3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201112<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201202
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音舞宙凛2012年初ライブのお知らせ
さてさて月も変わり目に差し掛かった昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私が所属しているバンドも2月から本格的に動き出すのが多く、今月は地下に籠って創作活動に精を出していた次第である。

そんな中、私が所属する人力エレクトロポップバンド音舞宙凛の2012年初ライブが迫ってきたので、今日はそのお知らせをば。

それでは皆様活目して確認を!

2012年2月5日(日)
三軒茶屋HEAVEN’S DOOR
[opposition to pops]
 
OPEN 18:30/START 19:00
チケット 前売¥1,800/当日¥2,100 (共に1drink別)
出演 高速スパム / BALLOON88 / 妖精達 /Foollens / 音舞宙凛


 「そらみみ~あ~わ~」でお馴染みの安齋 肇がVo.を務める『Foollens』が久々の出演!
共演はコミカルなMCと、どこか昭和を感じさせる楽曲がウリの『妖精達』、ディスコロック界が生んだ申し子『BALLOON88』、癒し系四ツ打ちサウンドの『音舞宙凛』、個性派ダンスサウンドを奏でる『高速スパム』と笑顔で体を揺らすバンドを揃えました。


という訳で新年早々豪華な共演陣に囲まれての2012年の初ライブ!メンバー全員気合入りまくりですのでどうぞお楽しみを! 
我々音舞宙凛の出演時間はラストの21:40からですので、日曜の夜サザエさんを見て切なくなる前に三軒茶屋に遊びに来ていただければと。

皆様のご来場心よりお待ちしてます!!!


3104
スポンサーサイト
雪を噛めっ!!!
つい先日東京都心にも雪がもっさり降り、久々の雪化粧を見たのだが、一向にテンションが上がらない自分にやっぱり北国の人間なんだなと改めて感じてしまった。

いや確かにキッズのころは雪が降るとテンションが上がって、お気に入りのスノトレなんか履いちゃって、


「俺のスノトレは4WDなんだZO!!!」
※足の裏に金属のスパイクが付いてる靴。スパイクが4つ付いてると4WD、2つだと2WD。
これだと2WD



と自慢してたりもしたのだが、今となっては

「嗚呼…電車が遅延しそう・・・」

とか

「嗚呼…道路が渋滞だな…」

なんてネガティブな事しか思い浮かばなくなってしまった。


まぁそんな雪の日に思う事と言ったら、












大雪のニュースで流れる映像の人が転び過ぎ!!!





ってこと位である。
マジでキン肉マンかよ!って突っ込みたくなる位に何度も空中を掴んでる女性の姿が映し出されてて、


「そんな歩き方じゃ転ぶの当たり前だろ!!!」


と説教したくなる気分なのである。

ちなみに歩き方のコツが2つあって、1つは






雪を噛む





である。

どういう事かというと、なるべく人がたくさん通ってる道は歩かず、雪が積もってる所を選んで歩くのである。
やはり転ぶ確率が高いのは圧倒的に氷の部分。人が通る事によって舗装されてアイスバーンになり、益々転びやすくなるのである。

という訳で某有名バンドが叫んでる「こなぁ~ ゆきぃ~♪」を見つけて歩く事をお勧めする。

そしてもう一つ




基本は前傾姿勢




大抵転ぶ人の重心は後ろで、ツルっとなった瞬間に豪快に背中を打ちつけるパターンが多数見受けられる。
勿論頭から落ちると危ないし、後ろの防御は基本的に甘いので、最悪前に倒れこむような気持ちで歩くとベター。
(逆に前に倒れそうになると手を使えるし)

以上に挙げたこの2つの基本操作があれば普通のスニーカーはおろか、ラバーに凹凸のない革靴のようなタイプでも普通に歩けるのである。


という訳でまた東京に雪が積もった際は是非ともトライしてみてほしい。



3104
おバカな企画にチャレンジしよう ~予告編~
このひっそりと過疎化してる過去日記の期間にバカバカしい企画をぶちまけてみる。

それは


平成24年度のセンター試験で一体何点取れるのか?


という非常に自分のバカバカしさをさらけ出す内容である。


当時はマジで一生分をこの期間でしたと思える位勉強したのだが、その後さっぱりする機会もなかったが、今回急に思い立ったので取り組んでみようと思う。


ちなみに参考までに

1:当時から約●●年程期間が空いている。
2:勿論それ大学入学以降は一切勉強してない。
3:大学の時の単位は謝罪と出席で全体の8割ほど取得。
4:勉強は今でも心底嫌い。


という今の私のアビリティで何点取れるのだろうか?
当時の栄光は夢なのかそれとも…今から既にかなりドキドキしてるのだが、その前にルール説明。


※ルール
1:受験教科⇒『国語』『数学(Ⅰ・A、Ⅱ・B)』『英語』『生物』の4科目(当時の受験科目と同じ)
2:時間無制限(そこはハンデが欲しい)
3:試験まで一切の予習禁止(あくまで現時点の自分の学力測定の為)
4:電卓使用可
5:リスニング問題は省略



という設定でいかに当時の自分と今の自分に学力の差があるのか検証してみようと思う。

ちなみに参考資料として今年の平均点は

国語 ⇒ 107.62点(100点満点に換算すると53.81点)
英語 ⇒ 118.14点(100点満点に換算すると59.07点)
生物 ⇒ 69.70点
数学「Ⅰ・A」 ⇒ 48.96点
数学「Ⅱ・B」 ⇒ 57.12点
3104受験予定の全教科合計点 ⇒ 401.54点(平均点は57.36点)


となってるが、せめて平均点位は取れれば嬉しいかなと思ってる。
まぁ私が何点取れるのか予想の為に皆で酒を飲みながら予想してくれたら幸いである。


勿論結果に関しては後ほど必ず報告するので、それまではしばしお待ちを。


3104

ちなみに問題はここ

「大学入試センター」

にUPしてる問題をダウンロードして行う予定である。
ロケットダイブ
とある日の夜の事。いつものように電車に乗って移動してたらその日は生憎座席が埋まっていたため、立ったままの移動を余儀なくされる状況であった。

そんな中途中乗車してきたツルピカはげ丸君のようにスキンヘッドのおじさまが私の隣に立った(自分で剃ったではなく自然と進化した形でそうなったと思われるタイプ)。

そのおっさんは強いこだわりがあるのか知らないが、乗ってきた時から吊皮には一切捕まらず己の2本の足でしっかり立っていた。

そしてその前にはビックリする位熟睡している男女・・・

最早この時点でかなり嫌な予感がほとばしっていた。
折しもこの日はダイヤが少し乱れていたせいか若干運転も荒れ模様、まぁ気付かぬのは等の本人のみで何の訓練か知らないがよろめきはするものの決して吊皮につかまろうとしなかった。


