FC2ブログ
3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
中国旅行記2006 最終話
早いもので徒然書き続けていたら約1ヶ月にも及んでしまった「中国旅行記2006」。遂に日本に帰る日を迎えたのだが、ここでもいたずら好きな神様の手によってやり場のない怒りを覚える出来事に遭遇してしまうのである。
それでは御照覧あれ・・・




気が向くままに起きて最終日の朝を迎えた私、窓から差し込む光を浴びたり、優雅なモーニングを食して今回の旅を振り返る・・・なんて余裕がなくなるほどの寝坊をかましてしまい、ダッシュで帰る準備を整えロビーへ。
前日の約束どおり曾さんの部下の方が同行してくださって一路「上海浦東国際空港」へ車を走らせた。道中は渋滞にもはまることなく無事に到着し、部下の方と別れ一人で行動することになった。

その後は友達への土産も買いチェックインも済ませ、余裕を持って飛行機に搭乗。私は真ん中の通路側の席を予約しており早々と席を発見して荷物整理やら暇つぶし道具の準備をしてた。
席に着いて一息つくと思ったより人がワンサカいて機内は満席状態だったのだが、何故か私の左隣(右側が通路)の席が空いていた。このままいけばゆったりまったり快適な空の旅が約束されるはずだった・・・


正直連日の疲れもあったから離陸前の時点で軽くウトウトしてたら、予定時間よりも軽くオーバーしてるのに気付いた。まぁ良くあることだから気にしないで本格的に寝ようとしたら、遠くの方から急いで機内に乗り込んできたと思われるおっさんを発見。しかもそのおっさんは何を焦ってるのか知らないがスーツケースがいちいち通路にぶつかって周囲に迷惑を撒き散らしながらズカズカ進んできたのであった・・・しかもキャビンアテンダントの方が親切に案内しながら「焦らなくても大丈夫ですから・・・」とわざわざ言うくらいの暴れっぷりであった。


「うわ~っ、隣だったら面倒だな~。」


なんて思ってたら嫌な予感は的中し、私の右隣で停止して何も言わずに荷物を詰め込み無理やり私の左隣の席に座ろうと強引にまたいできたのである。

いやいや細かいことをあんまし言うつもりもないし、眠くて不機嫌だったからかもしれないが、



「すいませんぐらい言えよ!ゴルァ!」



って思ってしまった。
しかしそのおっさんはどこ吹く風、離陸前に買ったと思われる弁当系の中身を確認すべくナイロン袋を覗き込んでた・・・
そして


おっさん「あ~あ、何だよ!!」


っておもむろにデカイ声でのた打ち回ってた。当然気になって左側を見てみると・・・













弁当系が全部袋の中にぶちまけられていたのであった・・・
多分来る途中によっぽど焦ってきたんだろうね、袋の中のサラダ系はもちろんサンドウィッチもずれて袋の中に埋もれていた・・・


そんな光景を見てテンションが軽く墜落気味の私を乗せた飛行機はようやく離陸。一路成田空港を目指し空の旅が始まったのであった。


そして離陸後本格的に寝るぞと決めた私はゆっくりまぶたを閉じて夢の世界へのテイクオフを始めようとしたのだが・・・
















肘掛においてある左ひじがやたらと何かにぶつかる・・・




最初は飛行中の揺れでシートにぶつかってるのかな?なんて予想してたけど明らかに違う・・・おそるおそる目を開き問題の部分を見てみると・・・









おっさんが右ひじをガシガシぶつけているのであった・・・









しかも


















おっさんは焦って乗り込んできて汗びしょびしょの状態だったため、左腕におっさんの汗と生暖かい感触が伝わってくるのである・・・














もう最悪・・・










寝るに寝れないし左腕の感覚が気持ち悪すぎたので、肘掛スペースを彼に与えて音楽を聴きながら読書で心を落ち着ける方向にした。
そして漫画を読みつつ好きな音楽を聴いて時間をつぶしていると・・・





















「グゴーッ」って音楽を聞いてるイヤホン越しにでも聞こえるくらいのデカイいびきをかいてきたのである!!
これにはおっさんの左隣の人も怪訝そうに眺める始末。
何をやってもいちいち迷惑をかけてくるおっさんに軽くあきれつつ、私はサービスのジュースと機内食でまったりしてた。














しかしご飯時になるといきなり左側から生体反応が見られ、「あれっ?ボクの所に飲み物が来てないよ~!!」と騒ぎだし猛烈にキャビンアテンダントにアピールしだしたのである。


もうね些細なことで目くじらを立てるのはイカンと思うけど、














「おとなしく寝てろ!!!」
って説教したい気分になった。


その後も

ビールやワインをキャビンアテンダントが軽く迷惑そうな顔をするくらいおかわりし、
機内食やぶちまけた弁当をムシャムシャ食い散らかし、
爪楊枝でシーハーシーハーしたり、
物凄い顔で鼻ほじったり、
グゴーッとイビキをかいて寝たり、


とまぁ大迷惑な隣人と3時間のとっても素敵な空の旅であった・・・(涙)








もしも私が世界のルールなら文句なくその場でスカイダイビングをさせるくらいの勢いである(もちろんパラシュート無し)。








そして針の筵の様な時間が過ぎ、無事に成田空港に到着する事が出来た。諸々の手続きも滞りなく済ませ、マイスウィートホームへと帰っていくのであった。
ちなみに道中のスカイライナーで暴睡したことは言うまでもない・・・


わずか4泊5日の期間であったが、毎日予期せぬ色んな事が起きて楽しませてもらった旅であった。少なくとも高校の時に行った修学旅行よりは思い出に残るし、宴会での小ネタにも使えそうな予感である。
しかしながらこの先また行きたいか?と聞かれると、

「上海万博(2010年開催)が終わるまでいいや・・」

と答える気マンマンである。



それでは最後になってしまったが中国旅行記2006御愛読多謝!!



中国旅行記2006 完

3104
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
お疲れさまでした!!!
びっくりマークが3つ付くぐらい感動しました。
ぜひこの後も、アジアの国々はじめ、世界中を旅して旅行記書いてください(汗)。と、思うぐらい感動。
いやほんと、国内近距離でも、バン升旅行記、期待してます。ほんとにお疲れさまでした!!!!
2006/10/23(月) 22:16:44 | URL | 関空 #dKFncsUw[ 編集]
ありがとうございます。
そう言っていただけると凄く嬉しいですし、へこたれそうになりながらも書ききった甲斐があります。

決して「地球の歩き方」みたいに参考にはなりませんが中国も面白そうだなと思っていただければ幸いです(笑)。
2006/10/23(月) 23:09:05 | URL | 3104 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.