FC2ブログ
3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201912<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202002
完全に燃え尽きた瞬間
あっという間に時は過ぎ

首に巻いてるタオルは汗を吸いすぎていつもの倍位の重量を感じ

この時の為に用意したTシャツも絞ったら地面に水が垂れる位ビショビショになり

直後に1リットルの水分を補給しても収まりがつかないほど乾いてた体を引きずり

放心状態のままへたり込んでしまった・・・




恐るべし311(スリーイレブン)!!!ご馳走様でした!!!



いやこのライブだけはアリーナに降りて騒ごうと思い、初期配置を


この後事態が急変するなど思いもよらず・・・


こんな所に設定してたのだが、始まるとやっぱり火が着くもので、あれよあれよという間に客席中央に流され、挙句は前から1桁台までなだれ込んでる私がいた(残念ながらそんな位置にいると常にもみくちゃにされてしまってたので、写真撮影は困難であったのを理解して欲しい)。

しかも私と同じ位に311来日を喜んでる人が多く、しかも熱意がハンパじゃない強者ばかりがそこにいて、恐ろしいほどのエナジーがほとばしっていた。


確かに日本での認知度はそれほど高くないのが残念でならないが、間違いなくあの日のベストライブをかましてたと思ってる。(まぁ明らかに愛情が前に出すぎてるとは思うが・・・)
ちなみに前にそんなにポンポン来日するバンドではないと触れたのだが、会場内にいた強者の方々も重々承知してたようで、

「311だよ~、やっとみれるよ~。」

とか

「これ逃したらいつになるかわからないから今回楽しみだよ~。」

的な意見を持ってる人が多かった。


またこの時だけ野郎率が極端に高く、曲ごとに会場から沸き起こる歓声が


「オウ!オウ!オウ!」


「ボエ~ッ!!!」


と野太い声ばかりがこだましてた。
そして客の年齢層もそろそろおっさんに差し掛かるだろうという私と同世代、もしくは多少上の方々で且つバンドをやってるのかな?と思わせる感じの人が多かったように思う。

そんなある種特殊な環境下で行われたライブは無事に済むはずもなく、変な充実感と予想以上の疲労が体に入り込み冒頭の文章のように灰になってしまったのであった。


次の来日はいつどんな形で行われるのかわからないけれど、『また見たい』と心底思わせる素晴らしいライブだった事は忘れないうちに伝えておこう。


ありがとう311・・・凄かった・・・ホントに凄かった・・・


3104
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.