3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気なジャパニーズ、容易く日本の土は踏めず(前編)
バリに関するすべてが1枚に凝縮
バリ滞在最後の最後で軽い奇跡を起こし、未だ興奮冷めやらぬまま帰りの飛行機が待ち構えてるデンパサール国際空港にやってきた私。
気になってた体臭ももはや石鹸のいい香り漂う体に変わっていたので、心配する事は何一つ無く心置きなくフライトを楽しむ準備が出来ていた。

早速空港でチェックインを済ませて搭乗口が開くまでニコチン補給。煙を吐き出しながら「色々あったな~」、なんて思いつつゲートオープンの連絡が来たのでスタスタと向かっていった。そこでは恒例の手荷物検査が待ち構えていたが、私自身が引っかかった位で荷物は無事であった。ここでももめないか不安だったのでとりあえずは第一段階突破である。

すると私のすぐ後ろで検査を受けてた女子大生がかなり大きな荷物を運びつつゲートをくぐろうとしてた。それを見たとき私は

「あ、ジャンベだ。」


と察知し興奮してしまった。そして何もやらしい部分など皆無な気持ちとネイティブの日本人と話したい衝動が抑えきれなくなってきてたのと相まって、

3104「あ、これジャンベですか?私も今回結構民族楽器買ったんですよね~。」


と登山者が行き交う人に「こんにちわ~」と挨拶を交わす感覚で話しかけてみた。しかしそんな私の気持ちが完全に裏目に出てたらしく、

















女子大生「ハァ・・・まぁそうですけど・・・」


とかなり気のない返事と過剰なガードをされて私のガラスのハートは砕け散りそうになってしまった。いやいや変な勘違いをしないでくれ!!!貴女に興味があるとかそういうレベルではなく、ただ普通に音楽に関する話題の交流をしようと思ってたのに・・・
しかもその女子大生はすぐさま出てきた友達に、

女子大生「ねえねえ、今変な日本人に話しかけられたんだけど・・・」


的な報告をされ、ますます私の心はインドネシアの島々の如くバラバラにされてしまうのであった・・・


まぁ日本行きだから日本人が多いです

そんなやり取りは無かった事にしたい一心で飛行機に乗り込む時間をゆったりと待っていた。そして待つ事30分、ようやく機内に乗り込む時がやってきた。
ちなみに私は国際線に乗るときは通路側の座席を希望している。(トイレに行く場合に入らぬ気遣いをしなくていいのが一番の理由)
今回は完全に単独行動なので隣に誰もいない事を激しく希望してたのだが、何気に利用者が多いこの便、誰かしら座る事は間違いない状況であった。DA・KA・RAせめてお互い快適に過ごせる事が出来るような人が来てくれたら嬉しいな、と思いつつ自分の座席を探す。

すると今回は日本人のカップル(20代後半)が隣に構えていた。しかもやたらと一目をはばからずイチャイチャしてるもんだから、新婚さんなのかな?とと思い

3104「あ、隣すいませ~ん。ちなみにハネムーンかなんかですか?」


とここから続く長時間のフライトを快適に過ごせるようナイスガイな気配りをしたのにここでも、

















イチャイチャカップル女「やだ~、新婚さんって言われちゃった!どうする~?」


と銃社会に生きていたなら間違いなくトリガーを引くだろう発言が飛び込んできた。もはや何も期待するまい、空回り過ぎる己の運命を呪いつつも一刻も早い帰国を望む様になっていた。ほんとなんなんだよまったく!

とこれから約7時間の長旅を前にかなり出鼻をくじかれる出来事が立続けに起きてしまったが、私のアンラッキー具合はそんな程度で収まりきるはずも無く、経由地でもあるジャカルタ(デンパサール→ジャカルタ→成田)でまたもやトラブルを起こしてしまうのであった・・・


マニフェストを達成出来ないまま年をまたいで続く。


3104


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。