3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この一瞬にかける想い
出陣前!!!


1月29日渋谷GUILTYでの桜梅桃李ライブにご来場くださった皆様、対バン及びスタッフの皆さんありがとうございました!!!

新年早々スリーマンの長丁場のライブでしたが、如何だったでしょうか?
渋谷GUILTYはメンバーもお気に入りのライブハウスなのでまた近いうちに参上する予定です。
その時はまたこの場にてお知らせするのでそれまではしばしお待ちを。


さていつもならここでセットリストなどドドーンと公開してお終いなわけだが、今日は趣向を変えて本番前のリハーサルに関しての話をしていこうと思う。


念のため書いておくが私のバンドにおけるポジションはドラムである。がしかしコーラスをする場面が多い(メインの瞬間も少々)ので、毎回ライブの際にはマイクを用意してもらっている。

ここでライブハウスでのライブを経験したことのある人なら分かると思うが、リハーサルの時にサウンドチェックということで各マイクの調整等を兼ねて音を出す必要がある。

勿論ドラムの音を拾うマイクのチェックならドラムを叩いて確認してもらうし、ギターの場合はギターを弾いて確認する。

そうなるとドラムのコーラスマイクのチェックは私の声で確認しなければならない。
まぁそんな一大事でもないので大抵の人は


「あ~っ!あ~っ!チェック!」



ってな感じで当たり障りのない声で確認を済ませる。


しかし私はここが対バンの方々と仲良くなるチャンス!と思ってるので警戒心を解く為に、「オリジナルソング」で挑んでいる。


















が、これがまたメンバーからドエライ不評で、

とあるメンバーは

K織「あの変な歌のせいで緊張が一気にピークに達するんじゃ!」

またとあるメンバーからは

80「一緒にやってて唯一恥ずかしいと思う瞬間。」

挙句

T澤「とあるライブから無視することに決めました。」

とやたら心無い意見が飛び交うのである。



まぁあまりに踏んだり蹴ったりな状況ではあるが、私としてはいろんな意味で緊張を解き、対バンの方にも警戒心がないですよってな行動の一環としてこれからも貫き通していくので、恥ずかしいと思わず共に越え高らかいアピールしていければと思ってる。


とはいえこの意見に賛同してる人はほぼ皆無なので、とりあえずメンバーを引き込もうと思ってる。

けどきっとこれは自分のバンドじゃなきゃ面白いのだろう。



3104

最近2枚とるのが流行である
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。