3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薩摩道中記 社会科見学編 その2
本日はテーマがちと重めな施設に行った時の話をしていこうと思う。今回訪れた先は「知覧町」という場所である。

結構歴史や時事に詳しい方ならピンと来たと思うのだが、ここは

「特攻隊の基地」

があった所として有名な場所なのである。
というわけで我々は「知覧特攻平和会館」へ車を走らせた。


駐車場に車を止めて歩いていたら、

P6170221.jpg




P6170228.jpg




P6170229.jpg


など平和を訴えるオブジェが施設周辺に置かれていた。しかもちょっと前に知覧町にまつわる映画が公開されていたので、


P6170224.jpg


こんな案内もありつつ、実際の撮影にも使われたと思われる

P6170223.jpg


戦闘機が飾られてた。もうこの時点で結構雰囲気が暗くなってしまったのだが、一番のコアな部分にはまだ触れていなかったので、重い足を引きずりつつ・・・



P6170239.jpg



とおーくに見える「知覧特攻平和会館」に入っていった。

館内は撮影禁止の為、写真に収めることは出来なかったのだが、壊れた戦闘機が置かれてたり、隊員の皆さんの辞世の句が展示されてたりと、重い雰囲気が常に包み込んでいたがいいものが見れたと思う。

そんなこんなで会館の中を一通り観覧した後、外に出て三角兵舎

P6170233.jpg


P6170235.jpg


なるものの見学。どうやらこういった建物で生活してたらしく、中は

P6170234.jpg


こんな感じに作られてた。ここ最近で復元されたものだとは思うが、こういった環境で生活をし、慣れた頃には既に大空を飛び立っていくのかと思うとなんだか切なくなってしまった。

そして最後は戦死者の名前が刻まれてる

P6170236.jpg


ここを巡って知覧町社会科見学を終えるのであった。

いつの時代も戦争と言うものに関して様々な人が過敏に反応するので、私が今回感じたことや己の考えをこの場で書くのは避けておくが、いつも夏頃になるとどこのテレビでも「戦争」の話題は上がるだろう。

人それぞれ色々な考え方があっていいと思うし、意見を発してもいいと思う。けれども今の自分達の価値観風潮だけで判断するのはあまりよろしくないと私は思う。
一度こういった所に行ってみれば、もしかしたら今までとは違った考え方が芽生えるかもしれないし、造詣も深まっていくだろう。

是非とも一度は訪れてもらいたい場所である。


続く

3104


道中お気に入り写真 その11

・戦闘機と私

P6170227.jpg


せっかくなのでちょっとお茶目な一枚をお届け。もちろん人がいない瞬間を見計らっての撮影とは今更言うまでもない。

さて次回からは、この旅のメインとも言うべき温泉巡りのおもひで話を綴っていこうと思う。
もちろんどっかの水泳大会みたいにポロリがあるかもしれないので、念入りにチェックしていただきたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
平和の尊さ
を感じます。良いところへ行かれましたね。
ちなみに、プロペラを押さえている「戦闘機」は、戦後の練習機のようです。平和な機体、ということでしょうか。。。
2007/07/04(水) 22:37:06 | URL | 関空 #p.ruhsEo[ 編集]
平和な機体に平和慣れした人間のコラボですか・・・
そうしてみると中々深い写真になりそうですね。

知覧は色々なことを考えさせられる場所ですね。もっと知識を深めたらまた言ってみたいと思ってます。
2007/07/06(金) 18:50:23 | URL | 3104 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。