3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201204<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201206
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはり達成感は目に見える方が嬉しい
先日

「大食いの人の食べっぷりを間近で見たい!」

という良く分からない友人の欲求に答える為、大食いと思われる候補に私がエントリーされ食事に行ってきた。


今回の舞台はしゃぶしゃぶ食べ放題。最近駅前なんかで良く見るチェーン店がその会場であった。
正直しゃぶしゃぶなんて贅沢な食事は、今の私の経済状況城頻繁に食べれるもんじゃないので、食べ放題開始と同時に大量の肉を注文。


その後もひたすらにく、ニク、29!!!


野菜を頼むはずもなく、高校生の部活帰りみたいに時間一杯までひたすら食べ続けていた…


そして1時間半後、お腹も主催者も満足げだったので良かったのだが、唯一の難点が1つ…











店員が皿を随時回収してたもんだから、どれだけ食べたのか解らない…





久々の大食いチャレンジだったので、正直どれくらい食べたのか自分でもわかりたかった。
最初は皿を数えてたけど、あんまり美味しかったので途中からカウントを忘れてた自分にも問題ありなのだが…


次回は寿司とかSUSHIとかとかカウントしやすいものを食べたいな~。


誰かお誘い求む!


3104
スポンサーサイト
悲願は予期せぬ形で…
ようやくの悲願達成に涙が…


遂に!遂に!遂に!


チェルシーがチャンピオンズリーグ初優勝!!!


ファンになって8、9年位のひよっこレベルの私だが、今回は本当にうれしかった。


2003年にロシアの大富豪に買収されて以来、このタイトルを勝ち取るためにありとあらゆる手を尽くしてきたこのチーム。リーグ優勝国内カップ優勝は早い段階で達成されたのだが、このチャンピオンズリーグ(欧州トップの座)だけはどうしても取る事が出来ず、毎年苦汁を舐め続けていた…


今年も国内リーグの成績を見れば最終的な順位は6位金満クラブと揶揄され始めてから最低の順位だったし、本来なら来季のチャンピオンズリーグの参加資格すらも無かった位散々たる結果だった。


今年の始めは監督も若く野望ある人材を招聘し並々ならぬ決意で挑んだのだが、監督の提示するスタイルに合わなかったり、選手の間に軋轢があったりと成績不振で監督交代し、次の正式な監督が決まるまでアシスタントコーチが繰り上げで暫定監督という形でシーズンの後半を過ごす事を余儀なくされた。


最早今年のチェルシーは終わったなと誰もが思い始めた所から彼らの快進撃が始まった。

・基本姿勢を攻めるからではなく守ってから隙を突く
・ベテランを軸にチームの改善


という今年のスタイルから180度変えたスタンスに切り替えた(切り替えざるを得なかったのかは分からないが)。

するとあれよあれよというまに世界最強のバルセロナを破り、決勝戦が相手チームのホームグラウンドという状況で行われたバイエルン戦も執念でPK戦までもつれ勝利。


理想としてた形を変えたことで誰もなしえなかった悲願を達成したのであった!


勿論チームに関わる全ての人の努力の賜で今回のタイトルは獲得したのだろう。その全ての人々に1ファンとして感謝だし、何度も悔し涙を流してた過去の鬱積した思いを晴らす瞬間でもあった。


本当におめでとう!!!


来年は有力選手の退団やチームの骨格の再構築などで全く先の読めない展開になったのだが、今までのスタイルがようやく一つの答えを出し、そして今年がそのサイクルに終焉を迎える1年であった事も若干入り混じって、刹那的な戴冠になった気がする。


まぁこれからの事はその道のプロに任せてのんびり観戦モードなのだが、なんにせよ良かった。
チェルシーファンで良かった!


3104
2012年5月18日(金)三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
で行われた音舞宙凛ライブ、遅い時間にも関わらず遊びに来てくれた皆様、その場にいて私達の音楽に耳を傾けて下さった皆様、そしてメンバー及びスタッフの皆様、本当にありがとうございました!!!