こうなると期待せずにはいられない私としては、その隣で運命の瞬間が来るのはいつになるのかドキドキしながら待っていたら、案の定途中かなりハゲしく横揺れが発生し、「あっ!」と思った次の瞬間・・・





















おっさんが頭ごと熟睡してる男女の間に突っ込んでいった・・・








熟睡してた男女は当然飛び起きて、突然の出来事に何が起こったのか一瞬解らない様子で辺りをキョロキョロし始めたのだが、すぐさま自分の近くにめり込んでいるおっさんのピカピカの頭に気付いたようで、半ば寝ぼけ交じりで2人とも飛び上がっていた。


そして男子は次の駅が最寄り駅だったようで、ビックリした顔のまま下車。
女子は状況が理解できないままとりあえずスマホを取り出して、ツィッター友達にメールで状況を報告してた。


まぁ私は必死でコートの袖を噛んで笑いを堪えていたのだが、そのおっさんは懲りもせず男子が去った席に座ることはなかったがさすがに次からは吊皮に捕まるようになったので、人間魚雷の2発目は見る事が出来なかったが、1撃でも十分に満足した私は、池袋を降りる時心の中でおっさんに感謝した事は言うまでもない。


3104
目のやり場に困ったら・・・
最近はすぐに携帯を見て何事もなかったように振舞うのが一般的かと思われる。
まぁ私もほくそ笑みながらさりげなく携帯のディスプレイを眺め、笑いを堪えるのが習わしとなっている。


というのも先日電車に乗っていた時の事。
途中駅からプチガラの悪い男子アルバイト感覚で夜の蝶ををやっていそうな女子のカップルが乗り込んできた。


電車は立ってる人が車両に2ケタ満たない程度の混雑であった為、そのカップルは易々と隣通しの座席を確保し着席早々に激しく乳繰り合ってた

男子の方が圧倒的にお間抜けで、静かな車両を切り裂くぐらいデカい声でじゃれあって女子はクールビューティーに捌いてる光景が何駅かずっと続いてた。


そんな中不意に女子が今現在どこか気になったようで、とある駅に到着しドアが開いた時、


女子「ねぇ~、ここドコ~?」

男子「えぇ~!?●●じゃね~!?」(そんなことよりイチャイチャしようZE~!)

女子「えっ!?今日●●に行くんじゃなかったっけ!?」

男子「ん?そうだっけ???」

女子「やばい!降りなきゃ!!!」



と今までの気だるいやり取りは何処へやら、カップルが猛ダッシュで電車から降りようとしてた。
もう既に発車の時を告げる音楽が流れてるにも関わらず、脇目も振らず駆け込み乗車ならぬ駆け込み降車にトライするカップル。




プシュ~~ッ・・・




という音と共にドアが閉まり、付近にいた20名位のオーディエンスが事の結末を眺めていたら・・・


















彼氏だけ車両に取り残されていた・・・
















周りのオーディエンスは笑いを堪えるのに精一杯の様子で必至に見てない空気を醸し出しクールに振舞っていたのだが、彼氏のあまりに切ない顔とバツが悪かったのか周りに睨みを利かせるような態度に出たため、皆の感情が決壊したのか、



そこにいた人全員が携帯電話を取り出して画面を眺めることでやり過ごそうとした・・・



まぁ私も堪え切れずツィッターにつぶやいてしまったし、周りの人も友達に

「バカップルの彼氏が電車に置き去りにされた場面に遭遇(爆)」

なんてメールを送ってたと思う。



そんな彼氏も周りにガンを飛ばしまくった揚句、気まずい空気に耐えられなかったのか一駅区間中ずっと携帯の画面を見てた。


そんな感じで全員が携帯を眺めがら3分間過ごすという珍妙な景色が広がりつつ次の駅に到着したのだが、案の定彼氏は疾風の如く電車を降り、反対車線のホームにダッシュしてた・・・



いや~、ホント電車って色々あるし危険だなと改めて思う冬の寒い日の出来事であった。

まぁ私にはそんな事をする相手がいないから起きようがないのは触れないでほしい所である…


3104
変化の波 後編
~前回までのあらすじ~
音舞宙凛のサウンド指向の変化により、従来のドラムセッティングでは不具合が散見されるようになった頃。
どうにかして解決策を見出さなければとウンウン唸っていた所に、希望の光が差し込むアドヴァイスがこぼれるのであった・・・




潤「俺リモートハット持ってるけど使う?」


彼のドラム機材マニアっぷりはメンバー周知の事実であったが、まさかそんなものまで持っているとは思いもよらず、即答で、

3104「とりあえず貸してくれ!」

と反応していた私がいた。


ちなみにリモートハイハットとは、従来のハイハットが

基本位置はスネアの左側

こういうタイプでスネアドラムの左側に設置し、シンバル類の中で唯一開け閉めを行い音色を変える事が出来(開閉の調整は左足)、ここで前述の

「ッチー♪ ッチー♪ ッチー♪ ッチー♪」

というサウンドを作ることができる。

しかしこの画像を見ると気付くように、設置した場所の真上にしかシンバルを置けない。
そこでリモートハットは、開閉の調節は左足で出来るが、実際に叩く所を

セットに時間がかかりますがこれがないと今は無理・・・

こんな感じで自由に選べるのが最大の特徴なのである。


なぜこれが必要かというと、この時点でスネアドラムはいつも通りの位置で、サンプリングパッドはその上に置こうというアイデアで固まりつつあった。だがタムの位置に置いてしまうと、ハイハットとサンプリングパッドを叩く時に右手と左手がぶつかる率が極端に上がってしまう。

という訳でこのアイテムを使う事によって、もうひとつハイハットをセットの右側に置き、交差による接触事故をを防ぐ事が出来るのである。


ようやく新しいセッティングの青写真は描けたので、早速スタジオで検証開始。
そしてその際に使用頻度の低い部位を外そうとも思いあれこれ悩んだ末に、

音舞宙凛用セッティング完成!

