3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんな顔をしている
東京に住むようになってから常々思うのだが、


私は「知らない人に道を聞かれる」


回数が結構多い。
まぁ自分の住んでいるところに関してはある程度は答えられるし、案内できるのだが、最近は旅先でもよく知らない人に道を聞かれるのでその時は焦る。


自分の住んでる周りで聞かれる場合の目的地で多いのが最寄り駅(池袋駅)。答えやすいのだが、行く道は少し複雑だから説明が難しい。
それに続くのがドンキホーテとか図書館などの施設関係
挙句の果てには人の家の場所まで聞いてきたダイナマイトなご老人がいた。(道を歩いてて唐突に「Oi!!!、●●さん家知らんかね~?」と聞かれたときは言葉に詰まった。)


旅先で聞かれる目的地は圧倒的に「市役所」や「町役場」である。しかも駅で聞かれるパターンが多い。
明らかに自分よりも多くこの土地に来てるだろうと思われるのに、土地勘も無く地図やコンパスの無い私に聞くのかがかなり疑問である・・・
はっきり言って旅先では答えられないので、

「すいません。私ここの地元の人じゃないんですよ~。」
と申し訳気持ち一杯で答えたのに

「あっそ・・・。」
と急に態度が変わって冷たい視線になったり、

「チッ!」
て舌打ちを喰らったりと散々な目に遭ってしまう・・・



私に道を聞いてくるのは高齢者かA-BOYSな方々が大半を占めているので、「人生の春」「運命の出会い」なんかは
隕石がぶつかる位に低い確率に設定されている・・・


労は多い割に実りの少ない貧乏くじをよく引いてしまうのである。
(知ってる場合はちゃんと教えている。)




とまぁあまり道を聞かれて面白いことに出会ったことはあんまりないのだが、ついこの間深夜に家の近所を歩いていたら不意にタクシーが自分の真横に急停車した・・・

信号も無い商店街の道でしかもお客さんを後部座席に乗せている状態での停車・・・

怪しすぎる・・・

そして次の瞬間運転手が慌てた感じで窓を開けて私に話しかけてきた・・・















運転手「あの~、池袋駅はどこにありますか?」













Oi!!!
上手に表現できないが、かなりエキサイティングな現場に出くわした感じがした。

人を乗せて目的地まで運ぶことで収入を得ているタクシー運転手が迷子!
しかも客を乗せてる状態で迷ってしまっているという最悪な現状。(自分が客だったら最悪な気分である。)
オマケに言うならば、迷っている状況でもメーターは回っているというなんとも理不尽な光景にしばし言葉を失った・・・

しかも・・・









森「この道を曲がってまっすぐ行けば着きますよ。」(ホント何で迷うの?というような道で迷ってた・・・)

という素晴らしく簡単な道のりの説明で事が済んだ。


それを聞くや否やタクシーは猛スピードで私が教えた道を走っていった・・・







「なんだかなぁ・・・」って感じと、ちょっとお礼くらいくれよと思ってしまった夜の話。




3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も
以前、よく道を聞かれたりしました。
初めて海外旅行した初日(イギリス)に、
スペイン系風のお兄さんに道を聞かれた
ときはさすがに面食らいましたが。(笑)
2006/08/02(水) 22:57:15 | URL | 関空 #dKFncsUw[ 編集]
あらあら(笑)
それはまたエキサイティングな体験でしたね。

ちなにみ今日も道を聞かれました。今回はついに人口が10億人以上いる国の方からからでした。適当に答えたら国際問題に発展するかもしれなかったので今までになく親切に教えたのですが・・・

駅前留学もビックリです。
2006/08/03(木) 00:52:48 | URL | 3104 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。