3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国旅行記2006 上海編その1
この長々続いている「中国旅行記」も遂に残す所「上海」滞在のみとなった。上海は有名な都市だから今更必要のない場所かもしれないが、私自身がこの地で体験した出来事を何回かに渡って紹介していくつもりであるので引き続きご愛読のほどを。


さて寧波、杭州と二都市に渡ってともに行動してくれた同行者の孫さんを見送り、私は新たな同行者の曾さんと共に車で上海を目指したのであった。
この曾さんも日本語が上手で言葉のコミュニケーションも問題なく、道中は笑いが絶えないまま無事に上海の地に着いた。時間はちょうど昼頃だったため、ホテルのチェックインは出来たものの部屋には入れない状態(掃除が終わってない)のため、手続きのみ済ませて「第一次上海観光」に乗り出すのであった。


最初の目的地は「外灘(ワイタン)」
行く途中ずっとここの素晴らしさを刷り込まれてきたのだが正直半信半疑だった。しかし目の前にある風景を目の前にした瞬間



森「すげ~!ここ!!」



と異邦人丸出しのリアクションをしていた。


本当は夜景の方が素晴らしいし、色々な所で紹介されてる写真の様に綺麗にはとれてないのだが、外灘から見た浦東新区の風景記念の写真を撮影してみた。

一枚目:主に左側をパチリ
D1000230.jpg

ひときわ目立つタワーは長い塔は東方明珠広播電視塔(テレビ塔)。

二枚目:続いて右側をパチリ
D1000229.jpg


三枚目:おまけにパチリ
D1000228.jpg


四枚目:そして西洋建築もパチリ
D1000227.jpg



(本当は夜景を取りたかったのだが、その後のスケジュールと体力の関係で夜に来れなったので昼の景色でご容赦願いたい。)


ホント筆舌に尽くしがたいという言葉がよく似合う風景で、ただただ「すげー!!」しか出てこなかった自らの表現力のなさに改めてガッカリする位だった。
昼でもこれぐらい騒いでしまったのだから、もし別の機会で夜景を見る事が出来たら失禁してしまうんじゃないか?っていうほどのまさに絶景であった。




その後しばし時間を忘れて見入ってたのだが、急にお腹の虫が騒ぎだした。その音が隣で聞こえたのかは謎だが


曾「ソレジャア、ヒルゴハンニシマショウカ?」


と絶好のタイミングでの食事のお誘い。迷う事なく私は


森「いいですね~。」


と返す。当然のごとく上海は初めてで右も左も分からない田舎者の為、料理のジャンルや場所なんかは同行者に一任しているのだが・・・





曾「セッカクシャンハイニキタンデスカラ・・・」




(おいおい、ここ二日間の統計上「セッカクダカラ」が出ると大抵「衝撃料理」か「ゲテモノ料理」を食べる展開になりそうなんだが・・・)
とお腹をさすりつつ(腹痛に備えて)次の言葉を待っていると・・・

















曾「ホンバノショウロンポウヲタベニイキマショウ!!!」




森「サイコ~!!!」
もう私が女だったら間違いなく愛人になってるだろう、って言うほど嬉しかったことは言うまでもない。
もちろん1ミクロンも迷う事なく即決し、本場小龍包を食べる為絶景の「外灘」を後にするのであった。


そしてこれから中国滞在の最後の昼食と観光の話になるのだが、またそれは次回に・・・


3104




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。