タムライドシンバルを外して、その位置にサンプリングパッドとリモートハイハットを置く事にした。


これでスネアドラムを使う時には左側のハイハット、サンプリングパッドを使う時は右側のハイハット、という感じで使う場面を分けて、かつハウス特有の裏打ちもしっかりできるようになった。


とまぁこんな感じで紆余曲折が色々ありつつも、新しいセッティングが完成し今に至ってる訳だが、

若干セッティングに時間がかかる

というプチ課題点もチラホラと・・・
けどそこは自分のキビキビ動ける体力頭の整理能力を磨いていくことにより時期解決できるかとは思っているが、どうぞそれまでは関係者の皆様


暖かく見守ってください!!!(切実)


変化の波 終


3104
変化の波 前編
少し前の事だが、2011年の夏(正確に言うと8月7日のイベントの時)から音舞宙凛の時はドラムのセッティングが大幅に変更になった。

以前は

音舞宙凛以外はこんな感じです。


こういったタイプで俗に言う「1タム1フロア」セッティングで、スネアドラムの左側にサンプリングパッドを置くという某有名動画サイトでライブ動画を見てるとちょくちょく遭遇するセッティングである。


勿論私もそういうライブ動画から参考にしてそのセットでドラムを叩いていたのだが、曲中でサンプリングパッドを使う頻度が高くなってきた事により、以下に挙げる3つの問題点が浮上してきた。


1:フィル(おかず)などの際に他の打楽器と距離が離れてるためミスショットや繋がり等に多少違和感を感じる

2:体全体が左を向く時間が多くなってしまったので、他のメンバーとのアイコンタクトが困難
(サンプリングパッドの叩くところが他の楽器よりも小さいので、そっちに集中してしまう所も有)。

3:ライブハウスでの設置の問題(ドラムセット左側にモニターがあってその間が窮屈な時がしばしば)



という部分でそろそろどうにかしなきゃな…なんて思っていた。


そんな中リハーサルで試しにスネアドラムの位置にサンプリングパッドを置いて演奏したところ、思いの外フレーズの流れがスムーズだった。
そうなるとやはり自分の体の正面付近に設置した方がイイのかな?なんて考えていたのだが、そうなるとまた新たな問題点が2つ発生してしまう。それは…


1:スネアドラムの位置
やはりまだライブ中に使う部分も多いのでこれは外せない。
しかもなるべくドラムセットの左側には場所の問題がるので設置できない。

2:ハイハットシンバルに関して
どうしてもハウスエレクトロなジャンルのサウンドを奏でる為、どうしても
「ッチー♪ ッチー♪ ッチー♪ ッチー♪」
という音がどうしても必要。これがスネアドラムを叩いていても、サンプリングパッドを叩いても奏でられるようにしなければならない。


という課題があった。

最早現状のセッティングではどうしてもクリアできない問題点があるのは分かっているが、かといって解決策がどうしても浮かばない・・・そんな感じでウンウン唸っていたら、ドラムマニアでもある横田潤から素敵な提案が出されるのであった…


続く


3104
私にも良い習慣
いつかのツイートでも書いたが、私はこのCMが大好きなのである。(しかもそれをツイートをした瞬間にこの会社からつぶやきをフォローされてしまった・・・)


メナード CM「キチンと」篇




メナード CM「お花」篇




メナード CM「太極拳」篇





確かに深田恭子さんがビックリする位にかわいくてドキドキするのだが、それよりも何よりもこのCMのメロディが凄くE!!!


そして最後の字余り感たっぷりな所がたまらない!!!


目下アセロラ体操の振り付けとこのメロディを大合唱できる猛者を激しく募集中なので、感銘を受けた方は

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

まで是非とも!


3104
人生の門出 後編
~前回までのあらすじ~
QWERTYのBassでもあるKOHTARO君の結婚パーティーに招かれた私。
最前列のベスポジ確保で式が始まったのだが、幸せの時間はまだ始まったばかりである・・・



会場いっぱいに響く拍手の中新郎新婦が入場した後は幸せMAXの儀式である「ケーキ入刀」

素晴らしいパーチーでした

自分の席を動かずにこの写真が撮れるのは有り難い。
その後も繰り広げられるイベントやバンド演奏なんかも最前列でで味わえるのは格別である。

またこれだけ近くだと新郎新婦の何気ない行動までが目に入るので、うらやましいやらほほえましいやらで目のやり場に困ることも今回初めて知った。


そんな皆でコナミワイワイワールドな感じで楽しんでいたら、こういったパーチーではお約束の景品がもらえるミニゲームが開催された。

今回のゲーム形式は入り口で撮ったポラロイド写真をボックスに入れ、新郎新婦がその中から引いた人にプレゼントという流れであった。
しかも気が利いてる事にバンド関係者と彼のもう一つのフェイバリットでもある釣り関係者の二つのボックスに分かれており、釣り竿ウクレレなどそれぞれのジャンルの関係者が喜びそうなものもそれぞれに用意していたのも素晴らしかった。


そんな素晴らしい気遣い溢れるプレゼントも残り最後の一つでかつ目玉商品が登場。
これも老若男女問わず共通で1位だとわかる「ディズニーランドorシーのペアチケット」が発表される瞬間が来た。

全席共通で自分に来い!と強く願う一品であり、私のラマン(音楽的な意味で)のNA●Iさんも目が血走るほどに欲しいオーラが出てた。
まぁ彼になんかしらのプレッシャーが掛ってたようで、祈るように抽選箱を眺めていたから、


3104「おっ!?あんたに当たるんじゃね!?」


なんて茶化しながら運命の一瞬を待っていたら、


















新郎新婦「ペアチケットは3104君!!!」






マジで!?と思ったコンマ数秒後にはもうガッツポーズしてた!隣の彼には悪いがもらえるものは喜んで頂く主義なので譲る気などサラサラなく喜び勇んでもらいに行った。

しかしここで熱狂から冷めて冷静に考えると、とある難題に気付いた・・・


















誰と行こう・・・















まぁそれは追々探すとして、まずは新郎新婦の愛情をしっかり受取り、そしてありったけの感謝を添えて挨拶もさせていただいた。


その後はバンドマンならではのライブが目白押しで1夜限りの再結成があったり、新郎もステージに上がっての演奏

じつはこの頃はまだ出会ってませんでした。

などがあり大いに楽しませてもらったし、この場に読んでくれた新郎新婦に改めて感謝である。


そしてフィナーレでもある式の最後の新郎新婦からの挨拶があったのだが、


毎度の如く号泣・・・


速徳光さんと同じ位速攻で涙腺が決壊し、ポケットティッシュがその瞬間で全部なくなってしまい、私のテーブルだけ爆笑がこぼれていたが、それ位素晴らしい挨拶であったし素晴らしい内容だった。



とまぁ駆け足であったが、友達の人生の門出を祝う瞬間の素晴らしい一日を2回に分けて書いてみた。
どうぞこれからは二人で末永くお幸せに!!!そしてありがとう!!!という言葉で今回のシリーズを締めくくらせてもらおうと思う。


