3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正義と悪 後編
本日は後編の為、唐突に見始めると何を書いてるのかさっぱり分からないと思うので、まずは前編を見てからの方がよろしいかと…


確かにバルセロナのサッカーは素晴らしい!そこに異存はまるでない。
(現にバルセロナの主要選手がスペイン代表のユニフォームを着たら目茶目茶応援するし、2010年のワールドカップ決勝のイニエスタ(バルセロナの主要選手の一人)のゴールには号泣した。)


けれど、とある歌の歌詞にもあるように「世界に広がる独自のスタイル」がぶつかり合うからいいのではないかと思う。
(母国はイングランドなのに世界最強のイメージはブラジル。アフリカ系は飛び抜けたエース1人で勝利をもぎ取ったりと勝利に至るプロセスは正に国それぞれ)


もし全てのチームがバルセロナと同じようなサッカーしかしなくなったら、それはそれでつまらないものになってしまうだろう。


監督や選手が思い描く戦術を駆使し、相手の長所を潰して攻めるのか?自分達の長所を生かして攻めるのか?相手の短所を突くのか?そういったあの手この手を尽くしながら戦うのが面白いのであって、今巻き起こってるバルセロナのサッカーが答えだと思ってそれを基準に物事を決めつけるのはなんとなく安易な気がする。


だから良く戦術評でバルセロナと対戦するチームは守備的でつまらない、といった文章を目にするのだが、そりゃバルサスタイルを体現できる選手や監督がいたらやりたいって誰もが思うかもしれないけど、それが出来ないから違うスタイルで戦う訳であって(模倣だとオリジナルには勝てないのはどの世界も同じだと思う)、しかも勝つ可能性が少しでも高い方を選ばなければ自分達が危うくなるんだから、そんな中で選んだ守備的な戦術ってのはそんなに悪い事ではないように思うのだが…


確かに見てる側はつまらないと思う瞬間もあるかもしれないが、私は戦術もさることながらそれを採用するに至った経緯なんかも考えながら見たりするので、別につまらないとは思わないし、劣勢の中ジャイアントキリングを起こすチームを見たくて逆にかぶりついたりする。


例えば足が速い選手がいるならそいつを生かしたカウンターで戦ってもいいし、素晴らしいパスが出せる選手がいるならそいつにボールを預けて相手の陣形の崩し方はそいつに任せると言った自分達が持っている物を使うが既に正義ではないだろうか?


勿論バルセロナが成功したメソッドを学ぶのは良い事だし、どんどん吸収していけばいいとは思うが、これじゃなきゃいけないって決めるのはもっと先の答えでいいんじゃないかな?って感じる時がある。

まぁ確かに答えを二極化(正義か?悪か?)にすれば解りやすいだろうし注目を集めやすいだろう。
以前はチェルシーがやり玉に挙げられたし、今はレアルマドリードがそのポジションにあてがわれてる様な気がする。
(どちらもカネで選手を集めたとか言われたり、モウリーニョ監督が指揮してる時にそうなりやすいという点は興味深い)


けど
正義とか悪とか関係なくもっと自由なスタンスで世界のトッププレイヤーや戦術家が捻り出す作戦を楽しめばいいんじゃないかな?
きっと当事者たちはもっと純粋な気持ちで取り組んでるだろうから、見てる側もそこの部分を少し汲んであげても良いんじゃないかな?

なんて思う瞬間がある。


まぁ私みたいな劣勢のチームや批判されてる側を応援してしまうあまのじゃくな人間もいるので、見方に関しても自由でいいと思うけど、もっと自分達の目で心で感じた物、生まれた感情の赴くままに色んな感想を持って見たら、今よりももっと面白い角度で試合を堪能できるような気がする。


まぁこういったどうでもいい批判チックな事に、わざわざ2日間もかけて書いちゃう位魅力的なスポーツであるサッカー
これからも面白い出来事が目白押しな予感がするし、そろそろ各国のリーグ優勝も決まり始める頃。益々目が離せない事は間違いないし、私はそんな考えで残りのシーズンを楽しく観戦したり、雑誌のレビューを読んだりして、自分のスタイルで堪能したいと思う。


正義と悪 終


3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。