3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
足跡 その28
つい先日部屋の掃除をしてたら、昔の音源がワンサカ出てきた。懐かしいな~なんて思いながら当時の音源を聞いてみる・・・






う~ん、アグレッシブ・・・




そんな表現がぴったりのドラムがスピーカーから流れていた。
もちろん聞いてる人と叩いている人は同一人物なのだが、歳月は音楽の感じ方やフレーズの選び方、雰囲気の作り方を大きく変えていた様である。

そんなえらそうなことを言いつつも最後まで聞くのは非常に小恥ずかしかったことは忘れずに伝えておく。

それでは本日も続きの続きを続けていこう。




自分の活動の基盤となるバンドも決まり、また気持ちも新たに音楽活動をしていこうと思っていたのだが、これを機会に自分自身の中にもっと上手くなりたいという気持ちが日に日に強くなってきていた(他のメンバーの足を引っ張りたくないという気持ちも大いに有)。

そんなことを考えてる頃に学校内で雨後のタケノコのように出来ていたオリジナルバンドのうち、ドラムがやめて困っているバンドが一つ出てきた。
最初はその事を風のうわさで聞いてた程度だったが、数日後にはそのバンドのリーダーが私を呼び出してバンドの実情を色々話し始めたのであった。


バンドのメンバーに囲まれて話し合いというそんなシチュエーションになれば、当然チラついてくるのは「ドラムのお誘い」であり、この時も例に漏れずドラム加入のお願いをされた。

本当はそのまま二つ返事でOKを出そうと思ったのだが、現在所属してるバンド(神威)のメンバーに一応連絡してから加入の返事をしようと考えた。

次の神威のリハーサルのときに恐る恐るメンバーに事情を説明してみると・・・















「別に支障が出なければいいんじゃない?別バンドでも活動したらさらに上手くなるだろうし。」


という理解ある答えを貰った。これにより私は2バンドかけもちすることを決め、相手のバンドにも加入の意思を伝えた。

この新たに加入するバンドは
女性ボーカルのバンド
・メンバーは全員同じサークル
・そしてまだメンバー全員が東京でライブハウスデビューを果たしていない状態
という今のバンドとは正反対の位置にあり、私が経験してない部分がそこにはあったのである。

この頃の私は何に対しても貪欲で、何でも吸収したいという気持ちが強かった時期だったので、今回のこの話も「絶好のチャンス」と考えていた。

こうして神威の激しいライブ活動と並行する形でもう一つのバンドの曲作りやリハーサルに勤しむ生活が始まった。
当然の如く忙しい毎日が津波のように押し寄せてきてカネ健康も大幅に損なわれるが、心は今までになく充実していた・・・

そんな音楽ドップリの生活にを入れられる出来事が起き、生活サイクルが今までより2倍増しで激しく回り始めるのだが・・・この話はまた後日。


続く

3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。