人生の門出 終


3104

追伸:例の景品が当たったからといって

「俺(私)ならそれ有効活用できるから譲れよ。」

といった悪魔のささやきは勘弁!せっかく貰ったんだから、自分で出来る限り頑張るつもりなので暖かく見守ってくれ!
人生の門出 前編
個人的にマナー常識が欠落してるくせに、人の結婚式とかパーティーに参加するのは大好きである。
友人達の幸せMAXな表情を見るのも楽しいし、その瞬間に自分が携われた事に感謝する時でもある。


という訳で先日QWERTYのメンバーでもあるKOHTAROの結婚パーティーに参加してきた。
場所は渋谷のシャレオツな音響設備も整ったホール。
新郎新婦との出会いはQWERTY開始の時が初めてで、それから約2年と今回の列席者の中でも大分付き合いは浅い方なのだが、運よくお呼ばれした次第である。


そんな中自他共に認める冠婚葬祭オンチの私としては、いつも誰かしらお目付け役がいる中での出席だったのに今回は0
何から何まで自分で準備しておかなければいけないのだが(当然の事だが)、案の定お誘い文章の「平服」の意味を履き違えて、普通にジーンズで家を出ようとした事はこことtwitterだけのお話にしておこう。


余裕を持っての出発だったのに、直前で自分の行いを強引に改めにスーツに着替えバタバタとしたまま会場入りした私。時間もちょうど良い頃合いで列席者も徐々に自分の席に着いていた。

さて私は何処かな?と思い座席表を見たら…















最前列のテーブルの一番前・・・
まさにアリーナ席







正直こんなベスポジで良いのかな?と思ったのだが、これも新郎新婦の愛情ってことで受取って、隣には私の愛人(音楽的な意味で)某ハードコアバンドM●BのボーカルNA●Iさんなのは優しさって事で二重に感謝したのである。


とまぁ自分の席に座って辺りを見渡すと、これまた知ってる顔がチラホラ。
しかしいつもは薄暗いライブハウスでどっちかが本番だったり、ざわざわ騒がしい居酒屋での遭遇が多く、基本バンドやってる時の顔つきで会ってたのだが、今回はおめでたい席でしかも皆シャレオツな恰好で夫婦やお子さん連れで出席だからある意味普段のライブハウスでは見れない顔がそこにあって、更にほほえましい光景が上乗せされてた。


勿論開始前から皆笑顔が絶えず、なんとも良い雰囲気。そんな中新郎新婦がメタリカのBGMで入場!
実はこの時点で涙腺がウルッと来たが、まだ何も始まってない状況でこんなんだと正直ティッシュの量が足りないため必死で我慢。
ありったけの拍手でお出迎えするのであった。


そして両名が席に着いてようやく式の開始!素晴らしい時間の幕開けを女装が板についてきた某変態バンドのボーカルが告げるのであった・・・


続く


3104
マイノリティだとこれが辛い・・・ 後編
~前回までのあらすじ~
日本にラスト1つの部品を手に入れてようやく復帰が叶ったと思ったら、同時に3か所別の部分が壊れるという負のスパイラルに巻き込まれた我がスネア。
はたして修理は可能なのか?そして本当に戦列復帰は叶うのか?



という訳で見たくない現実から全力で目を背けていたが、やはり長年連れ添った大事なスネアドラム。
何とかしたいと思うのが親心ってなもんで、医療関係のドラマでよくあるお父さんが子供を抱えて病院に駆け込むように、今度は普段お世話になってる電気とオタクが有名な街の楽器屋さんに駆け込んだ。


3104「あの~、すいません。スネアのラグが壊れちゃったんで部品を探してるんですが・・・」

店員「はい、どのメーカーですか?一般的なのはあそこのコーナーにありますが。」

3104「あの~、OCDPなんですけど… しかも今の三角形のモデルの1つ前のシリーズなんですよ・・・」

店員「(一瞬の沈黙)え、えぇOCDPですか?そうですね~。今あそこのメーカーの取り扱いがないんでウチには置いてないんですよ。申し訳ありません。」

3104「そうですか・・・。やっぱりそうですよね…」



とシュミレーション通りの答えが返ってきて、解っていたもののがっくし肩を落としながら店を後にしようと思ったら…


店員「でも、今ちょっと取り扱いしてたお店(多分輸入代理店)に一度電話かけてみてあるかどうか確認してみますから、少しお待ちいただいていいですか?」


というナイスな提案が。


3104「ありがとうございます!勿論待ちます!」


といってナイスGUYな店員さんは早速受話器を片手に電話してくれた。
すると会話の途中で


店員「すいません。今ここの代理店には昔のモデルのラグは置いてないそうなんですが、新しい方のラグならあるとの事です。」


店員「けれども、タイプが1つしなかないので色の指定が出来ないんですが取り寄せますか?」


という希望の光とも言える質問が差し込んだ!(形は違うけど機能的には全く問題なし)
確かに昔のモデルで色も統一した方が見栄え的にも問題ないのだが、ここはそうも言ってられない状況。
最早私のラグは日本にはないので迷わず


3104「勿論です!是非ともお願いします!!!」


と即答してた。しかも予想外の


店員「何個取り寄せます?」


という提案が来たので、


3104「その店に置いてあるだけ全部!!!」



















と大風呂敷を広げたかったが、なにぶんこの部品も地味に金額が高めなので、











3104「すいません、予備も含めて5つ取り寄せてください。」

と控えめなお願いをした。



そしてその数日後。
携帯電話の留守電に商品が入荷したとの報告があったのですぐさま店に赴き、ニュータイプのラグを購入。
そして再度念入りにメンテナンスを行い、久々の戦列復帰を果たしたのであった!!!

つぎはぎだらけだがそれも愛着が湧きます。

見た目に若干の違和感があるが、出音も快調だし、何より愛着ある機材がしっかり復帰を果たしてくれたのが何よりもうれしかった。
本当に諦めないで良かったと思うし、今回の件で色々と我がままを聞いてくれた楽器屋の店員さんにはありったけの感謝しか出てこない。


という訳でまた新たな形でリボーンしたマイスネア、きたるべきQWERTYイベントにはお披露目出来る事になりそうなのでもしこの日記を読んでくれてる人は、

「強引に蘇生させたスネア見せてよ。」

と一声掛けて頂けたらと切に願う。
まぁ聞いてくれたからって何かプレゼントがあるわけではないが、ありったけの感謝とどうでもいい私の努力を熱弁するので楽しみにしていてほしい。


マイノリティだとこれが辛い・・・ 終


3104
マイノリティだとこれが辛い… 中編
~前回までのあらすじ~
ライブ直前で愛器が故障者リスト入りしてしまいパニックの私。
日本で一般的知名度がある楽器だったら復帰も早かったのだが、そこはニッチな性格が災いし、日本ではあまり取り扱いが少ないメーカーを愛してしまったもんだから余計にてんてこ舞い…
果たしてどうなってしまうのか?