久々の三軒茶屋HEAVEN'S DOORでライブラッシュを経てパワーアップしての帰還、如何だったでしょうか?

個人的には直前でやる事が増えて練習もさることながら、サンプリングパッドの調整に明け暮れる時間が長かったです(詳細を書くと2日位かかるので割愛)。
しかも演奏中もちょいちょいボタンの切り替えなどが入っちゃったもんだから、頭の中の整理が追い付かず中々大変な30分間でしたが、曲に合わせてノっている皆様を見て活力を貰った感じです。


そんなアタフタした男が最後尾でドラムを奏でてた当日のセットリストはこちら


2012年5月18日(金)三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
【opposition to pops】

1:gone
2:terminal
3:World Wide World
4:silent movie
5:synesthesia



という王道かつポップ気味なラインナップでお届けしてみました!


ちなみに次回の予定はまだ未定ですが、また更なる研鑽を積み精進してまいりますので、どうぞ頭の片隅に少し「期待」に2文字を盛り込んでお待ちいただければ幸いです。


重ねてにはなりますが、本当にありがとうございました!!!


いや~今回は頭もフル回転だったな~。
とりあえずゲーム(無双OROCHI2)して疲れた頭を休めよう!


3104


※恒例の出発前の写真をパチリ。時間が迫ってる時の1枚で全員揃わず4人しか写ってませんがちゃんと5人で演奏してますのでご心配なく。

眼鏡男子3人の区別は髪型で!
うらやましすぎてその場で硬直
この大都会東京はビルとビルの隙間にデッドスペースが生まれやすいと思いがちだが、そんなのは当人が勝手に思い込んでる事であって、ちょっと冷静に考えたら丸見えだった何て事は良くある。


とある日の事、日もすっかり長くなった昨今の夕暮れ時に、私は高層ビルが立ち並ぶとある街をふらふら歩いていた。そこは線路沿いビルとビルの隙間にはちょっとした緑地スペースなんかもある所であった。

線路は地上よりも上を走り、緑地スペースにも高い気が植えられ、高層ビルが立ち並ぶという中々影も多くデッドスペースがちらほら見える所に差し掛かっていた。


私は用事の時間も迫っていたため少し早歩きでその空間を通り抜けようとしたら視界の端の方でやたらと動く物体が目に入ってきた。


「なんだ?虫か?それにしてはデカイな…」


なんて思いながら視線を物体の方に向けると…


















高校生カップルがビルの隙間で激しく乳繰り合っていたのである…










いや、うらやまCだろ!それ!!!!



ってなってしまった私は先ほど頭のメインを占めていた用事は何処へやら、二度見はおろか歩幅小さめで視線は釘づけのまま通り過ぎようとしている私がいた…



いやかなりアグレッシブでビックリしたのだが、最近の高校生ってみんなそうなのか?
ってか彼らはここがかなりデッドスペースだと思ってるかもしれないが、かなり丸見えだよ…
なんておっさんじみた事を思いながら、彼らの横を忍びの如く気配を消してスルーしたのであった。


まさか…見せつけるためにだとしたら…なんて思ったら益々シボンヌしそうだったので、それ以上は何も考えないようにした。


そんな良からぬ事を悶々と考えて通り過ぎたら案の定約束の時間に遅れてしまい踏んだり蹴ったりな感じになってしまったのだが、


「目の前で高校生カップルが激しく乳繰り合ってた」


なんて言えるはずもなく、己の情けなさをのろうばかりであった。

しかしリヤ充って本当にいるんだなと思いつつ自らの青春時代を振り返ると、本当にろくな事が無かったなと余計に寂しくなってしまったのはここだけの話にしておこう。


いや~、マジでモテる高校生って輝いてるな…


3104
いずれはこうなりたい!
相変わらず少しでも空いてる時間を見つけたらちまちまELECTRIBEをいじってるのだが、その際は常にPCを立ち上げてgoogleとYOU TUBEとニコニコ動画をすぐ見れるようにしてる。


