3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭が銀河に飲み込まれ・・・ 前編
最近ヤバイのである・・・


某恋人にしたくないタレント(殿堂入り)級に冒頭から叫んでしまったのだが、何がヤバイのかというと・・・




















数字が読めなくなってしまったのである・・・


正確に言うと

数字の勘違いが多くなってきた!

のである。



先日朝ごはん兼昼ごはんを買おうとコンビニに立ち寄ったところ、世間で言う所の昼時に差し掛かっておりかなりの人がレジの付近で列をなしていた。

3104「ああ、ここで手間取ったらヒンシュクだろうな・・・」

なんて思いつつ、適当に選んだパンとジュースをレジまで持っていくと会計が354円と表記していた。

もちろん万引きなんてするほど荒んだ生活を営んでる訳ではなかったので、当然の如くお金を店員に渡す。しかも今回は財布にちょうど小銭があったので、少々枚数が多いものの財布はすっきりしてよかったなと思いながら、店員がレシート発行するのを待っていたのだが・・・















店員が小銭を見つめたまま固まっているのである・・・


3104「なんだよ、計算も出来ないのかよ。大丈夫かここの店員!?」

なんて思いつつ、徐々に増えていく行列を見ながらヤキモキしてたら不意に店員が・・・














店員「お、お金が足りないんですけど・・・」

と言って小銭を返してきた。

3104「え?ええっ!?」

と不意をつかれいつもよりも半オクターブ位高い声が店内に響き渡った。

3104「んなはずないだろ?よく見ろよ~。」

と疑いつつも金額を確認してみると・・・
















345円しか払っていなかったのであった・・・多かったらまだしも足りなかったので余計にショックだった・・・


結局渋滞を生み出していたのが自分自身だと知った瞬間から後から聞こえる舌打ちのラッシュに怯え、妙に恥ずかしくなり、そそくさとそのコンビニを後にしてダッシュで家路にと向かったのであった。



とまぁこれくらいの出来事なら笑い話として、気になるあの人の視線を独り占めできた内容かもしれないが、また後日同じようなヘマをやらかし、今回よりももっと迷惑な立ち回りをしてしまったのた・・・

まぁその話は文字数とテンションの関係上次回に綴っていこうと思ってるのでしばしお待ちを。


続く


3104

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。