3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたならDOする? 後編
~前回までのあらすじ~
ライブを翌日に控えゆっくり休もうと思ってた矢先に、まさかの山手線最終便が25分以上の大遅延!
とはいえ帰れるからいいやと思い電車に乗り込んだのだが、それをも上回る衝撃が車内には待ち構えていたのであった・・・



金曜日や土曜日でなかったのが、不幸中の幸いだった。
車内はそこそこ自由なスペースがあり、機材降ろしも苦もなく済ます事が出来た。

そして一息ついて車内及び外に目をやると・・・














車内の床で寝てるリーマン発見!!!



いやいや座席を幾つも使ってマイベットにする迷惑な輩は多数見てきたが、そこに辿り着けず地面に寝てる強者(つわもの)に遭遇したのは初めてである。
しかもこれがまた気持ちよさそうに寝てるもんだから、起こすのも忍びない空気が立ち込めていた・・・


「これはホントに凄いな~」と感心しつつ、出来ればこの感動を写真に収めたいという欲求が立ち込めて大変な事になってたが、生憎誰も携帯を彼に向けてる人はいない・・・


困ったな~、シャッターチャンスは来るかなぁ~、と多少不安になりながらもチャンスを逃すまいとして、携帯のカメラのレンズを綺麗に磨いてその時が来るのに備えておいた。


いつもよりも扉が閉まる音がうるさく感じて、これでリーマンが起きたらDOするんだ!と思いながら外に目をやると・・・


待ってる間に力尽きてしまったリーマンが立ったままエスカレーター付近の壁にしがみついて寝ている姿を発見した・・・


「あ、早く起きて!!」


ともう少し早く気付いて起こしてあげればよかったのだが、時既に遅く電車の扉は無情にも閉まり、次の新大久保に向けてゆっくりと電車が動き出した頃であった・・・
しかもそのおっさんは凄くいい寝顔をしてたもんだから、周りも起こすのをはばかれる気持ちも何となく分かる。

とはいえきっと時間通りに電車が来れば無事に帰れたのに・・・と彼のツイてないっぷりを同情して止まない。


まぁそんな小話がありつつもメインディッシュは地べたリーマン。早速彼に照準を合わして、途中駅で起きない事を祈りつつ、シャッターチャンスを伺っていた。

やはり気持ちよさそうな寝顔は人の行動を抑止する効果があるようでだし、起こしても不機嫌だったら最悪だという防衛本能が働いたのか知らないが、起こす人は皆無で、なんなら電車から降りていく時にまたいで行く人が多数見受けられた。


3104「そんなドスドス歩くなよ。」


手に汗握る瞬間がダース級で襲ってきたが、本人はどこ吹く風。気持ちよさそうに夢の世界を旅してるようで一向に起きる気配が無かった・・・


そして運命の終点池袋駅。機材の積卸を少しゆっくり目にして人通りが少なくなった頃合を見計らって・・・










パシャッ!

これもある意味事故である。








これは凄い!今までの疲れを吹き飛ばす位の感動が沸き起こった。
家に着いたのは結局2時を回ったが、いい夢見れそうな気がするし、明日も頑張れそうな気がする。

きっと現実に戻されてさぞかしショックを受けるだろうけど、あの寝顔からはさすがに引き戻す事は出来なかった。駅員もさぞかし気が引けただろう・・・
その後の彼がどうなったのか分からないが、少なくとも電車の中で寝るのは物凄いリスクが付きまとうのを忘れずにいようと心に誓う一日であった。





3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。