なにせ操作方法は説明書よりも先人達の解説の方が解りやすいし、動画の類はそれを実演してるのもあれば究極の形のもある。
なんにせよ早く若葉マークが外れる位に使いこなして、これで色々な音楽を作りたいと思っている。


ちなみに最近のお気に入り及び目標動画がこちら。


1:Beatmaking in six minutes



2:【ファミマ入店音】ファミマに入ったらテンションがあがった【Remix】



いや~、ここまでたどり着けるかどうかはこの際置いといて、可能性に関してはかなりの物を感じるこのアイテム、しっかりとマスターして自分もいずれは皆様に聞いていただきたいなと思う。


さぁ今から練習するぞ!


3104
音舞宙凛5月のライブのお知らせ
こんな感じで絶賛活動中!


ここ数日音楽寄り道が激しい私ではあるが、本筋の音舞宙凛もしっかり活動しており、今日は5月に開催されるライブが近くなってきたのでそのご連絡をば。

是非とも遊びに来てくださいな!


2012年5月18日(金)@三軒茶屋HEAVEN’S DOOR
【opposition to pops】

OPEN 18:30 * START 19:00
チケット 前売¥2,000 / 当日¥2,300 (共に1drink別)
出演:ジ・アジナーズ / ABCD / TOQUIWA(ex.Pinky Piglets) / デッドバンビーズ / 音舞宙凛


超強力ドラマー加入『ABCD』
アメリカツアーも終え、新体制で臨む『TOQUIWA(ex.Pinky Piglets)』
遂にレコーディングを開始!今年は大飛躍(かも?)『デッドバンビーズ』
メンバーチェンジを経て、より強力な爆裂サウンドをかます『ジ・アジナーズ』、
久しぶりの出演で進化が問われるエレクトロダンスバンド『音舞宙凛』
と目が離せない5バンドが出演!!


という訳で素敵な共演者に囲まれて久々のホームグラウンド三軒茶屋でのライブである。
先日のライブラッシュで得た物、感じた事をこの花金にブチまけてダンサブルな夜に塗り替える予定である。

ちなみに音舞宙凛の出番はラストの21:40~なので、仕事帰りで少し時間が空いた方!私のようにGW特に出歩かなかった方!なにはともあれ音に合わせて体を揺らしたい方!


ご来場心よりお待ちしております!!!


3104

なお詳細やチケットに関するお問い合わせは

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp



info@obtr.jp

までお気軽にお問い合わせくださいな。
我歌う
昨日は七夕に開催されるコピーバンドイベントに向けての初練習が行われた。
私はちなみにボーカルとして青春時代にどっぷりハマったバンドに参加するのだが、今回も豪華なメンツに囲まれてのジャイアンリサイタルに胸が高鳴らずにはいられない!


という訳でスタジオに殴り込み、ありったけのソウルを込めて2時間歌いまくってみた。


いや~久々に大声で歌うのは気持ちがE!しかもカラオケには無い生演奏の迫力が更に気分を高揚させてくれる。


とまぁかなり個人的に贅沢な時間を過ごした後は即座に打ち上げ!
リハーサル自体は22:00に終わったのに、気付けば日付をまたいでしまい、約1名が終電を逃すという初回からイベントテンコ盛りな内容であった。


久々にバカ話オンリーな時間を過ごしたし、前々から一緒に音合わせしたいなと思っていた人とのスタジオは楽しかった。
これで織姫と彦星が出会う日の夜は素晴らしい事になるだろうと期待を込めて、短い期間ではあるが頑張ってみようと思うのであった。