とりあえず以前この楽器を購入した某新宿の楽器屋さんに電話を掛けてみる事にした。


店員「はい、●●楽器新宿店です。」

3104「あ、すいません。以前(約6年前に)そちらでスネアを購入して、今回ラグが壊れてしまい、その修理に関して問い合わせしたんですが…」

店員「ありがとうございます!ちなみにメーカーはどこですか?」

3104「あ、あの『OCDP』なんですが…」

店員「あ…そうでしたか…」

3104「しかも現行モデルの1つ前のタイプなんですが…」

店員「ん!?そ、そうでしたか…」



と明らかに素性を話した時点から受話器の向こうにも暗雲が立ち込め始めていた。しかしそこは楽器屋さんの底力、

店員「では、一度以前代理店をしていた所にこちらから問い合わせしてみますね。もしかしたらラグだったら部品があるかもしれません。」

と少し希望が見える応対をしていただいた。
ハッキリ言って藁にもすがるような状況だったので、連絡先を伝え返事が来るのを今か今かと待ちわびた。


そして数日後私の携帯に希望の光が文章となって差し込んだ!!!
↓↓↓↓↓↓

お待たせ致しました。ご問い合わせいただいておりましたOCDPのラグが入荷いたしま
した。画像を添付してございますのでご確認くださいませ。

まさにオンリーワン…

ご存知かと思いますが現在OCDPは日本に輸入元がなく、今後はパーツの供給が難しい
状況となっております。
今回入荷したラグは表面のメッキに不良箇所が見られるのですが、残念ながら以前輸入元であった会社にはこの1つしか残っておりませんでした。
使用上は問題ございません。お値段は¥●●●●(税込)です。
不良箇所があるため、本来有料のガスケット(シェル保護用のプラスチック板)は無料でお付けします。
以上よろしくご検討くださいませ。ご不明な点はご遠慮なくお問い合わせくださいませ。



もうメッキがどうこう言ってる場合じゃないので、即購入の意思を伝え当日楽器屋になだれ込んだ私。


3104「あ、あの~。先日OCDPのラグの件で…」

店員「あ、3104さんですか!?お待ちしてました。」



と挨拶を最後まで言い切る前に向こうが気付いてくれた。やはりこの楽器を使用してる人は今となっては珍しいのであろう。その後ちょっとしたドラムについてのお話をし部品を受け取ったのだが、最後にどうしても気になる事を聞いてみた。


3104「あの~、今回は運よく部品がありましたが、もしまた同じような事が起こった場合はどうしたら…」

店員「そ、そうですよね…私が連絡した時点このラグは今回のこれがラスト1つだった様なんですね…なので次回同じものをとなったら輸入元に直接問い合わせして個人で輸入する事になるのかもしれませんね…」



と軽い目眩がしそうな現状を報告していただいた。
もはやそんな事を気にしてしまったらこの楽器自体叩けなくなってしまうので、それは時空のかなたにポイと投げ捨て、慎重に部品を取り付けた後戦列に復帰を果たすのであった。


そんなこんなでピンチを乗り切った今回の事件。
一瞬本当にどうなるかと思ってたが何とか切り抜けられた事に軽く調子こいて、

「俺今ツイてるかも!!!」

なんて思っていたある日の事。
いつもの様にスネアのメンテナンスをしつつ、

「さあ~て、今回も乗りこなすZO!!!覚悟しろよ!!!」

なんて息巻いてたら…



















ガゴッ!!!ガゴッ!!!ガゴッ!!!





と立て続けに記憶から消去しかかっていた鈍い音が…















ひょえぇぇぇぇぇぇぇっ!!!











前回と違う場所で、しかも3か所から同時に悲鳴を上げた…




もう本当に終わったかもしれない…
あまりのショックに惨状は何も起きなかったと言い聞かせ、中途半端なままであったが強引にスネアケースに入れて以降は何もせず寝る位の衝撃が走った…


ほんとうに、ホントに、本当にDOしたらいいんだ!!!


続く…


3104
マイノリティだとこれが辛い… 前編
たまには告知以外で音楽をネタにした話を書いてみようと思うのだが、
私がQWERTY用に使用してるスネアドラム

20050719124206.jpg

こんな感じで以前日記にも書いたが、一生大事に使えるアイテムをゲットしよう!と意気込み当時としては(今もだが)破格の投資を行い手に入れた逸品。

私がすごく好きなバンドのドラマーが使っていたというのもありつつ、ニッチな性格も上乗せし、

「人があまり使ってないスネアドラムが欲しい!!!」

と当時数が少なく、日本にそんなに輸入されていなかった「OCDP」(Orange County Drum & Percussion)というメーカーのモノを探していた。


そんな中私の理想に近い形が店頭に置いてあったので、

「今からおカネおろしてくるんでそのままで!!」

と店員さんに確保してもらった後、一括で購入した思い出のあるスネアである。


だがその余りに暴れ馬な音とそれを操り切れない私のスキル不足によりスタメンが遠のく時期もあったが、時を経て少しスキルアップした私と、QWERTYに関してはこれ位がちょうどいいのかな?と思い、こちらの活動ではメインを勤めてもらう事になった。

そんな久々に乗った暴れ馬でライブや軽いレコーディングを行い、QWERTY3回目のライブを迎えたある日の事。本番前に自分なりにメンテナンスを行い、

「今回も頑張ってくれよ!」

という願いを込めながらチューニングキーを回していたら…
















ガゴッ!!!










という鈍い音がした…
ん!?と思って音のした所に素早く視線を動かすと…
















目の前が真っ暗になりました…
















ギャ~~~~~~~~~~~~~~ス!!!!


