3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生の門出 前編
個人的にマナー常識が欠落してるくせに、人の結婚式とかパーティーに参加するのは大好きである。
友人達の幸せMAXな表情を見るのも楽しいし、その瞬間に自分が携われた事に感謝する時でもある。


という訳で先日QWERTYのメンバーでもあるKOHTAROの結婚パーティーに参加してきた。
場所は渋谷のシャレオツな音響設備も整ったホール。
新郎新婦との出会いはQWERTY開始の時が初めてで、それから約2年と今回の列席者の中でも大分付き合いは浅い方なのだが、運よくお呼ばれした次第である。


そんな中自他共に認める冠婚葬祭オンチの私としては、いつも誰かしらお目付け役がいる中での出席だったのに今回は0
何から何まで自分で準備しておかなければいけないのだが(当然の事だが)、案の定お誘い文章の「平服」の意味を履き違えて、普通にジーンズで家を出ようとした事はこことtwitterだけのお話にしておこう。


余裕を持っての出発だったのに、直前で自分の行いを強引に改めにスーツに着替えバタバタとしたまま会場入りした私。時間もちょうど良い頃合いで列席者も徐々に自分の席に着いていた。

さて私は何処かな?と思い座席表を見たら…















最前列のテーブルの一番前・・・
まさにアリーナ席







正直こんなベスポジで良いのかな?と思ったのだが、これも新郎新婦の愛情ってことで受取って、隣には私の愛人(音楽的な意味で)某ハードコアバンドM●BのボーカルNA●Iさんなのは優しさって事で二重に感謝したのである。


とまぁ自分の席に座って辺りを見渡すと、これまた知ってる顔がチラホラ。
しかしいつもは薄暗いライブハウスでどっちかが本番だったり、ざわざわ騒がしい居酒屋での遭遇が多く、基本バンドやってる時の顔つきで会ってたのだが、今回はおめでたい席でしかも皆シャレオツな恰好で夫婦やお子さん連れで出席だからある意味普段のライブハウスでは見れない顔がそこにあって、更にほほえましい光景が上乗せされてた。


勿論開始前から皆笑顔が絶えず、なんとも良い雰囲気。そんな中新郎新婦がメタリカのBGMで入場!
実はこの時点で涙腺がウルッと来たが、まだ何も始まってない状況でこんなんだと正直ティッシュの量が足りないため必死で我慢。
ありったけの拍手でお出迎えするのであった。


そして両名が席に着いてようやく式の開始!素晴らしい時間の幕開けを女装が板についてきた某変態バンドのボーカルが告げるのであった・・・


続く


3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。