3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
薩摩道中記 遊興編 その6
気がつけばいつもの如くダラダラ書き続けてしまう悪癖が顔を出してしまったのだが、本日で仙巌園巡りがラストラウンドを迎える。最後のスパートじみた観光案内をとくと御覧下され。


前回の日記のラストに遭遇したカニが結構至る所に居たので、踏んづけないように気をつけながら森を抜け、また広場の方に戻ってきた私。

とそこに、水しぶきが立ち込めてるスポットを発見し近づいてみると・・・
20070624175229.jpg

何やら不思議な建物を発見した。写真手前にある恒例にもなった看板を覗き込んでみるとそこには・・・


20070624175219.jpg



ダムですよ、ダム!!
まぁ実際にこれぐらいの水量(結構チョロチョロと流れてた)で電力が起きてたのかは定かではないが、やはり水流を利用して電気を発生させるという手法は昔からあるんだな、とまた一つ賢くなって道中を進んでいく。


次なるスポットは
P6160072.jpg

なかなか歴史好きな人間には外せない「侘寂(わびさび)の世界」に関連する建物である。

今回は中に入る事が出来なかったのだが、入り口は
P6160070.jpg

このようなたたずまいで、外観は、

P6160073.jpg


こんな感じの渋い装いであった。
個人的には最近凄く「茶道」に興味を持ち始めたので、機会と時間があれば学んでみたいものであるし、こんな所ですすってみたいと思う。(その前に膝した姿勢を長い時間保てるようにするのが先決(最長5分)。)


そしてその後も歩き続けると、

P6160081.jpg


こんな建物を発見。
「なんか日本のオリジナル建造物っぽくないな~」
なんて思ってたら案の定、

P6160080.jpg


琉球王国中国大陸日本文化のミクスチャーであった。
私の中ではこれぐらい異国情緒が交じり合ってる物に常に興味を示してた気がする。やはりカンフー映画(特に武侠関連)の見すぎであろうか・・・

正直中に入って撮影したかったが、言うまでもなく進入禁止の体制が施され、またぐ事すらもはばかられるような空気を醸し出していた。


今回の日記で紹介した以外にも仙巌園には色々な見所があったのだが、それは皆さんが行った時に隅々まで堪能していただきたい。けれど時間がゆっくり流れる感覚が心地いい場所であったことだけは伝えておこう。


こうして一通りの観光を終えた私は小腹が空いてきたので、

P6160085.jpg


こんな趣きのある店をチョイスし、

P6160087.jpg


鹿児島名産でもある「白くま」「ぢゃんぼ餅」を食べ、更なる英気を養ってからこの場を後にするのであった。
(私はアイスが食べれないので「ぢゃんぼ餅」だけ食べてた。味は言うまでもなく最高!)


続く


3104


道中お気に入り写真 その6


・きっと梅雨のせいなんだ・・・

P6160066.jpg


わざわざ人通りが少ない瞬間を見計らっての撮影。何がしたいのか本人もよく分からないが、とりあえずアホであることは間違いない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。