3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201010
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
言われてみれば確かにツイてない気がする その③
極めつけはコレ。


それは新宿駅のホームを何気なく歩いていた時の事。
用事を済ませて家に帰ろうといつものように山手線のホームを音楽を聴きつつ歩いていたら、向こう側からおばちゃんが歩いてきた。


まぁ人通りの多い新宿駅なのでそんなシーンはごまんとあるので特に気にしていなかったが、すれ違い様












右肩に痛みが!!!











一瞬何が起きたのか分からなかったので辺りを見回すと・・・



おばちゃんがすれ違い様殴った様で、しかも物凄い剣幕で罵詈雑言を浴びせていたのであった。



ただ、残念ながら私は音楽を聴いていたので何を言ってるのかさっぱり分からなかったし、イヤホンを外した時にはもうおばちゃんは彼方に走り去ってしまったのであった・・・



え!?マジで何なの!?



と思って周りの様子を見渡してみると・・・








そこにいた全員がここぞとばかりにみんな携帯のディスプレイを覗き込んで我関せずを貫いていたので益々肩身が狭くなった・・・






ってか何なんだ!!!なぜに殴られなきゃいけないんだ!!!



とまぁここ最近で立て続けに起きたツイてない出来事をお送りしたのだが、まぁこんな出来事が間髪いれずに発生(2週間以内)してたらそりゃ周りも心配するだろうなとなんとなく感じてしまった・・・


言われてみれば確かにツイてない気がする 終


3104
スポンサーサイト
言われてみれば確かにツイてない気がする その②
これまた雨の日のこと。

最近の雨が酷すぎてズボンの裾や靴が濡れるのが不愉快になってきたので、開き直ってハーパンサンダルで移動をしてた私。

この時も上記のような格好で道を歩いていたら、運よく小ぶりな時間帯に差し掛かった。


おっ!?ラッキーだな、なんて思いながら歩いていたら、急に足の横の部分に痛みが走った!!!


なんだ!?と思ってあたりを確認したら、



おっさんが傘を杖代わりに使ってたみたいで、それが私の足を突き刺したみたいだった・・・



ってかおかしくね!?状況を説明すると



・おっさんは私の真後ろを歩いてたようでお互いに蛇行してなかった
・仮にあたったとしてもふくらはぎや踵だったらまだ許容範囲だが、今回は足の横を直撃




というなぜそんな事態が起きるのか理解不能な状況であった。


しかも状況の把握を出来てない私に向かってそのおっさんがいきなり逆ギレしだして、


「ごめんなさいー!!」


とやたら投げやりな謝罪の言葉をぶつけてスタスタと去っていってしまった・・・



何なんだまったく!!!という怒りをぶつける場所もなく、赤くなった患部を眺めてちょっと落ち込むのであった・・・


3104
言われてみれば確かにツイてない気がする その①
それは桜梅桃李のライブ前にアンケート用紙をコピーすべく三軒茶屋をウロウロしてたときの話。

この日は珍しく雨で、足元悪すぎだし異様に寒かった日だったのを覚えてる。


そんな中前回と同様に駅前のコンビニを目指した私。外は雨だが距離も遠くないしすぐに戻ってこれるだろうと思い、傘ナシのまま突き進んでみた。

そして目当てのコンビニに到着。さっそくコピー機の前で準備してたら・・・







ただいま●●不足の為、カラーコピーは利用できません。お近くのスタッフに声を掛けてください。





という文字(桜梅桃李アンケートはカラーコピー必須)。なんだよまったくと思いつつ店員に声を掛けようとしたのだが、店内には明らかにパニック状態のおばちゃんが1人・・・
少々不安になりながらも声を掛けてみると、


店員「あっ!?あっ!?しょ、しょ、少々お待ちください!」


と案の定の返答・・・

気長に待とうと思い近くの雑誌コーナーで待ってたものの一向に解決の兆しは見えないし、なんならこのタイミングで白黒コピー利用の客が入ってきて先に使われるという何とも言えないスパイラルに巻き込まれてしまった。


