3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クエスチョンは外れない
近年まれに見る大型連休だった今年のゴールデンウィーク。
うちの両親は車で日本1周(北海道を除く)旅行という周りがドン引きする位とんでもないプランに挑んだりとやたらアグレッシブになりがちの様だが、皆さんはいかがお過ごしであろうか?


まぁ私は折りからの不景気などに関わらず、財布と銀行の中身がとんでもない事になっており、大半を家で過ごす事をヨギナクサレているのは言うまでもない。


そんな休日を家でダラダラ過ごしていると、「昔もこんな感じあったな~」と思い出してしまう。
例えば小、中学校の夏休みなんかは最後の方でする事が無さ過ぎて微妙な日々が何日もあった。
別に特別学校に行きたいという衝動も無かったが、家の中が暇すぎるのと、無趣味なのが災いしてた変に退屈な日が無駄に多かった気がする。


しかもそれを紛らわそうと友達を誘ってみるものの、毎日友達が捕まるわけでもなく、断られればそれなりに「しゅん・・・」としてしまうのも正直な所。

そんな時はおとなしく家でゴロゴロ漫画やゲームで貴重な青春時代を浪費していたのであった。
まぁ学校が始まったら始まったでイヤなのだが、こうもやる事が無い日が続くのも同じ位にしんどかったのを覚えてる。


また小学校の時には「自由研究」という今考えるとよく分からないしきたりに取り掛かるのもこの頃からで、結局毎年最終日にヒーコラ言いながら作ってたのも鮮明に覚えてる。
ちなみに漢字や計算のドリルなんかは始めからバッチリ答えを写してさっさと終わらせる、というロクでもないお子様っぷりを発揮していた。


しかし今考えても夏休みの課題ってなんだったんだろう?ついでに言ってしまうと、あの朝のラジオ体操の苦痛っぷりは何のために存在してたんだろう?もっと言ってしまうと、夏休みの時に配られた奴で

「1日の予定表」(何時に起きて、何時から何時まで勉強して・・・的なのを円グラフにして書き込んでいくタイプ)

っていうを守っていた奴はいたのだろうか?凄く気になる・・・


ちなみに友達は円グラフの中心に




「自由」



とだけ書いて提出したら先生に激怒りされてた・・・


何かと細かい縛りが結構あったんだな~と今更ながら感じてしまうのであった。


3104
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。