3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足跡 寄道編その2
前回の日記でちょいと補足的な事柄を書いていったわけだが、今日は音楽以外の部分(特に勉学)に関しての四方山話をしていこうと思う。



一応私は大学に入っていたので、卒業するにはある程度「単位」というものが必要になってくる。
ウチの大学の場合は卒業論文を取り掛かるのに必要な単位が110に設定されている。
つまり4年生になる段階110単位以上持ってないと留年してしまうことになる。

その為3年生が終わるまでのテスト計6回(前期と後期に各1回ずつ)で110単位取らなければならないのであるが、1年生の時は年間で27単位2年生を終えた段階では合計60単位位と数字でもはっきりわかるダメ学生っぷりであった。

2年掛かってようやく半分位に到達したわが学力では厳しいというか無謀だというのは火を見るより明らかだったのだが、音楽系サークルの中で毎年必ずミラクル(1年で60単位以上取得)を起こす輩がいたので、

「今年は俺がミラクルを起こすかも・・・」

ってな感じで甘い幻想を抱いていた。まぁそんなこと考える前にちゃんとやっておけばよかったじゃないか!!というツッコミは黙殺しておく。


というわけで年間60単位取得を目指して受ける講義を考えるのだが、時間割をみてみるとやたらと1年生や2年生が対象の講義を取っていることに気付く。しかも優秀な同級生はこの頃になると学校にあまり来なくなってしまうのでライフラインの数も激減していた・・・


「こうなったら腹をくくって勉強するしかない!!!」



と今までなら思ってたかもしれないが、もはや私の中には勉強する気持ちが1ミクロンも残っていなかったので、頭のよさそうな人やサークルの後輩を見つけては優秀な頭脳のおすそ分けに勤しむ毎日であった。



というわけで音楽、勉学ともにマックス忙しい大学3年の生活スタイルは

・平日は朝から夕方まで授業がびっしり。
・夜はバイトで週4回中華料理の配達
・バンドのリハーサルが2バンド合計で週3回。
・月2,3回のライブ。
・サークルの部長として日々奔走。
(特に学園祭に向けての準備等)


と今こうやって改めて見ると

よくこんな生活してたなぁ~

と感じてしまう位、日々特盛の毎日であった。


そんな生活をセコセコ送っていたら、遂に運命の審判が下る3年生の「後期試験」の時期に差し掛かってきた。果たしてミラクルを起こしてストレートで卒業できるのか?もしくはみんなの期待通りに留年してしまうのか?

結果は大半の皆さんがご承知とは思うが、それでも必死に悪あがきした思い出があるのでそれを交えつつ次回に書いていければと思う。


続く

3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。