結局もうちょっと待ってみたのだが、店員が一向にコピーを直す所まで辿り着けないようだったので、諦めモードで次を捜索。

とはいえ三軒茶屋の地理に明るくない私は傘もささず15分くらい路頭に迷ってしまうのであった。


そんな中そろそろ髪の毛の濡れ具合もやばいかなと思ってた所に大きいスーパーを発見。入り口にはコピー機が設置されていたので、ここぞとばかりに駆け込んですぐさまセッティングを試みたのだが・・・





またしてもエラーが発生しており、『スタッフをお呼びください』の文字が・・・




何なんだまったく・・・と思いながらも本日2度目のスタッフ召集を行いコピー機の修復を依頼することに。

今回もおばちゃんが対処してくれたのだが、これまたビックリする位に復旧の目処が立たず、トナーも全部交換し、ちょっと偉いスタッフまで参加しあれこれやってくれたのだが、


一向に改善の兆しナシ・・・


挙句は


スタッフ「これはもう業者を呼ぶしかないですね。」


と無情なる返答が返ってきた。

流石にこれはマズいと思ったので、


3104「ほいじゃあ他にコピー機を置いてある場所って分かりますか?」


と聞いてみたのだが、返ってきた返事は・・・






スタッフ「う~ん・・・駅前のコンビにしかないでしょうね・・・」







ってさっきダメだったところじゃないか!!!




結局ズブ濡れになるためだけに三軒茶屋を歩いただけになってしまった私。
その後メンバー全員で食事をする際に発見した3件目のお店でようやくコピーをすることが出来たのだが、単独行動でろくな結果が出ないっていうイメージがメンバーに浸透してしまい、徐々に心配されるようになっていくのであった・・・


3104
3104世界を釣る! その④
さて諸々の事情を挟みつつもようやく続編の執筆に取り掛かろうと思うので、皆様過去日記参照し思い出してくだされ。



という訳で逃がした魚に軽くしゅん・・・としつつも、気を取り直して針を海に投げ込む・・・


またしばし優雅な時間を味わってたら、



来たっ!!!



また竿に未経験の重みが加わりとっさに竿を引き上げる私。



前回の反省をまったく生かされないまま力任せに引き上げようとしたのだが、この異変にやっぱり●ルター大先生が気付いたみたいで、すぐさま横に位置取りボクシングのセコンドの如くアドヴァイスが飛び交う。


そして苦戦の末に魚体が水面に浮かび上がり、宙に浮いた体が地面に叩きつけられたのを確認し、念願の初ゲットに成功したのであった!!!


3104「やった!やったZO!」


と喜んでいたのだが、


大先生「あ~、これフグだから食べれんし、針抜いて海に戻さないけんわ~。」


という判断が下っていた。
そこら辺のルールは良く分からんが、経験者の郷に従うべきだというのは当然の流れ。またしても釣った魚を海に返すのだが、今回はちゃんと魚を釣り上げたという事実があるので気持ちは晴れ晴れ。
なんならこのヒットで味を占めた私は更なるテンションで釣りに挑むのであった。



その後もヒットは数回出たものの、結局目的としてたチヌを釣る事は出来ずフグやらゴンズイなどの雑魚ばっかで、食に適さない魚ばかり釣ってしまったが、個人的には終始楽しく釣りが出来たので大満足であった。


ちなみに大先生の方は

サイズは小さいが大満足

食べれる魚2匹をゲットしテクニックの差をいかんなく見せ付けられた結果を出してきた。


そして時間も23:00頃に差し掛かり、ゆったりとした時間の一日は名残惜しくもフィニッシュを迎えることになった。
すると先生は包丁を取り出し、


活き締め


をしてくれて、釣った魚を私にくれたのであった。

そのあまりの手さばきに惚れそうになってしまったのはここだけの話だが、

「釣りって女子にモテないんよね~。」

って言葉を覆すくらいの頼もしさと逞しさがそこにはあった。



という訳で様々なハプニングがあったり新たな発見があった釣りを終え、帰宅の途についたのだが、また次も行ってみたいと思う素敵なひと時であった。
そして今度こそはチヌ釣るぞ!!!と心に決意するのであった。


最後になったが、こんなズブの素人に色々と教えてくれたワルター、本当にありがとう!そしてまた行こう!!



