3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足跡 その31
またずいぶんと間が空いてしまったが本日は久々に「足跡」の続きを書いていこうと思う。時間軸は2001年の春、1回目の大学4年生の頃の話である。(その30の最後で2002年と書いていたが記憶違いだった、申し訳ない。)


さて、前回までの話ではガールポップバンドがようやく夜の部に出れるようになり、ライブ活動や製作活動も順調に行くと思われたのだが、とある日の打ち合わせにて・・・






















私がバンドを抜けることになった・・・


まぁ理由や原因は色々あるがここでの名言は避けておく。きっとお互いが考えたことに差があったと思うし至らない点もあったと思う、けどこれを糧にまた次の段階に進めることを祈りつつそのバンドと袂を分かつことにした・・・



ぶっちゃけかなりショックだったのは今だから言える話にしておく・・



とまぁこのような展開があり、所属バンドは神威のみとなり、プチ寂しくなった気がするのだが、前以上にライブの本数が増えて月3本が平均になっていた・・・

バイトスタジオライブに追われる毎日を繰り返すうちに季節はめっきり紅葉が綺麗な秋に差し掛かった。

そうなると音楽サークルの年に一度のメインイベントである「学園祭」がやってきた。去年は部長だったので、ストレス睡眠不足でぐったりしながら3日間を過ごしてたのだが、今年はレジェンド入りということで、準備も顔出す程度で済み、ライブも好き勝手にやってた。


そんなやっと手に入れた自由を満喫していると、以前よりも後輩や同期と話し込む事が多くなった(仕事しなくていいんだけど、ウロウロしてたから)。すると少し前に起きてた「オリジナルバンドブーム」で結成してたバンドに解散が相次いでいることに気付いた。


そんな煽りの中、私が神威に入るきっかけをくれたY.M君(過去日記参照)のバンドも解散していたことを知った。


前々から魅力的なベースを弾いていた彼とは学校内でのコピーバンドで組む回数が異様に多かったが、オリジナルでは未だに無かった。

「これはチャンス!!」

と思い、私とバンドを新たに立ち上げてみないかという思いをぶつけてみた・・・


(神威に対して不満があるわけではなかったが、また違った角度から音楽をやってみたいという思いは常にあったし、今まで2つ何とかこなす事が出来たのだから大丈夫だろうという考えがあった。)



バンド名ジャンルメンバーもまだ何にも決まってないのに無茶な誘いをした私に待っている結果は・・・



次回の足跡シリーズでお知らせしたいと思う。



続く


3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。