3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
振らなきゃ玉は当たらない
先日の音舞宙凛立川ライブの際、リハが終わって本番までの間少し時間があったので、何故か知らないが全員でバッティングセンターに行く事になった。
中には故障者リスト全くの初心者がそれぞれ1名ずついたが、やいのやいの言いながら吸い込まれていった。


特に歌姫が無性にやりたかったらしく

90kmってガキの頃は早いと思ったけど…

こんな感じで何も言わずバッターボックスに向かっていた。


しかも言いだしっぺなだけあって良い当たりが何本も出てて、あわよくばホームランなんてのもチラホラ。
阪神ラブの姿勢がこんな所にも現れている様であった。


続いてはパーカスの

とりあえず運動する格好ではないね…

が挑戦。
若干カットマン的な当たりが多かったが、燕ファンの意地をこんな所でもアピールしてた。


ちなみにベースのお嬢は人生初ですさまじい事になってたので画像は名誉のために伏せさせて頂こう。


そして私も一応挑戦したのだが、90kmの異様な遅さと、運動神経の無さと、腰をかばう癖があるらしく、


「腰の動きが変で出来損ないの落合みたいだった…」


という評価を頂いた。
ってかやっぱりスポーツは見てるのが楽しいと改めて感じる一幕であった。


その後はみんなでカウンターに一列に並んでラーメンを食べる(しかも5人別々のメニューを注文)という中々の光景を作り上げてから本番に臨んだのだが、本番の翌日から数名のメンバーから筋肉痛の報告が挙がってのはここだけの話にしておこう。


3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。