3104世界を釣る! 終


3104
ちょっとした業務連絡
長らく続いていたこの『メンタルヘルスケア日記』であるが、ここ最近ありえない不運が連鎖して起こってしまい、それをうけてバンドメンバーや友達からも深刻な説得にあい、この度



日記のタイトルを変更することにした



のでご了承を。
そしてこれからこの場所は


『3-Nの軌跡』(仮)


という名称に変更となるので、検索でこのブログに辿り着いてる人はご注意を。



ちなみに所かしこに書いてあるから説明不要とはおもうのだが、この3-Nとは

・カネない
・モテない
・ツイてない


といういい年した男子が成年男子が有意義に過ごせる要素をまるで満たせてないという意味であり、今後もこのどうしようもない漢(おとこ)のどうしようもない日々の羅列が続いていくのでそこはご安心を。


という訳で心機一転ではありますが、改めて『3-Nの軌跡』をどうぞよろしくお願いします!!!


3104
2010年9月23日(木)三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
にて桜梅桃李のライブをご覧になった皆さん、ライブハウススタッフ及び対バンの皆様方本当にありがとうございました!!!


バンド的には前回から約2ヶ月空いてのライブだったがどうだっただろうか?
新曲作りに勤しみつつも、相変わらずスローペースなので(本人達は全力疾走してるのだが、如何せん完成に時間が掛かってしまうのである)今回新曲のお披露目には間に合わなかったが、それとは別に今回は新たな試みとして演奏中に映像を流してみたのだが、まずはチャレンジする事が出来てまずは収穫ありだと思ったので、更なる改善を踏まえて今後とも発展させて視覚聴覚フル活用させるような世界観を作り上げていきたいと思うので今後ともどうぞご贔屓に。



という訳で当日のセットリストはコチラ


2010年9月23日(木・祝)
三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
【tip of the times】

①silent movie
②terminal
③WO
④TUNE TONE
⑤synesthesia



という桜梅桃李的に解釈するエレクトロポップ節全開でトライしたリストとなっている。
ちなみに次回ライブは10月29日(金)に同会場にてエレクトロ放電の予定なので、今から予定表にしっかりチェックして欲しいと思う。


また最近恒例の出陣前の写真が無いのだが、これはライブハウスの特性上5人が勢ぞろいするスペースが無く、セッティングを済ませたら板付き(そのまま演奏開始)でのスタイルになってしまうため、出来なくなってるという現状である。
かといって1人で気合全開の写真を撮っても寂しさMAXになってしまうので、誰かが

「一緒に撮ろうよ」

って言ってくれるまでモジモジしてようかなと思ってる。



そして今回から私個人の試みとしてとあるものを身に付けて演奏してみた。
都内のオサレショップを巡って購入し、自分的にはかなりイケてると思ってたのだが思いの他微妙な反響・・・

とはいえ実はそれも想定内だったし、そういう声を聴きたくて挑戦したのでまぁこれも成果ありといったところである。
文章だけを追えば何を言ってるのかさっぱり分からないだろうが、答えはライブ中にしっかりと出てるので、気になった方は是非とも会場で答え合わせを楽しんで欲しいと思う。


という訳いつになく長くなってしまったが、兎にも角にもご来場ありがとうございました!!皆さんの一日が少しでも良いものになったのなら幸いである。そしてまた会場でお会いしましょう!!!