音程を決めるのに重要なネジ止めの部分(ラグと言う)がものの見事に吹き飛んでしまったのであった…


MA、MA、MA、M・A・J・Iかよ!!!
本番が近いからってのもあるが、それよりも私を不安にさせたのは、

1:購入したのが今から約6年前。
2:そもそも日本に入ってきてる数が少ないので対応できるか不安。
3:日本では現在このメーカーに関する品物を輸入していないし、以前取り扱っていた輸入代理店も今は取り扱ってない。
4:私のスネアは今現在日本で流通してるごく僅かなモデルよりも1つ前のモデル。


とざっと思い浮かんだ項目を書いてみたが、それ以外にも挙げればキリがない位に私を暗くさせる要素テンコ盛りなのであった…



その場で固まる事2,3分…
とりあえず保障期間なんかどうでも良いし、そんなのなくてもいいから何とかしてくれという思いの中、以前購入した大手楽器店に電話してみる事にした…


続く


3104
嗚呼、若かりし日々 後編
~前回までのあらすじ~
徐々にちょいワルで自分に酔い痴れ始めた頃に爪に火をともす思いで購入したジッポが使用後約1週間で親にパクられるという悲劇に見舞われる性少年3104。
このやるせない思いの果てには何が待っているのだろうか…


せっかく何カ月も貯めて買ったのに1週間も経たずに没収されてしまったジッポ…
しかしここで親を問い詰めた所で、

「自分はタバコを吸ってました!」

と白状するのは余りに墓穴を掘る行為だと判断した私は、泣く泣くコンビニまでダッシュして100円ライターを購入し、以後はそれでやりくりする事になった。
勿論これできっぱり止めようなんて思うはずもなく、親から昼飯代として貰っていた小銭はドンドン煙に消えていくのであった。


またこの頃は勉強と称して部屋に閉じこもりゲーム音楽ラジオにどっぷりという引き籠り的な生活を送っており(夜のラジオに関してはスケジュールを組める位に色々聞いていた)、とあるラジオを聞いてた時の事。
この日ゲストに当時(勿論今も)大好きなL●NA ●EAギタリスト(バイオリンも弾く方)が出演しており、トークの中でタバコについて語っていた。

秋田という田舎に住んでるどうしようもないキッズの私はTVやラジオ、雑誌という何らかの媒体を通してからしか世界を知ることが出来なかったし、ましてや当時(勿論今も)大好きなバンドの人が好んでいるアイテムは自分にも取り入れたいと思うのは当然の流れ。
その一言一言に耳をそばだてて聞いていたら、


S「男は黙ってJPS!」


と発言していた。
無論その日から近所の自販機やコンビニをチャリンコで探し回り、JPSの購入に踏み切ったのであった。
しかもそのブームが延々と続き、気がつけば1●年経った今も吸っているという中々おバカな結末に辿り着くのである…


とまぁこんな感じで結局親の期待に応えられない真っ当な生活をこの先18歳(正確に言うと今現在も継続中)まで続けてしまい、高校卒業まで毎朝


母「部屋が臭いけど、あんたタバコ吸ってない!?」

3104「吸ってる訳ねーだろ!!!ねみーし、さみーから布団はがすなっ!!!」



と不毛100%の会話が繰り広げられるのであった・・・


そしてその後無事に進路も決まり、何とか高校も卒業出来る事になった為江戸での一人暮らしの準備を始めだしたある日の事。
不意に母親から呼び出しを喰らい言われるがまま付いていくと、手には銀色の長方形のモノが…


母「はい、これあんたに返すね。」


と以前息子から没収したジッポを返してくれたのであった。
よく捨てなかった事に感謝しつつ(吉川さんは捨てられたが…)、ニューライフのお供として3年ぶりのレギュラー復帰を果たしたのであった。


その後は言うまでもなく堂々と親に煙を吹きかける立場となり、束縛もなく自由に吸っているのだが、コレのせいで幾度となく金欠病で首が回らなくなったり、ちょいと禁煙しようと思ったが1日も持たなかったりと散々な目にあっているのだが、一向に辞める気配がないのが正直なところ。

これから先も煙の行く先々で迷惑を掛けるかもしれないが、それはその時に考えるとして、
今日もお気に入りのジッポを使って16歳頃にそそのかされた銘柄の1本に火をつけ、恍惚のひと時を味わうのであった。


嗚呼、若かりし日々 終


3104

≪おまけ≫
ちなみにこんな話をしていたら、私の知り合いのママさんの子供がタバコで補導されて警察に呼び出しを喰らったと嘆いてた…
なんだいつの世代も同じような感じなんだな、まぁよくある事じゃないですか!って思ってたら、
そのお子さんはなんと19歳
大爆笑と共にあと1歳位大目に見てやれよと心底思うのであった…
嗚呼、若かりし日々 前編
どうもこの季節がくるとしんどかった思い出ばかりが頭をよぎるため、自然と昔を懐かしむ瞬間が多い。
本日はそんな私の至極どうでもいい過去の扉をオープンにして、徒然と書き綴っていく事にするのでどうぞお付き合いのほどを…


ちなみに今のキッズ達の典型的なワルい行為って何だろう?


恥ずかしながら私達の世代では飲酒、喫煙が圧倒的に身近で甘美なものだったと思う。
勿論そこからギアをトップスピードに上げていけば、珍走団とか893とかになるんだろうけど、私の周りではそんな人生の序盤からフルスロットルの人はおらず、せいぜい喫煙や飲酒の武勇伝を人に自慢する程度の輩が多かった(まぁ自分もそうだったのだが…)。


かくゆう私も飲酒や喫煙は義務教育の過程でしっかり教育を受けたのだが、飲酒に関してはそれほど強くなく、自宅で平気で酔い潰れる親父を見ているせいかたしなむ程度で満足していた。
しかし喫煙に関しては何だかしらんが偉くお気に召したようで、覚えてからは継続のまま現在に至っている。


そのきっかけは単純で友達からの勧め。今でも付き合いのある友達から洗礼を受けたのだが、始めはありがちな友達の家に泊まったある日の事。早朝の公園で友達が吸っていたタバコを拝借したのがそもそもの始まり。


最初はむせると言われたのだが、その抵抗もなくすんなり体にインしてしまったもんだから調子こいて徐々にハマり込んでいくのであった…

ちなみに初めて吸った銘柄はSalem。それほどきつくないタイプでしかもメンソール、まぁ王道と言えば王道のスタートを切ったのであった。
その後はマイナー思考が災いし、今では見かける事のなくなった「ハーレーダビッドソン」なんて吸ってた。
(あまりにマイナーすぎて画像なし…)

もっとも最初は家では吸わず友達の家で吸うという何とも性格の悪いお子さんだった訳だが、この頃の私と両親の中は悪く、とても人様に

「自慢の家族です」

なんて言えるはずのない状況で、自分の部屋で窓を全開にして少しずつ吸い始めるというわざわざ導火線に火をつけるような行為に及んでいた。


そうなると自分専用の喫煙具が欲しくなってくるのは自然の流れ。月3,000円~5,000円位のおこずかいを貯めて、

自分の部屋用の灰皿
自分が持っていたタイプは色が黒でした。
(色は黒で逆にタバコがおきづらかった記憶がある)

ジッポ
自分のはシリアルナンバー入りでした。

・ジッポケース

という3点を購入し益々テンションが右肩上がりなのであった。


しか~し、タバコと言うのはやはり匂いで分かるもの。朝が弱い私を毎朝起こしに来る母親が

母「何かニオうけど、あんたタバコ吸ってない?」

3104「吸ってる訳ねーだろ!!!ねみーし、さみーから布団はがすなっ!!!」


と不穏な空気を感じ取ってた母親を訳のわからない逆ギレでしのいでいた。


そしてとある日の事。学校から帰ってきた私は真っ先に自分の部屋に閉じこもり、火のない所に煙を立てようとして隠し場所の扉を開けたら…












ジッポがない!!!











