3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気付かず母校に行ってみれば・・・
とある友人に

「今日は大学にいるから久々に会おうよ。」

的なメールをもらったので、かなり久々に我が母校に立ち寄ってみた。すると・・・















学園祭真っ只中なのに到着して初めて気付いた・・・


あれ?でもいつもは11月の第1週だったんじゃ・・・という頭でいたのだが、どうも今年は1週間遅らせての開催だった。

まぁそうなると不意にいろんな事を思い出すのも人の性。昔はあんなことあったな~、なんて事を懐かしく思いながらメインストリートを歩いていた。


とはいっても学園祭の思い出なんて毎年軽音サークルのライブに向けての準備やら、当日も会場に張り付いてあれこれ動いていたり、サークル対抗戦(賞金有り)に参加したり、と狭い範囲での記憶しかないのが非常に残念なのだが、それでも大学生活の一大イベントであったことは間違いない。


とそんな物思いにふけながら歩いていると、物凄い下の代の後輩と再会しプチ感動。
勿論

後輩「学園祭だから来たんですか?」

という問いかけに対して、


3104「いや、知り合いに呼び出されたら実は学園祭だったみたいで・・・」

後輩「相変わらず適当な人ですね~。」


と残念な先輩っぷりと、古きよきサークルの伝統(後輩が先輩をしかる)も抜け目無く披露。
なんやかんや人と会いながら無事に目的地まで向かうことができた。


そして友人と久々の再会を果たし、最近の近況をあれこれ話しつつ、昔常駐してたサークルの部室を訪ねたり、後輩のライブを見たりしてこの年で初めて学園祭らしいことを体験することが出来た。


しかもサークルのライブを見てた時にあまりに若さがはじけすぎてたので、


3104「若さが眩し過ぎて見れな~い!!!」


とかなりおっさん臭い事を吐いて、周りの後輩に残念がられたのはここだけの話にしておこう。


そんなこんなで久々に大学に立ち寄ってかなり思い出が甦ってきたのだが、やはり私の青春時代が詰まった場所であり、ここが今の自分の原点的な場所なんだろうな、ってのを改めて感じた。


ただ唯一困ることは、あまりにもここにいすぎたせいか時間というものに無頓着になってしまう事である。

卒業しても何度か遊びに行ったことがあるのだが、大抵夜に帰ると言ってても終電ギリギリに気付いたり、帰れなかったりといったかなりおバカな惨劇を繰り返していたし、今回も次の予定があるのに、気付けば大学に長居してたりと、時間の概念を無視してしまう何かがあそこには眠ってると言わざるを得ない・・・


とはいえまた暇な時間を見つけてフラリと立ち寄りたいなとも思う。私にとってルーツであるから。


3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。