また詳細は追ってご連絡するので、とりあえず七夕の夕方から夜にかけてはスケジュールを空けといてくだされ~。


3104
時間アブソーバ
先日の日記で紹介した

「ELECTRIBE MX」

を購入して数日間、ありとあらゆるサイトを調べてようやくトラックの作り方を覚えた私は、手さぐりではありつつも制作活動に取り組んでみた。

漠然としたイメージとしては


1:ドラムのリズムパターンを作る
2:ベースフレーズを乗っける
3:シンセフレーズを作る
4:ご満悦



という流れになるだろうと目論み作業開始。


1:ドラムフレーズの作成
まぁある意味自分の土俵の作業なのでわりかしフレーズの想像は出来たのだが、それぞれの音色にエフェクトを掛ける事が出来るので、そこで試行錯誤しながらも順調に製作は進む。

2:ベースフレーズの作成
とりあえずブリブリ鳴ってればいいかな?なんて感じで若干雑な発想になってしまったが、気持ちいいポイントを探りつつ、ここでテンションは既にMAXに到達。

3:シンセフレーズの作成
もう既に体をワッサワッサ揺らしてご満悦なのだが、ここで更なる電子音を重ねてキラキラ感を演出したい!という訳で何種類かのシンセサイザーの音色を探す。
しかもこの機械には「アルペジエーター」というとある部分を触ると勝手に自動演奏をしてくれる機能が付いているので、音階に関して若干怪しい私でもやたらに上手いフレーズがバリバリ流れる仕組みになっている。


ちなみにヘッドフォンをしての製作だったため、傍から見たら無音なのに何でここまで狂ってるのだろう?という異様な光景かもしれないが、それは夜の魔力って事で何も突っ込まないで頂きたい。

そしてここまで来てもう色々な物がエレクトしてこの最高潮を保存しようと思いボタンを触ろうとしたら…



違うボタンを触ってしまい誤作動を起こしてとんでもない曲に様変わりをしてしまった…



あわわわわ…と即座に修復を試みるが一向に戻らず、何ならどんどんひどい方向に流れていく始末…



泣く泣く恍惚のひと時を強制終了した後、ふと我に返って時計を見たら作業開始から3時間も経過していた…

あぁ3時間かけてパニックになって何にも形に残らなかったな~、なんてさびしい思いをしながら枕を涙で濡らすのであった。


またリベンジだ!!!


3104
グリーンボーイの憂鬱
先日とある用事で外出した時に、たまたま目的地の近くで何かの資格に関する試験が行われていた。
新入社員と思われるリクルートスーツからちょっとシャレオツな方向に飛び出した若者から、中年男女という中々年齢層が幅広く見受けられたので、何か自分達の仕事に必要な資格に関しての試験だった様子。


丁度私が遭遇したのは試験が終わった直後らしく、出口で若者たちが集団で固まりあーだこーだ喋ってた。
まぁその試験が中々大変だったのかは知らないが、発する声が若干世間の平均値よりも高めだったので、それなりにハードルの高い試験だったのであろう。

全員がその達成感に包まれ興奮冷めやらぬのか?はたまたこのまま会社に戻って仕事が面倒なのか(15:30頃)?
迷えるグリーンボーイの咆哮が耳に飛び込んできたのである。


A子「いや~、試験終わったけど、もう仕事辞めたいんだよね!」

B子「わかるわかる!私もそう思ってた所!」

C男「俺もそうだよ!!!給料低いしやってらんねーよ!」

A子「DA・YO・NE!?私なんか●●が△△で…」

B子「SoSo!!!私も■■で××が…」

C男「ホントもうあの時あっち行っとけばな~!!!」



ってな会話をRepeat Allで何回も繰り返していた。

もう3周目位で誰か


「んで辞めるの?辞めるなら上司に直接言えば?」


という至極真っ当な意見で場をまとめてくれないのかな?なんて期待してたのだが、やはり早い段階で同期の関係に溝を作るのが賢明でないと判断したのか、皆それぞれに相槌を打って熱が冷めるのを待っているようだった。


