3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一人弾丸ツアー本編 その6 完結
前回までのあらすじ
ようやくホテルでゆっくりできると思ってたのに、何故かホテルに戻ってくるとキーは誰かの手に渡ってると教えてもらう…
まさか…とは思いつつも嫌な予感は止まるはずもなく、急いで部屋の扉を開けるとそこには…




途中離脱した2人が寝てる…


OiOiOi!!!どういう事???


とりあえず叩き起こしてみる。


3104「漫画喫茶行くんじゃなかったのかよ!?」


「まぁまぁまぁ…」


と良く分からない切り返しをされて茫然とする私。
ちなみに彼らが寝ていたのは、ツインの部屋のベッドとベッドの間のスペース

地べたなのはまぁ気を使ってるんだろうなと思えるが、2つのベッドの掛け布団を剥がして敷布団と掛け布団にするという荒行…
ちなみにベッドの上には身ぐるみはがされたシーツだけが置かれてる状態…


これを掛けて寝ろと!?


とはいえもうTシャツとパンツだけになった2人を見てお前ら出ていけ!とも言えず。最早明日の事で頭がいっぱいだったので、とりあえずお風呂に入って気持ちを鎮めようとした。

そんな中おバカな後輩が何を思ったのか、おもむろにカップ麺を食べ始めて部屋中がカップ麺臭が漂うという凄まじい展開に…


そんな修学旅行の夜みたいなテンションMAXの世界に導かれたが、明日に差し支えが出るレベルまでに到達しそうだったので、自らを律し風呂に入って疲れを取った後本格的に寝ようとしたのが03:30
風呂からあがったら既にみんな寝ていたので、そこは一安心だなと思いつつシーツを体にかけて夢の世界にロケットダイブ!

朝は08:00に起きないと入り時間に間に合わないレベルだったので残り時間は4時間半、1時間半サイクルが3回来るから大丈夫だろうと思って瞼を閉じると…
















グゴーッ!!!グゴーッ!!!グゴーッ!!!



と暗闇に轟くイビキ…
気持ちは学生時代に戻ったけど、体は立派なおっさん何だなと改めて感じてしまった…
とはいえ生理現象だからしょうがないし、基本自分が意識できない世界の出来事は不問にするスタンスだから、まぁBGM代わりとして活用することにした。
たとえあまりの爆音に

「窓が震えてんじゃないか?」

って思う瞬間もあったが気にしなかったと言っておこう。


と自分に言い聞かせながらそろそろ安眠の扉を開ける瞬間に差し掛かった時、不意に



















「大丈夫っス!!問題ないっス!!!」




と何が起きたんだ!?って飛び起きる位デカい声で寝言を言いだす奴が出る始末…
お前の行動が大問題だよ!と思いつつ、最早メインの休養は帰りの新幹線だなと心に決めて可能な限りの睡眠を貪る事にした…




そんなこんなで気持ち程度の休養で朝を迎えた私。
みんなはそれぞれ友達に会ったり、家に帰ったりとそれぞれの用事があったみたいなので、またの再会を約束しつつその場をひと足先に離れることにした。

そして舞台は東京に移り音舞宙凛の本番を迎えるのであったが、こちらも特に問題なく事が進んだので心底ホッとした。


という訳で長きに渡って綴ってきた「一人弾丸ツアー」もこれにて完結。
最高に密度の濃い2日間のせいで、その後数日は全く使い物にならなかったが、久々にエキサイティングな日々だったと思う。

みんなありがとう!そして迷惑掛けてたらごめんなさい!

もう一回やれと言われたら3日間位悩むが、今回は本当に楽しかった!


一人弾丸ツアー 終


3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。