FC2ブログ
3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
202005<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202007
足跡 その23
さてさて月も移り変わり本日で4月になり最近暖かくなってきて嬉しい限りである。やはり東京に住みだして大分経つので寒さに対する抵抗力が段々薄れているような気がする・・・
まぁ暑くもなく寒くもないという日々が続いてくれれば満足である。
それでは4月になってもまだまだ続く「足跡」シリーズの続編を御覧くだされ。



前回のその22でも書いたとおり、「Red Hot Chili Peppers」という色んな意味で変態ミクスチャーバンドの影響で、好みの曲調がアップテンポからミドルテンポの曲調を好むようになり、ロックメタルなフレーズよりもファンク踊れる感じのリズムに傾倒していくようになる。


とはいえこの頃(大学1~2年)サークルのライブで組んでたコピーバンドは多種多様で
「SIAM SHADE」
「ロリータ18号」
「ZEPPET STORE」
(あまりに好き過ぎてこれはボーカル)
「TRICERATOPS」
「SNAIL RAMP」
「山嵐」
「GREEN DAY」
「Catch-Up」

と覚えてるだけでもこれくらいやってた。(多分実際はもっと多い)

その中でも特に「TRICERATOPS」は凄く勉強になった。
私よりも遥かに上手いドラムの先輩がギターボーカルだったので(器用な先輩)、練習中も一切気を抜けず必死になって覚えていた記憶がある。
ちなみにこのコピーをやってる際に、「裏打ち」ディスコチックな叩き方を学んだのは大きな収穫だった。

とまぁ大学2年の終わり頃まではサークル内のバンド活動に勤しむ毎日だったのだが、この時期我らがサークル内に「オリジナルバンド」を組んでライブハウスで活動する風潮が出始めていた。
学内の部員どうしで結成や、知り合いの紹介メンボ(楽器屋なんかにあるメンバー募集の張り紙)で加入などきっかけは様々であったが、湯水の如くバンドが誕生しライブハウスでライブしてた。

当然私もそのビックウェーブに乗っかろうと思い様子を伺ってみることにした。
まず始めはやはり何も分からなくて不安な事だらけなので、「サークルの部員同士」でバンドを作れば気持ち的にもいくらか楽かなと思ったのだが、結構出遅れた感もあり学内でめぼしい人はほとんどどこかのオリジナルバンドに入っていた・・・

それでは他のきっかけでもある知人の紹介メンボに望みを託せばいいじゃないかと思われるのだが、如何せん自分を好きになれない性格と、自分の技術的なことに関しての問題があり尻込みしていた・・・
(「まだまだ×∞」練習しなきゃいかんなと思ってたし、サークル内だけで上手な人ゴロゴロいるのに、外に出たらどんだけ上手い人がいるのかを考えたら凹んでしまった。)

そういうなんとも踏ん切りがつかない状態だったので、次第に音楽の演奏者としての活動よりもそれに関わる仕事の方に興味を持つようになってしまう・・・
そんな中ひょんなことからサークルの部長になってしまい、中途半端な気持ちのままサークル活動の為に時間を割かれる事が多くなってきていた。

部長として活動、煮え切らない感情、その他色々なものがマーブルに交じり合った生活をしていたそんなある日、不意に自分の中でとある衝動が沸き起こり、ここで初めて実際に行動を起こしていく流れになっていくのだが、その話は文字数の関係でまた後日・・・


続く

3104

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.