3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アディクション その①
まぁ言うまでもなくゲームに関してなのだが・・・


子供の頃からずっとドハマりしてるしてたのだが、大抵

「いい大人になったらやめるよ。」

と言われ続けてたこともあり、いずれ止めるんだろうな~なんてのんびり構えてたのだが・・・



















一向に止めようと思わない自分がここにいる・・・



しかも子供の頃よりも遥かにハイペースでソフトを購入したり、やり込みの度合いが激しい。
まぁ現に今もはまりすぎて、この場に登場するのが滞りがちな位であるからよっぽどである。


ちなみに今でも酷いと思うのだが、大学生の頃は目も当てられないほどのクズっぷりだった。


特に私が入学した時の4年生であったTさんが凄まじかった。
自分達とほぼほぼ同じ時間を過ごしてるはずなのに、どこからカネが生まれてるの?って位にサークルにゲーム攻略本を供給してた。

しかもそれが大抵ジャンルは違えど育成要素対戦要素をふんだんに盛り込んだソフトが多く、カネは無いけど時間は大量に余ってるダメ人間どもが我も我もと隙をみてコントローラーを握り己の腕を磨いたり、最強キャラの育成に勤しんでいた。


私が覚えてる限りで異様なブームを巻き起こしたのが、


①デカスリート&ウィンターヒート
デカスリートウィンターヒート


どちらも今は懐かしいセガサターンのソフトである。

これはファミコンで言うならハイパーオリンピック系連射とタイミングが命のゲームで、連日連夜人間の限界を超えた世界記録をたたき出していた。
(勿論連射補助はナシ)


ちなみにどれ位酷かったかというと、例えば私が太陽が昇ってる間(11:00~19:00)に必死で更新した1位の記録が、翌日の同じ時間に記録を確認すると、既に10位圏外に沈んでいるという熾烈さ。

最初は

3104「あれ?せっかく記録出したのにデータが消えたのか?」

と思って画面を眺めてたのだが、そこに連なってる名前と記録を見て愕然とする。
(皆好きな時間にプレイするので、証拠を残すために名前は自然と自分の名前を入れるようになっていた。)

そうなると負けず嫌いの集団が多かった私のサークル、また1日かけてトップを引き摺り下ろし翌日には抜かれてというサイクルを繰り返し、終いには生身の人間でその記録を出すのは何世紀後?って所まで発展してしまった。


そして長かったブームは最終的にとある人物が全ての記録を塗り替えて、

Mさん『後は自分との戦いだ。』

という迷言を残し、更に苦行の如くコントローラーを握って自らの記録に挑戦しだして沈静化するという運びとなった。


とまぁこんな感じでまだまだアホなはまりっぷりを紹介していこうと思うのだが、久々に文章が長くなってしまったので、この続きは次回にでも。


続く


3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。