3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪を噛めっ!!!
つい先日東京都心にも雪がもっさり降り、久々の雪化粧を見たのだが、一向にテンションが上がらない自分にやっぱり北国の人間なんだなと改めて感じてしまった。

いや確かにキッズのころは雪が降るとテンションが上がって、お気に入りのスノトレなんか履いちゃって、


「俺のスノトレは4WDなんだZO!!!」
※足の裏に金属のスパイクが付いてる靴。スパイクが4つ付いてると4WD、2つだと2WD。
これだと2WD



と自慢してたりもしたのだが、今となっては

「嗚呼…電車が遅延しそう・・・」

とか

「嗚呼…道路が渋滞だな…」

なんてネガティブな事しか思い浮かばなくなってしまった。


まぁそんな雪の日に思う事と言ったら、












大雪のニュースで流れる映像の人が転び過ぎ!!!





ってこと位である。
マジでキン肉マンかよ!って突っ込みたくなる位に何度も空中を掴んでる女性の姿が映し出されてて、


「そんな歩き方じゃ転ぶの当たり前だろ!!!」


と説教したくなる気分なのである。

ちなみに歩き方のコツが2つあって、1つは






雪を噛む





である。

どういう事かというと、なるべく人がたくさん通ってる道は歩かず、雪が積もってる所を選んで歩くのである。
やはり転ぶ確率が高いのは圧倒的に氷の部分。人が通る事によって舗装されてアイスバーンになり、益々転びやすくなるのである。

という訳で某有名バンドが叫んでる「こなぁ~ ゆきぃ~♪」を見つけて歩く事をお勧めする。

そしてもう一つ




基本は前傾姿勢




大抵転ぶ人の重心は後ろで、ツルっとなった瞬間に豪快に背中を打ちつけるパターンが多数見受けられる。
勿論頭から落ちると危ないし、後ろの防御は基本的に甘いので、最悪前に倒れこむような気持ちで歩くとベター。
(逆に前に倒れそうになると手を使えるし)

以上に挙げたこの2つの基本操作があれば普通のスニーカーはおろか、ラバーに凹凸のない革靴のようなタイプでも普通に歩けるのである。


という訳でまた東京に雪が積もった際は是非ともトライしてみてほしい。



3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。