3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キラキラな国インドネシア ~ジャカルタ復路編 その3~
~前回までのあらすじ~
インドネシア滞在の最終日なので友達の土産やら自らのお土産を買い漁っていたのだが、私が一番欲しかった「インドネシアの伝統音楽CD」がどこのモールにも売ってないというイリュージョンに巻き込まれてしまう。
そこにはいくつかの要因が重なって今回の自体になってしまうのだが、果たしてCDは買う事が出来るのか?



とはいえどこをどう探してもCD屋の気配がない。ここインドネシアでは日本で頻繁に見かけるタワーレコードやらHMVなどの大型CDショップは無く,ほとんどがショッピングモールの一角にコソーリとあったりするのだが、今回はどこを探しても見当たらない・・・

しかも何故か夕方の6時過ぎなのに店がほとんどがしまってるし客もかなりまばらなのであった・・・

インドネシアのショッピングは夕方で終わりなのか?と不思議そうに眺めているとYさんが、

Y「今日は金曜日でイスラム教の集団礼拝の日だから店が閉まるのが早いんですよ。」


と説明してくれた。イスラム教の影響力、そして人々の信仰心はここまで熱いのかと改めて思わせる出来事であった。ちなみに金曜日は昼休みも普段より1時間長いらしい。ムスリム(イスラム教徒)以外には中々理解しがたい節もあるが、それくらい生活の基盤になっているのだなというのは理解できた。

しかし閉まってる店を外から眺めていてもやはりCD屋は存在しない。とここでYさんの携帯が鳴り響いた。どうやらCD屋の場所を友達に聞いてくれてたらしい。
Yさんは電話で友達と話してから私に

Y「どうやらここら辺一体で最近海賊盤のCDやDVDの店の摘発があったらしいんですよ・・・」

ん?私的には海賊盤には興味が無いし特に関係ないのでは?と思っていたら、ここから色々と繋がっていくのである。








Yさんの説明によると、ジャカルタのショッピングモールにはそんなに数は多くないのだが、CD屋はあるらしい。しかしそれよりも遥かに大きな規模で海賊盤を取り扱ってる店があるのだという。(以前私もインドネシアに行った時に思ったのだが、同じショッピングモール内に正規のCD屋と海賊盤屋が目と鼻の先にあるのを見かけた。)
両者の違いは量もさることながら金額の差が大きく、正規のCD屋は押される一方なのだと言う。それが原因で正規のCD屋の店の数が減っているという。確かに日本人観光客や地元の人でさえも海賊盤のCD(日本人はDVD)を買い漁る客は多い。しかし私が欲しい伝統音楽のCDは海賊盤では売ってないのでどうしても正規の店で買う必要があったのに・・・

その後もYさんは必死になって色々なショッピングモールを探してくれたのだが、残念ながら見つける事が出来ず空港に向かわなければいけない時間になってしまった・・・



多少凹んだものの他はちゃんと買えたのだからよしとしようと奮い立たせ、気分を切り替えてスカルノハッタ国際空港へと目指すのであった。
約一時間のインドネシア最後のドライブを終え、無事空港に到着した私。チェックインも問題なく済ませ後はフライトを待つのみとなったのだが、ここで散々世話になったYさんにお礼という事で、空港のレストランでごちそうするという粋な計らいをしてみた。

しかも今回はインドネシア料理ではなく、洋風レストランでスパゲッティーやクラブサンドなどを堪能し最後の会話を堪能したのであった。


そしてあっという間に時は流れ搭乗口に向かう時間になった。この5日間身の回りの事や案内役などをやってくださったYさんに心から感謝して、日本行きの搭乗口に向かっていったのだが・・・


















空港内の土産屋の一角にCD屋を発見!!!
(しかも正規)






うおーーーーっ!!!という叫びとともに店に突入!!店は凄く小さいし、カセットテープなんかも売っていたのだが、私の欲しかった伝統音楽のCDも発見!!!しかし出発時間が迫ってきてたので、


森「これとコレと是とこれと・・・」



と鷲掴みにして勢いで7枚くらい購入した。(値段はアルバム1枚120、000ルピア約1、600円
突然訪れた幸運にニンマリしつつゲートに向かうと、徐々に機内への案内が始まっていた。「さぁ7時間経ったら日本かぁ~~」なんて思ってたら、不意にある事を思い出す・・・














やべっ!タバコ吸うの忘れてた・・・

喫煙者以外の方には理解しがたいとは思うが意外と重要。しかも空港内は一部を除いて禁煙の為、既に2時間くらいタバコを吸えない状況だったのである。
このまま気付かずに飛行機に乗ったならば、観念して禁煙生活に突入できたものの、一度思い出してしまうと気になって仕方が無い・・・

しかしそうこうしてる間にも機内案内が進んでいく。「DOする?×50」の果てに












くるりと体を反転させて喫煙所にダッシュしている自分がいた・・・

出発まであと15分、果たしてDOなる事やら・・・


続く
次回で長々続いた「インドネシア旅行記」も最終回!どうぞお楽しみに・・・

3104

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。