どうやら母親が私の留守を見計らってジッポを隠してしまったようだ(何故か灰皿は無事だった)。
ちなみにどさくさにまぎれて自分の部屋に飾っていた吉川晃司

くわえタバコが良くないと親が判断した様です…

このポスターも豪快にはがされていた…

くっそがあぁぁぁぁ!!!

どうしようもない子供のどうしようもない思いが排他的風景あふれる自分の部屋を渦巻いていた…


続く


3104
今宵はサクッと少し未来のお知らせ
今現在私は音舞宙凛以外にrisetteQwertyなどでもドラムで参加してるのだが、今回はQwertyのお知らせをば。

2/12はサイクロンで握手!

2012年2月12日(日)@渋谷サイクロンで第1回目のイベントを行う事になりました!
当日のラインナップも今現在のQwertyが呼べる最強面子が揃ったので十分に楽しんで貰えるかと。

まぁこのバンドHPやmyspace等もない為こういう場で皆様に知って頂くしかない現状の為、少し先ではあるが告知をさせていただいた次第である。

なのでもしよければ今から皆様のスケジュールに赤丸をつけてもらって、バレンタインという私が権力者なら真っ先に抹殺するイベントの準備品を買いがてら足を運んでいただければと思う。

どうぞよろしくです~。


3104
新年早々誘惑と戦う日々!
兎にも角にもゲームがした~い!!!

いや、正確に言うと暇があればいつもやってるんだけど、どうしてもやりたいゲームがあって、でもどうしても経済的理由の為断念しているソフトがあるのだ。
それが

「無双OROCHI2」

年末から我慢してるがそろそろ限界…

昨年末に発売になってたのだが帰省もままならない位貧乏の為、当然ソフト購入も断念。
だが電気屋やゲームショップに行くたびに価格をチェックし、どうしたら買えるのかそろばんをはじいてる日々である。(勿論計算が成り立たないため涙ながらに店を後にするのだが…)

そして周りの評価も上々なのがまた私を誘惑に引きずり込む要因である。
さっさとカネを貯めて、攻略本も買って、タバコも買い溜めして、家から一歩も出ないでひたすら遊び倒す日を夢見て悶々としている今日この頃である。


また他にも春先に気になるソフトが発表になるようで、個人的には

「バイナリードメイン」



が凄く気になってる。
私が大好きな「龍が如く」を作ってるチームの作品なので今から期待大!
個人的にはヘッドセットも使ってボイスコマンドも使いたい!

とまぁ今年も相変わらず楽しそうなゲームが目白押しで今からやりくりに困ってるのだが、それでもやっぱり辞められないのだから、きっとこれは一生続くんだろうと半ば諦めてい開き直っていこうと思う…


3104
世間に大逆行で個人的2011アワード その3
新年そうそう自己満足200%の企画をぶちまけるこの日記。また今回もダラダラと続けていく訳だが、今回は音楽部門の紹介をば。
ちなみに2011年に発売された音源ではなく、個人的に聞きまくった曲(音舞宙凛は除外)を列挙していくのであしからず…


音楽部門(全てに参考動画有)

1:Bag Raiders 「Sunlight」

これは下半期に凄く聞いた曲。キャッチーなメロディとダンサブルなビートが最高!何回聞いても飽きのこない名曲!

2:Daft Punk 「Robot Rock Around The World Harder Better Faster Stronger」

2006年のSUMMER SONICの映像だが、いつ見てもカッコいいライブである。
ちなみに彼らのライブ盤でもこの曲が入ってるので、テンションが下がり目の時はこれを聞いてアゲアゲに。
ライブ動画を見てもこれが個人的にはベストアクトだと思ってる。

4:311 「Weightless」

私のフェイバリットバンドの一つである311の新譜からチョイス(これは2011年発表作品)。
変化をしつつも進化をしている様が好きで、ここ数年は結構精力的に活動しているので楽しみである。
また2010年の来日の際に行われた渋谷クワトロの単独公演も1人で見に行く位好きだし、本当に最高のバンドである!

4:Fool's Gold 「Surprise Hotel」

risetteの名古屋ツアーの道中に聞いて帰京後即買いしたバンド。作品自体はそれ以前に発表されたものだが、かなりカッコよくて移動のお供に大活躍である。

5:Da Pump 「SUMMER RIDER」

本当にこれぐらい踊れたら最高に気持ちいいだろうなと感じるライブ動画。かなりダンスに見とれてしまう…
曲も個人的にはDa Pump史上1,2を争うイイ曲だと思う。
このライブは2009年だが、今見ても素晴らしいライブである。

動画がUPされてる中でかなりの頻度で見たものをピックアップしてみたが、どれも私の中でフェイバリットの曲たちであり、いつ聴いてもテンションが上がるナンバーばかりである。

ちなみに次点としては久々に復活を遂げたZEPPET STOREの新曲SMILEを挙げておこうと思う(参考動画なし)。
昔から大好きだったバンドで久々の復活には本当に嬉しかった。


という訳で3回に分けて発表した「世間に大逆行で個人的2011アワード」はこれにてフィニッシュである。果たして今年はどんなモノにはまるのだろうか!?今から楽しみである。
ご愛読ありがとうございました~。


3104
世間に大逆行で個人的2011アワード その2
さて前回はあまりに自分の得意分野だったので、余計な文章が盛んに付いてきてしまい、途中で継続を断念してしまったが、今回はその他のジャンルについてガシガシ書いていこうと思う。


洋服ブランド部門

1:PUMA
2:オニツカタイガー

まぁそんなに服を買わなかったからなのだが、相変わらずスポーツブランドばっかだし、ジャージが好きだし、結局この2つを何らかの形で取り入れてる事が多かった気がする。
特に夏はPUMA製のレプリカユニフォームを着る頻度が半端じゃなかった…(ウルグアイ代表、チェコ代表、ヴィジャレアル等)


