FC2ブログ
3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
世間に大逆行で個人的2011アワード
基本的に過去は振り返らない主義であるが、そういえば去年の個人的フェイバリットを言いふらす期間が無かったなと思い、完全に年を越した今だからこそ3014アワード2011を紹介していこうと思うのでお付き合いのほどを。


今更遅すぎじゃね!?といった真っ当な意見はブラックホールに吸い込ませてまずはお気入りのジャンルから発表。


ゲーム部門(3作品ノミネート)

1:龍が如く OF THE END
龍が如くシリーズの最新作が堂々ノミネート。震災の影響で発売日が遅れて不安だったが、その遅れも吹き飛ばす位面白かった。個人的にはもっとヒートアクション系やコインロッカーの鍵等のミニコンプリート系がもう少しあっても良かったが、それが無くても十二分に楽しめた作品であった。
もう既に次回作「5」についても動き出しているようで、これからも益々目が離せないシリーズである。
・お気に入りキャラは秋山駿、真島吾朗、火星ファイター

2:戦国無双3 猛将伝
前作戦国無双3はプレイ時間200時間越え、全キャラレベルMAX、ユニーク武器&レアアイテム全取得と完全に遊びつくしたのだが、その追加版もどっぷりハマり遊び倒してみた。
ちなみに私の戦国無双お気に入りキャラは、雑賀孫市(1から愛用)、浅井長政島左近。時点では島津義弘(シナリオがイイ!)、風魔小太郎(クールでイイ!)といった感じである。

3:真・三國無双6
久々の三國無双最新作。前作の5が正直消化不良の感も否めず、気持ちは大分戦国よりであったが久々にグッとくる作品であった。シリーズ最高のバッサリ感とシームレスなステージ展開が素敵であった。
個人的にはマイナーキャラが好きなので、今回のストーリーモードは中々良かったが、やっぱり主人公が一人一人ピックアップされる方が燃えるかなと。
お気に入りキャラは、夏候淵、馬岱、郭淮、丁奉、艾あたりである(やっぱりマイナーキャラが多い)。

総括…ここ数年は龍が如くシリーズ、無双シリーズ、メガテンシリーズ、サッカーゲーム以外は購入せず、それ以外はかなり評判の高い作品を購入するといった感じであったが、今回はその王道がしっかりノミネートする形となった。



マンガ部門(3作品ノミネート)

1:ジャイアントキリング

2011年も発売日と同時に買ってしまう続きが気になる本第1位!
サッカーの監督が主人公の異色のマンガだが、話の展開や緊張感は昔のスラムダンクに近い物がある。
まだ見てないなら是非一度読んでみて欲しい。そう思える作品である。
お気に入りキャラはETUサイドバックの石神!

2:宇宙兄弟
何だか周りでもじわじわとブームになってる様で、アニメ化や映画化が決定した作品である。
人間味あふれる暑苦しさがたまらなく、問題に直面した主人公の解決策が想像を超える発想で毎回読んでいて楽しい。
お気に入りキャラは変なTシャツを着るローリー!

3:グラゼニ
プロ野球の中継ぎ投手にフォーカスを当てたこれまた異色の野球漫画。
従来の野球漫画と比べて凄く現実味があり、これを読む事によって違った角度から野球を楽しめそうな作品。
お気に入りキャラは原武裕美(瀬戸内カーナビーツ)!

総括…2011年はいつの間にか購入するマンガがモーニング連載作品メインになってしまっていた。雑誌をチェックするのもモーニングのみだし、これから読んでみたいマンガもモーニング中心。特に気にはしてないのだが、他にも面白い作品があるなら是非とも教えてほしい所である。


とまぁ私の2大フェイバリットのゲームとマンガを挙げてみたのだが、熱弁をふるい過ぎて文字数が多くなってしまったので、この続きはまた日を改めて。
ちなみに次回は他のジャンルにまで拡張予定であり、今更ながら

「去年何やってたかな?」

と振り返っている途中なのであしからず。


3104
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.