3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全世界に提案
最近徐々に暑くなってきて、移動時のアイテムにタオルを追加しようかしまいか軽く悩んでる筆者である。そんな時にふと思う事があって、


何故電車には弱冷房車があるのに強冷房車はないのだろうか?


という問題点。
この汗かきな私としてみたら、移動中に汗をかいてテンションが下がるケースが非常に多い。
その打開策の一つとして提案してみるのだがDOだろうか?


いや最近は女性専用車両とか出来たし、車両によって弱冷房の設定をしてる所があるのだから、実現は可能なはずである。


確かに健康面に関して反対意見も出てくるだろうが、それは車両入り口に


「ここは強冷房車です。体調の優れない方はすぐさま別車両に移動してください!」


的な注意書きをしてワンクッションおいて実施してみる。
すると少なくとも私の様な汗かきには重宝される存在になるだろう。
ついでにあの汗だくの肌が触れ合う不快感も豪快に解消されるのではないかと。


私自身本当に東京の夏はしんどくて、ライブ当日なんかは着替えのT-シャツは5枚位用意しないとまかないきれない位汗をかいてしまう。
ちなみに内訳は

?家からライブハウスまで
?ライブハウス到着から本番前まで
?本番用
?本番終了後
?予備(リハーサル終了から本番前までで万が一の場合)



とどれも外す事が出来ないし、これを毎回やってるとそれなりに結構な荷物なのである。

なのでもしこの?の部分が除外されると非常に有難い。それに移動が快適になることで利用客が増えるし、汗かきさんが発する熱気も一箇所に集中して他の車両の温度も下がり気味になり、より移動手段としては重宝しやすくなり鉄道会社もウハウハなのでは?とオイシい所だけを取り出し早急な導入を心底願うのである。


ちなみに希望設定温度は強冷房車から降りたときに軽くメガネが曇る位がベスト。


3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。