ドラマ部門

1:仁(前作に引き続き良かった。原作とドラマの両方で高いクオリティなのは初めてかも…)
2:スクール!!(基本教師ものは大好きであり、主人公が暑苦しいとモアベター!)
3:僕とスターの99日間(抜群の安定感と期待を全く裏切らない展開の為、最後まで安心して見れた。)
番外編:3年B組金八先生・ファイナル(ラスト1時間は涙と鼻水でティッシュが手放せませんでした…)


映画部門

該当なし(金欠の為そもそも映画館もレンタルショップも利用せず…)


アイテム部門

1:水筒(音舞宙凛メンバーからの誕生日で貰ってから毎日使用中。自家製ウーロン茶とのコンビが最高!)
お出かけのお供です。
2:おにぎりケース(これもメンバーからの誕生日プレゼント。しっかり保温も出来るタイプの為、これで外食も減少しお財布に優しい毎日である。)
3:髪を縛るゴム(もう大分髪を切ってなくて伸び放題な私の髪を優しくまとめるすぐれモノ。普段はパイナップルみたいな髪型で生息中。)


生活用品部門

顔:UNO ULTRA BLACK WASH(夏ごろから使用してるのだが、さっぱり感がちょうどいいので以後はレギュラー獲得)
体:ビオレU(お肌に優しい弱酸性でスベスベ。ビオレママになれないのが残念…)
髪:パンテーン(髪が長くなったので、ちょっとグレードを上げて気にしてみた。)
洗濯洗剤:アタックバイオジェル(液体タイプの方が使い勝手がイイ!)
柔軟剤:レノア(やっぱりひと手間加えるだけで洋服の仕上がりがイイ!)
食器用洗剤:キュキュット(ストックが大量に家にあるため)


とまぁ生活の恥部にまで話が及びそうだったので今日はここまで、明日はそろそろ音楽の話でも盛り込んでいこうかなと思うのでそれなりにお楽しみに~。


3104
世間に大逆行で個人的2011アワード
基本的に過去は振り返らない主義であるが、そういえば去年の個人的フェイバリットを言いふらす期間が無かったなと思い、完全に年を越した今だからこそ3014アワード2011を紹介していこうと思うのでお付き合いのほどを。


今更遅すぎじゃね!?といった真っ当な意見はブラックホールに吸い込ませてまずはお気入りのジャンルから発表。


ゲーム部門(3作品ノミネート)

1:龍が如く OF THE END
龍が如くシリーズの最新作が堂々ノミネート。震災の影響で発売日が遅れて不安だったが、その遅れも吹き飛ばす位面白かった。個人的にはもっとヒートアクション系やコインロッカーの鍵等のミニコンプリート系がもう少しあっても良かったが、それが無くても十二分に楽しめた作品であった。
もう既に次回作「5」についても動き出しているようで、これからも益々目が離せないシリーズである。
・お気に入りキャラは秋山駿、真島吾朗、火星ファイター

2:戦国無双3 猛将伝
前作戦国無双3はプレイ時間200時間越え、全キャラレベルMAX、ユニーク武器&レアアイテム全取得と完全に遊びつくしたのだが、その追加版もどっぷりハマり遊び倒してみた。
ちなみに私の戦国無双お気に入りキャラは、雑賀孫市(1から愛用)、浅井長政島左近。時点では島津義弘(シナリオがイイ!)、風魔小太郎(クールでイイ!)といった感じである。

3:真・三國無双6
久々の三國無双最新作。前作の5が正直消化不良の感も否めず、気持ちは大分戦国よりであったが久々にグッとくる作品であった。シリーズ最高のバッサリ感とシームレスなステージ展開が素敵であった。
個人的にはマイナーキャラが好きなので、今回のストーリーモードは中々良かったが、やっぱり主人公が一人一人ピックアップされる方が燃えるかなと。
お気に入りキャラは、夏候淵、馬岱、郭淮、丁奉、艾あたりである(やっぱりマイナーキャラが多い)。

総括…ここ数年は龍が如くシリーズ、無双シリーズ、メガテンシリーズ、サッカーゲーム以外は購入せず、それ以外はかなり評判の高い作品を購入するといった感じであったが、今回はその王道がしっかりノミネートする形となった。



マンガ部門(3作品ノミネート)

1:ジャイアントキリング

2011年も発売日と同時に買ってしまう続きが気になる本第1位!
サッカーの監督が主人公の異色のマンガだが、話の展開や緊張感は昔のスラムダンクに近い物がある。
まだ見てないなら是非一度読んでみて欲しい。そう思える作品である。
お気に入りキャラはETUサイドバックの石神!

2:宇宙兄弟
何だか周りでもじわじわとブームになってる様で、アニメ化や映画化が決定した作品である。
人間味あふれる暑苦しさがたまらなく、問題に直面した主人公の解決策が想像を超える発想で毎回読んでいて楽しい。
お気に入りキャラは変なTシャツを着るローリー!

3:グラゼニ
プロ野球の中継ぎ投手にフォーカスを当てたこれまた異色の野球漫画。
従来の野球漫画と比べて凄く現実味があり、これを読む事によって違った角度から野球を楽しめそうな作品。
お気に入りキャラは原武裕美(瀬戸内カーナビーツ)!

総括…2011年はいつの間にか購入するマンガがモーニング連載作品メインになってしまっていた。雑誌をチェックするのもモーニングのみだし、これから読んでみたいマンガもモーニング中心。特に気にはしてないのだが、他にも面白い作品があるなら是非とも教えてほしい所である。


とまぁ私の2大フェイバリットのゲームとマンガを挙げてみたのだが、熱弁をふるい過ぎて文字数が多くなってしまったので、この続きはまた日を改めて。
ちなみに次回は他のジャンルにまで拡張予定であり、今更ながら

「去年何やってたかな?」

と振り返っている途中なのであしからず。


3104
新年
明けましておめでとうございます!!!
本年も「3-Nの軌跡」を宜しくお願いします!


昨年は少し心理的な影響もあり更新期間が空いてしまったが、今年はなるべく多くのクス笑いを提供できればと思っている。

でわでわ本日は文字数も少なめでその代わり、ありったけの皆様への多幸をお祈りし新年の挨拶と代えさせていただく事にする。


どうぞ今年も宜しくお願いします!!!


3104


※個人的な今年の目標は金欠病卒業!毎年目標にしてるのだが、去年もダメだったので継続という形で…

今年もこのプロフィール写真で頑張るぞ!
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。