3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四国旅情記 その1
つい先日友達と四国に行って来た。今まで年に一回のペースで四国(特に松山と高松)に行ってて毎回面白かったのだが、今年はまだだったので行きたいなと思ってたら友達は行った事がなかったらしく、興味を示したので都合良く今回の運びとなった。(友達も旅行好き)

今回の旅は松山温泉三昧高松うどん三昧という目標を立てて挑む事になった。今日から数日間はその四国旅情記を綴って行こうと思う。


まず始めは飛行機で羽田空港から松山空港を目指し、バスを乗り継いで松山市駅まで辿り着いた。
P1130074.jpg

駅前にある観覧車を眺め懐かしくなり、急遽少しアーケードを歩いてから路面電車を乗り継いで道後温泉に向かう事にした。

P1130076.jpg

色々な街を歩いてきたのだが、松山や高松はアーケードがデカくで店も多いのでいちいち道草を食いながら大街道まで出てそこから愛媛名物の路面電車に乗った。

すると今回は非常に運がよくて、たまたま飛び乗った電車はなんと「坊ちゃん電車」だった。


坊ちゃん電車の風景集
・何度か路面電車は乗った事はあったのだが今回初の坊ちゃん電車。レトロな感じがたまらない
P1130084.jpg


・車内にて撮影。やはり名物のタルトは外せない。
P1130082.jpg


・正面から撮影。隣に移っているのが普通のタイプの電車。
P1130085.jpg



そうこうしている間に電車は道後温泉前に到着。とりあえずホテルにチェックインしてからまた市街地に戻り、今度は松山城を見に行く事になった。
今度は残念ながら、普通の路面電車(車内はこんな感じ。バスに乗ってる感覚である。)
P1140155.jpg

であったが風情を楽しむには十分であった。


しばらく電車に揺られ松山市内の景色を眺めていたら最寄りの停留所に到着。ここからはロープウェイで松山城に向かうのであった。

意気揚々とロープウェイ乗り場に向かうと、時間の関係で上りは利用できるのだが、帰りは歩かなければならないといわれた。しかしせっかくここまで着たんだからという事と、美容健康の為帰りが歩きになるのを承知で乗り場へと向かった。

するとどうやらロープウェイはスキー場でよく見かけるリフトみたいな感じであった。私の想像とは違った形の現実に多少焦った。それは私が極度の高所恐怖症だからである・・・(捕まる手が異常に汗ばんでいた事も加えて報告しておく。)
しかもそんな切羽詰まった環境でも勇気を振り絞りリフト乗り場のオヂサンを激写しようと試みたのだが、ちょっと高くなっただけでパニックを起こし写真がぶれたのでお蔵入りになってしまった・・・申し訳ない・・・

道中も下を見るたびに手のひらが汗ばみ足がすくんでたのだが、何とか無事に辿り着く事が出来た。
P1130101.jpg

(ホント落ちたらどうしようってことしか頭に浮かばなくなってて非常に危険だった。)


そして少し上がると堂々とそびえ立つ「松山城」を発見。
P1130104.jpg

時間が夕方5時くらいに着いた為城の中は入れなかったので、外観だけを楽しむ事にした。

・松山城外観の風景集

1
P1130105.jpg


2
P1130108.jpg

デジカメなるものの文明の利器の素晴らしさ(特にズーム)に感激。

3
P1130110.jpg


そして何を血迷ったのか、興奮して自分を被写体にしてみる
P1130114.jpg

ちなみに左ポケットからチラリとはみ出してるのは「松山市内の地図」である。


その後も色々歩き回り歴史の重みと頂上から見える松山市内の景色を堪能した後、また松山市街地へと歩き出していくのであった。


続く


3104


おまけ
松山城を眺めてる時に偶然発見した飛行機雲。上手くいえないが何となくお気に入りの一枚。
P1130121.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
祝・新旅行記
今度は国内ですね。期待してます。
番升、マジに実際も旅行作家、なんですか??
2007/01/27(土) 21:33:04 | URL | 関空 #p.ruhsEo[ 編集]
いやいや
普通のどこにでもいるちょっとツイてない人間ですよ(笑)。

旅行は今の自分の環境上ちょこちょこと飛び回ってるのです。本職ならもうちょっとマシな文章で見てる皆さんに上手に伝えられると思いますしね。
2007/01/27(土) 22:18:24 | URL | 3104 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。