FC2ブログ
3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201112<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201202
マイノリティだとこれが辛い… 中編
~前回までのあらすじ~
ライブ直前で愛器が故障者リスト入りしてしまいパニックの私。
日本で一般的知名度がある楽器だったら復帰も早かったのだが、そこはニッチな性格が災いし、日本ではあまり取り扱いが少ないメーカーを愛してしまったもんだから余計にてんてこ舞い…
果たしてどうなってしまうのか?


とりあえず以前この楽器を購入した某新宿の楽器屋さんに電話を掛けてみる事にした。


店員「はい、●●楽器新宿店です。」

3104「あ、すいません。以前(約6年前に)そちらでスネアを購入して、今回ラグが壊れてしまい、その修理に関して問い合わせしたんですが…」

店員「ありがとうございます!ちなみにメーカーはどこですか?」

3104「あ、あの『OCDP』なんですが…」

店員「あ…そうでしたか…」

3104「しかも現行モデルの1つ前のタイプなんですが…」

店員「ん!?そ、そうでしたか…」



と明らかに素性を話した時点から受話器の向こうにも暗雲が立ち込め始めていた。しかしそこは楽器屋さんの底力、

店員「では、一度以前代理店をしていた所にこちらから問い合わせしてみますね。もしかしたらラグだったら部品があるかもしれません。」

と少し希望が見える応対をしていただいた。
ハッキリ言って藁にもすがるような状況だったので、連絡先を伝え返事が来るのを今か今かと待ちわびた。


そして数日後私の携帯に希望の光が文章となって差し込んだ!!!
↓↓↓↓↓↓

お待たせ致しました。ご問い合わせいただいておりましたOCDPのラグが入荷いたしま
した。画像を添付してございますのでご確認くださいませ。

まさにオンリーワン…

ご存知かと思いますが現在OCDPは日本に輸入元がなく、今後はパーツの供給が難しい
状況となっております。
今回入荷したラグは表面のメッキに不良箇所が見られるのですが、残念ながら以前輸入元であった会社にはこの1つしか残っておりませんでした。
使用上は問題ございません。お値段は¥●●●●(税込)です。
不良箇所があるため、本来有料のガスケット(シェル保護用のプラスチック板)は無料でお付けします。
以上よろしくご検討くださいませ。ご不明な点はご遠慮なくお問い合わせくださいませ。



もうメッキがどうこう言ってる場合じゃないので、即購入の意思を伝え当日楽器屋になだれ込んだ私。


3104「あ、あの~。先日OCDPのラグの件で…」

店員「あ、3104さんですか!?お待ちしてました。」



と挨拶を最後まで言い切る前に向こうが気付いてくれた。やはりこの楽器を使用してる人は今となっては珍しいのであろう。その後ちょっとしたドラムについてのお話をし部品を受け取ったのだが、最後にどうしても気になる事を聞いてみた。


3104「あの~、今回は運よく部品がありましたが、もしまた同じような事が起こった場合はどうしたら…」

店員「そ、そうですよね…私が連絡した時点このラグは今回のこれがラスト1つだった様なんですね…なので次回同じものをとなったら輸入元に直接問い合わせして個人で輸入する事になるのかもしれませんね…」



と軽い目眩がしそうな現状を報告していただいた。
もはやそんな事を気にしてしまったらこの楽器自体叩けなくなってしまうので、それは時空のかなたにポイと投げ捨て、慎重に部品を取り付けた後戦列に復帰を果たすのであった。


そんなこんなでピンチを乗り切った今回の事件。
一瞬本当にどうなるかと思ってたが何とか切り抜けられた事に軽く調子こいて、

「俺今ツイてるかも!!!」

なんて思っていたある日の事。
いつもの様にスネアのメンテナンスをしつつ、

「さあ~て、今回も乗りこなすZO!!!覚悟しろよ!!!」

なんて息巻いてたら…



















ガゴッ!!!ガゴッ!!!ガゴッ!!!





と立て続けに記憶から消去しかかっていた鈍い音が…















ひょえぇぇぇぇぇぇぇっ!!!











前回と違う場所で、しかも3か所から同時に悲鳴を上げた…




もう本当に終わったかもしれない…
あまりのショックに惨状は何も起きなかったと言い聞かせ、中途半端なままであったが強引にスネアケースに入れて以降は何もせず寝る位の衝撃が走った…


ほんとうに、ホントに、本当にDOしたらいいんだ!!!


続く…


3104
スポンサーサイト



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.