確かに新入社員として入社したなら約1ヵ月。言いたくなる気持ちも解らんでもないが、ここで辞めてDOするよ?って感じは否めない。
ってか仮に辞めたとしてこれからカネが無尽蔵に湧く所に住んでない限りはどうしたって働かなきゃならない訳である。
勿論履歴書だって入って1ヵ月で辞めたっていうのも書かなきゃいけなくなるだろう。それが新たなフィールドに飛び込むにあたって自分にプラスになるとはどうしても思えない。

まぁ本人達も解ってるだろうから実行には移すことなく、叫んで同調者を募って、ある程度のストレスを発散したいだけなんだろうけど…のんびりとした昼下がりに聞くような話ではないのは間違いない。


きっとこれから先、今よりも遥かに凄まじいストレスが降りかかってくるだろう。けど

続けてればいい事あるよ!

って無責任なエールを心の中で送りながらその場を後にするのであった。


3104
新たな世界を見に行こう
今年のゴールデンウィークはカネもなく、本番も立て続けに入っていたため、当初予想した通り特に個人的に旅行や遊びや散財する時間は無かった。

勿論その合間をぬってゲームしたり、先輩から飲み会の誘いと細々したイベントはあったのだが、
全然ゴールデンじゃない!悔しい!そして良く頑張った自分!
ってのをどうしても盛り込みたかったので、自分ご褒美を探しに楽器屋に入ってみた。


向かった先はドラムコーナーではなくDJシーケンスが置いてあるブース。
そして前々から欲しかったコイツを手にとってレジに向かっていった。

「KORG ELECTRIBE MX」

頑張って使いこなすぞ!


以前に有名動画サイトで何気なく実演動画を見て以来ハマった経緯もあり、自分もいつかこんな風に出来たらいいな~、なんて思ってた部分もあったし、自分の曲作りにまた新たなスパイスとして使いこなせたらな~なんて思っての購入である。


個人的にはまず手に入れてそこから操作方法や活用法を見出す傾向が強いため、周りから見たら若干見切り発車で冷や冷やな部分もあるかもしれないが、本人は至って想像の範疇であるし、イレギュラーなケースが出てもそれなりになんとかなるだろうと楽観的でいるので今回も例に漏れずそんな心境である。


とか何とか行ってみたものの、購入後速攻で電源を入れてさぁビートを作りこむぞ!なんて思って早速いぢってみたのだが…





良く分からない…





と皆が「ほら見ろ!」と言いたくなるような状態に陥ったため、今は



「ELECTRIBE MX 初心者」



で検索し、しらみつぶしに色々調べてる最中なのである…


3104
2012年5月6日(日)risetteライブ@渋谷HOME
にご来場下さいましたお客様、出演者及びスタッフの皆様、そしてメンバーの御三方、本当にありがとうございました!!!


risetteとしては約半年ぶり、東京開催に至っては1年半ぶりのライブでした。
今回もサポートドラムとして参加させていただいたのですが、イベント自体もソールドアウトで大盛況に終わって何より。


今回も例に漏れずボリュームたっぷりの内容でしたが、皆様如何だったでしょうか?


とまぁここからは個人的な話で茶を濁すのだが、
いや~、やっぱりビビりーな私の性格上毎回凄く緊張する…
他の4人は常にクールなので、そんな中一人でアタフタしたりテンションを強引に上げたりしてるのが余計に目立ってしまう…

いや自身のバンドでも勿論思いっきり緊張するのだが、またそれとは違った緊張感があって毎回ヒリヒリしてる。(まぁそれを自らの課題にして取り組んでる所もあるのだが)
けれどもお客様が楽しんで頂くのが一番なのでそれが満たされていたのなら何よりかと。


