3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
念願叶って
ライブの翌日だというのに心の安らぎを求めて早朝から鹿児島に旅立っていた私。
予想通り移動中の記憶はまるでなく、飛行機に乗った瞬間から夢の世界に突入し、着陸の衝撃で目覚めて現実よコンニチワってな感じだった。

その後も寝ぼけ眼のまま鹿児島市内行きのバスに乗り継いでまた爆睡・・・

結局バスの運転手に起こされるまで眠り続けるという何しに来てるんだと言いたくなるくらいに移動中は寝ていた。


そんなこんなで本格的に動き出したのは日が暮れはじめた夜7時くらいからであった。

早速ホテルで周辺の地図を受け取り、鹿児島市内では有名な天文館へと足を運んでみる。
実は今回の天文館来訪には特別な思い入れがあり、前回の旅の時にかなりの不運で食べ逃した「こむらさき」のラーメンを食べる目標があった。

前回の悔しい気持ちとともに道のりまでしっかり覚えていたのには自分自身でも軽く驚いたが、いつぞやの景色とあまり変わらない街並にホッとしつつリベンジの場所に辿り着いた。


店の看板が閉まっていなかったので、今回はいけたなと思いつつ店内に入ると・・・















店員が調理台を洗っているではないか・・・



今回も断念かと思われたが、接客担当の爺様が


「いらっしゃいませ~!」


と言ってくれたから危機一髪で助かったのだが、見せの若いニーちゃんは

「今からかよ・・・」


みたいな空気を軽く醸し出してたのが印象的だった。


そんな感じで最初は微妙だったけれど、注文も済ませてた頃には職人の顔つきに戻って作りはじめたのでこちらも一安心。

そして待つ事数分・・・















念願のこむらさき

遂に念願のこむらさきラーメンを食する事が出来た。


ラーメンとしては多少毛色の違った感じだが、味は言うまでもなく最高!!!
毎度の如く大盛りを頼んだのだが、全然苦になる事なく完食。約1年越しの思いが叶った事も相まって感慨深いものがあった。


そして心とお腹を満たした私は更に天文館の徘徊に乗り出したのだが、結局3時間半くらい歩き回って、落ち着いて座ったのはラーメン屋ゲーセンだけという別に鹿児島くんだりまで来てやる事なのか?という問い合わせが来そうなないようだが、それでも十分リフレッシュする事が出来た。


また次回は今回とは違った郷土料理に思いを馳せつつ、また暇と機会を見つけたら訪れようと誓うある意味いつも通りな旅であった。


3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。