3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
兄と妹 前編
マメにこの不毛な日記を読んで下さってる方にはご存知だと思うが、私にはが1人いる。
一応大学に進学して埼玉の方で1人暮らしをしているようなのだが、学園祭等で家族が全員揃わない限りは関東で会うこともなく、盆と正月に実家で会うようなどこにでもある兄妹の関係を保っている。

誤解しないで頂きたいのだが、決して仲が悪いわけではないし会えばちゃんと話もする。だけど何か強烈なイベント(盆、正月、冠婚葬祭)がなければ会わないし、普段はたまにメールのやり取りをするぐらいである。

そんな妹からある日メールが届く。どうやら彼女は今年の3月に大学を卒業し、就職も無事決まったという連絡だった。
正月に帰省した際には就職の事で色々悩んでたみたいだったので、それが無事に解決したとあって非常に嬉しかった。そこで祝福の電話などをしてた時に不意に、

妹「就職先が神奈川になって引越しをしたいから、物件を見るのを手伝って欲しいんだけど。」

という何ともわがままなお願いが飛び込んできた。ここで私が「わがままだな~」と思うのには訳があって、実は彼女は正月の時点では「例え勤務地が神奈川でも絶対に都内に住む!!」と私の神奈川移住アドヴァイスを断固拒否していたのに、今回は手のひらを返したように神奈川に住むと言い始めた。

まぁこれには色々なヒューマニズム溢れる理由があったのだが、いやはや女性の気持ちは例え家族でも難しいものである。


ちなみに最初は私自身の予定も立て込んでたしめんどくさい等の理由により渋っていたのだが、この電話の後に実家から母親が抜かりなく電話をかけてきて、

母「たった一人の妹なんだから手伝ってあげなさい!」

とダメ押しされた・・・それなら1日だけ付き合うという条件で妹の神奈川移住計画に参加することになった。

そしてまた妹に連絡して
・住みたいエリア
・条件
・予算
・不動産屋の場所

を前もって調べておいてくれと伝えた。もちろん不動産を巡るときに滞りなく出来るようにするためである。

すると妹は横浜に住みたい、という希望を出し、以下の3点に関しては当日まで色々調べておくと返事が来た。
そうなると当然横浜を中心に行動することになるのだが、ここで一つ大きな問題があることにこのとき初めて気付いた。それは・・・
















今まで兄妹二人だけで行動した事がない!!!
(親も交えて外出とか旅行はある。あくまで兄妹二人のみではの話)

という事実である。これはどんなに過去の記憶を穿り出しても思い出せない・・・
もはや完全にタイミングを逸してる感が否めないのだが、計画の実行は目の前に迫ってる。物件探しの不安よりも何事も問題なく兄妹水入らずを過ごせるか?という不安の方がはるかに大きかった・・・


3104「う~ん、何を話そう・・・」

ある意味初デートよりも緊張してる兄妹水入らず、果たして喧嘩や言い争いもなく無事に過ごせるのだろうか?


続く


3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。