めるのを待っているようだった。


確かに新入社員として入社したなら約1ヵ月。言いたくなる気持ちも解らんでもないが、ここで辞めてDOするよ?って感じは否めない。
ってか仮に辞めたとしてこれからカネが無尽蔵に湧く所に住んでない限りはどうしたって働かなきゃならない訳である。
勿論履歴書だって入って1ヵ月で辞めたっていうのも書かなきゃいけなくなるだろう。それが新たなフィールドに飛び込むにあたって自分にプラスになるとはどうしても思えない。

まぁ本人達も解ってるだろうから実行には移すことなく、叫んで同調者を募って、ある程度のストレスを発散したいだけなんだろうけど…のんびりとした昼下がりに聞くような話ではないのは間違いない。


きっとこれから先、今よりも遥かに凄まじいストレスが降りかかってくるだろう。けど

続けてればいい事あるよ!

って無責任なエールを心の中で送りながらその場を後にするのであった。


3104
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。