3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陽気なジャパニーズ、一人で夜を彷徨う
20071201115945.jpg


さて私の色々な音楽的用事により一時中断してた「陽気なジャパニーズ旅行記」なのだが、また本日からチマチマと綴っていこうかなと思っている。皆様おつきあいのほどを・・・


さて前回までのあらすじを軽くさらっておくと、今現在の滞在地はインドネシアの「MANADO」という所である。散々昼は遊び倒したのに、まだまだ体力に余裕のあった私は同行者や運転手に内緒で一人で街並を歩こうという何ともはた迷惑な行動に乗り出したのであった。

20071201115853.jpg


いつもそうなのだが「旅先で歩く」というのは恒例の行事になりつつある。その土地の空気や街並、そこに住む人達の生活ぶりを車やテレビ越しではなく、実際に同じ目線に立って感じるのが最近楽しい。

という訳でホテルの住所が書いてあるもの(困った時や万が一タクシーで帰る時の為に)とテンションを高めるipodを持ってフラフラとあてもなく歩き始めた。

MANADOはそこそこ大きい都市で区画も整理されてる方なのだが、如何せん暗い!
インドネシア全土にいえるのだが、街灯の数は少ないし家や店の中も基本的に暗い。そんな中いきなり人が横道から現れたりすると正直ビックリする。

しかも通り過ぎる全ての人が私をガン見してくるのである。もっと凄い状態だと通り過ぎたのにもう一回戻ってきてさらに覗き込んでくるなんてのもあった。
さすがにその時はドキドキしたのだが、特に暴力に発展するような事はなかったので一安心だった。

20071201115909.jpg


これは街の中にある教会の写真。MANADOはインドネシアの中では珍しく「キリスト教」を信仰してる人が多い土地柄である。

20071201120110.jpg


そしてショッピングモールが多い。しかもこの国のショッピングモールの出来方が非常に面白い。大まかな説明なのだが、

始めに建物を建てる
    ↓
テナントを募集する
    ↓
テナントの数が全部を埋め尽くさなくても(約半分位)プレオープンみたいな形で半年間営業
    ↓
また再度新たなテナントを募集する
    ↓
正式にオープン

    
というちょっと計画性に関してはクエスチョンマークが付くような作り方をしてる。それで成功する例もあるのだが、前回ジャカルタに行った時は正式オープンして半年と新しいのにテナントが埋まらなくて、4階建てくらいだったのに店が2階までしかなかったという何とも寂しい光景があった。

ここも他のショッピングモールより人が少なかったのでこの先どうなるのか軽く不安になってしまった・・・

そんなこんなで街並を汗かきながら歩いていたのだが、海外の恒例事業を忘れてたのをハッと思い出し適当な店を見つけて駆け込んでみる・・・

20071201120000.jpg


そう「一人DEお買い物」である。
今回は道路沿いにある雑貨屋でタバコを買ったのだが、写真のオバチャンがやけに愛想がよく
「アンタハナニジンカネ?」
とか
「ヒトリデコンナトコロニヨククルネ~。」
やら
「カノジョハイルノカ?」
等やたらとお節介を焼いてきたのであった・・・

とはいえ異国でいろんな人と話が出来るのは楽しいので、オバチャンと立ち話に花を咲かせていた。すると時間も夕食時に差し掛かってきたので、別れを惜しみつつ店を後にした。
最後にオバチャンが

「カエリニハキヲツケナネ~。」


という言葉に優しさを感じてホテルへてくてくと歩いて戻っていった。


その後3人(私、パートナーのPさん、ドライバー)で夕食をとった後、夜の街に繰り出してみようという話になった。しかもPさんも無類の音楽好きだったので、

3104「ソレジャアMANADOノディスコテックメグリヲシヨウ!!!」


という提案をしてみた。

続く


3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。