そんなこんなで今回もどうにかこうにか10曲演奏のミッションも達成し、連休中もスタジオに籠ってあーでもないこーでもないと準備に費やしていた事もあり、

「ようやく心落ち着く時間が訪れるな~。」

なんて思ってたら、本編終了後有り難い事にアンコールが起き、カムバックアタフタで軽く尿意が湧きおこっていたのはここだけの秘密にしておこう。

本当にこちらとしては何も準備しておらず、事前の段階でもないだろうというメンバーの判断のもと、完全に今回演奏の10曲だけに脳みそをフル活用していたので、本気でステージ上で演奏する曲について話し合っていたのであった…


けれどもそんな中何とか行けそうなんじゃないか?って感じで演奏したのが「タウンホールミステリーツアー」
この曲はアルバムも私自身が演奏しているので、大部分は体が覚えていると信じて、後は要所要所を思い出しながら演奏していた。


もうホント尺間違えなくて良かった!しっかり出せる物は出し切ったな!って感じでゴールまで辿り着けて本当に安心した。皆様本当にありがとうございました!


イベント終了後はライブハウス内で打ち上げ。
ようやくお酒も飲めるようになったので、早速イベント用にこしらえたオリジナルカクテルを頼んでみる。

ジャケットの色をイメージしてのカクテルです。

そして皆様と歓談し長い一日が終わりを告げるのであった。


ちなみにrisetteの次回ライブはまだ未定であるが、リーダーは秋位にやりたいけど…と言っていたので今年はもう一回召集がかかるやもしれません…
まぁその時は勿論ベストを尽くすだけだし、こちらでもお知らせする予定なので、その時が来るまで私も皆様も気長に待って頂ければと。


3104
昔の我が街
先日ちょいと用事があって品川に行ってきた。

この街は私が上京して初めてのホームタウンと呼ぶにふさわしい街で、大学がここにあったというのも理由の一つだが、1年の大半はこの街を拠点に生活してた。


今は新幹線も通り駅前も綺麗になってシャレオツな街に様変わりしたのだが、私が大学に入学した時は全然そんなことなかった。

そもそも品川駅には改札が2つあり、大学に通じる改札はホームの下の地下道をくぐって向かっていた
高輪口はそれはもうハイソな空間で改札も地上なのに、オフィス街がメインの港南口は地下をくぐってから地上に上がるシステム。
それはもう雨の日とかは最悪で、雨漏り全開の道をおっさんの加齢臭満喫の状態で歩いていたのは今でも覚えている。


それが今や駅の中もシャレオツ、改札も港南口もシャレオツ、何なら大学の近くにTSUTAYAが出来ててたまげた…
(当時はCDショップやレンタルショップを熱望していた背景あり)


ついでに大学もちらっと見てきたのだが、久々のキャンパスにドキドキしつつも新しい建物が増えてたり、ウチの名物でもあるクジラの骨の標本が中に入って鑑賞可能になっててビックリした。


今は距離も遠くなって頻繁に訪れる事は少なくなったが、やっぱり昔と変わらない景色があると何故か安心する。
昔先輩がオリジナル曲で
「我が街品川」
という地味な品川を憂う曲を作っていた時に盛り込んでいた希望が、今目の前に実現していた事に改めて感動してしまった。


本当に様変わりしたな~なんて思いながら今の我が街池袋に帰ってきたら大学時代の先輩から遊ぼうぜと連絡が来た。

なんだか当時を思い出すイベントが多い一日だったから喜んで誘いに乗り夜の街に繰り出したのであった。


3104
久々のLIVEなので準備は万端に!
最近は今年のGWの最終日に行われるrisetteライブに向けての準備に追われる日々を過ごしているが、皆さんの今年のゴールデンウェークはどんな予定なのだろうか?


ちなみに今回のrisetteライブは45分位の演奏時間があるため、毎度のことながらボリュームたっぷりのライブになる予定。

しかも今回はバンド演奏では名古屋で初お披露目した新曲2曲もあれば、私が参加して多分初めて演奏する曲もあるし、カヴァー曲もあり~のと中々の彩り豊かなラインナップを予定してるので是非ともたのしみにしていただければと。


とはいえそうなると準備が大変!しかも皆さん多忙だからリハの回数も少なめ…
(なのにリハーサルのスタジオを間違えてしまうドジっ子さんがいたのはここだけの話)


なので全員集合する時間が限られてるからこそ、自分で出来る事は前もって済ませておくのが基本になっている。

勿論今週は最後の追い込みって事で後何回か個人でスタジオに籠って、己の部分についての最終調整を行い皆様のご来場をお待ちしているのでどうぞお楽しみに!


個人的にはオーソドックスなドラムセットでポップスのドラムを演奏するのが新鮮だし、いかに曲や歌を引き立たせるかに重点を置いてるので、当日はそんないつもとは違う一面ものぞきこんで頂ければと。

という訳で最後はそのライブのお知らせ!チケットも有り難い事に残り僅かになってきたようなので、迷ってる方がいらしたら早めにどうぞ。

2012年5月6日(日)
渋谷HOME
POPS PARADE Vol.2『MEET MUSIC LIVE』
開場18:00/開演18:30
前売2800円 / 当日3300円(各1D別)
出演:risette / WATARU KUBOTA(空気公団 / 芯空)/ 杉本清隆(orangenoise shortcut)and more
DJ:dj-plex(Stock Room Project)


risetteの出番はラストの20:20からになります。


3104

なおチケットの予約やお問い合わせは

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

までお気軽にご連絡ください。
祭りの後
ライブ当日の会場に入る前はゲームをしてテンションを高めるととある日の日記で書いた事があるのだが、逆に
ライブが終わってからの行動と言えば、


とりあえず打ち上げで頑張った自分に感謝する時間を設けて適当な時間に帰る。


ってのがまぁよくある行動パターンなのだが、勿論終電の時もあれば朝の時もある。最近はやたらと日程が詰まってた関係で終電帰りを余儀なくされる事もあったが、基本的には「家に帰るまでがライブ」だと思ってるのでそこまではしっかりとやり遂げているつもり。


そしてその先のプライベートエリアまでゴゴゴッと入り込むならば、家に帰ったらまず


・機材の片付け(しっかり片づけないとすぐ部屋が狭くなる…)
・洗濯物をまとめて洗濯機へ(これから益々洗い物が増えそう…)
・お風呂に入る(どんなにお酒を飲んでも必ず入る…)



ってな生活臭満点な業務をこなしてからようやく一息。

けどいつも本番終了後の夜はそんなに寝つきが良くないので、スポーツニュースをチェックしたりコラムを読んだりと活字を目に入れてクールダウン。

そして翌日はほぼ1日オフにしてるから、午前中に起きて



速攻でプレステ3の電源オン!!!(久々に登場のおはようプレステ)



からの深夜までゲーム三昧である…


まぁ大抵夕方4時か5時位に眠気のビッグウェーブが来るけど、これに飲まれたら夜眠れなくてサイクルがダダ崩れするので、カフェインの大量摂取及び興味があるものオンリーの環境で乗り切る様にしている。

んでもって夜の健康的な時間(とはいえ深夜)に眠って1日がかりで生活リズムを基に戻すのが通例となっている。


今回のオールナイトはイレギュラーだったので、朝というかアニメが始まる時間帯に眠り、クイズとオセロが一緒になったテレビ番組が始まる頃に起きて今まで通りのパターンでリズムを戻そうとしたのだが…


その翌日も若干疲れが残ってしまっていた…


気合入れてゲームしすぎたかな?なんて思う事にして、本当の原因は年齢によるものだという部分はひた隠しにしておきたいと思う。


3104

とはいえその翌日は早めに休んだからすぐに回復したので、心配は杞憂に終わって一安心。
まだまだいけるぞジブン!!!
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。