3104
作る方も好きみたいです。
これから秋に移り変わる中で、桜梅桃李の活動もそれ以外の個人での活動も徐々に埋まり始めてきた今日この頃。
やはり音楽活動できるのは本当に嬉しいことだし、作り上げる過程も非常に楽しい。

後は自分達が作ったものが見てる人、聴いてる人の心に震えてくれれば最高だなと思うし、勿論そうなるように精進もしていかなければなと最近改めて気合を入れなおした次第である。

ちなみに今決まってるスケジュールは


桜梅桃李ライブ
2010年9月23日(木・祝)
三軒茶屋HEAVEN'S DOOR


[ tip of the times ]
OPEN 18:30 * START 19:00
チケット 前売¥1,800 * 当日¥2,100 (共に1drink別)

出演 高速スパム * TAKESI * HATENA TAXI * 打首獄門同好会 * 桜梅桃李


コチラ出番は2バンド目の19:40~。


また次の予定も決まっており、


2010年10月29日(金)
三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
[ tip of the times ]
OPEN 18:30 * START 19:00
チケット 前売¥1,800 * 当日¥2,100 (共に1drink別)
出演 THE SOL / BALLOON88 / The Levee Breaks / 桜梅桃李 * 桜梅桃李 他


と都合3回連続の三軒茶屋になるのだが、こちらもディスコロック、ダンサブル盛り沢山の内容となってるので楽しみにしていて欲しい。

詳細は後ほどUPする予定だが、この日も是非とも遊びに来て頂きたいと思う。



また個人的にサポートドラムで1本10月に入ってるのだが、これまたビックリするくらいメモリアル尽くしであり、今までに無い位プレッシャーを感じちゃったりもしてる内容が決定してる。

これもまた追って詳細はお伝えするが、本当に本番中失禁しないか不安でしょうがない日になりそうな予感がする・・・


まぁこれら全てが素晴らしい一日となること請け合いなので、皆様方是非とも会場に足を運んで体を揺れを音楽に乗せて楽しんでもらえればと思う。


なお、チケットの問い合わせ等は

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

まで頂けたら、涙なしでは語れない地下活動記を添えてナビさせて頂くので是非ともご活用を。
それでは会場でお会いしましょう!!!


3104
形あるものいずれは壊れる運命にある
今現在釣り日記執筆中だが、私の右耳に常にぶら下がっていた


ガムランボールのピアス
名づけてガムランピアス


が先日壊れた・・・


元々4、5年前にちょっと変わったピアスを付けようと思い、ペンダントトップとして売られていたガムランボールをピアス用に改良し付け始めたのが発端。

その時作った1号機バリを旅してる時に落として、現地の店員に新しく作ってもらった2号機を付け始めてから早3年

そう考えると恐ろしい期間付けてたなと思うのだが、ついこの間金属の劣化により繋ぎ目の部分が壊れてしまった・・・


最早お守り代わりとして付けていただけにショックを隠せないのだが、形あるものはいずれ壊れるし、なんなら3年以上も風雨に耐えていた事に改めて感動するのであった。


ただやたらとジンクスを気にする性質なので、このまま右耳が空位になるのは不安だったので、3号機を見つけるまでは当面働いてもらおうということで、セメダインで補修し今も見に付けている。


しかしまぁ本当に長持ちしたな~。もう限界に近いがあと少しの間頑張ってくれよ!


3104
3104世界を釣る! その③
はてさてホント釣りの前からハプニング続出で驚きを隠せない状態だったが、ようやく全ての準備が整い釣りを飼開始した2人。


ちなみに今回のターゲットとなる魚はチヌ(クロダイ)。
どんな激闘が待ってるのか期待に胸を膨らませながら海原に針を投下・・・








に失敗し、早速指に針が引っ掛かり悲鳴・・・








といったお約束もしっかりこなしつつ何とか海に糸を垂らすと、視界の横から見慣れない茶色い物体が私の浮き目掛けて投げ込まれた!


何だ!?と思いつつ投げた方向に目をやると、大先生が撒き餌をしてくれたのだった。
しかもこれが驚く位正確にベスポジを捉えるので、いちいち感動し笑い転げてしまう私なのであった。



そんな新たな発見をしつつも徐々に戦闘モードに突入の私だが、ズブの素人がドライアイになりそうな位浮きの様子を観察しても、ヒットの判断がつけれないままエサだけ食われるという事が何回も続いていた。


しかしこの釣りというのは本当に色んな工夫を凝らしてて非常に面白い。

浮きのタイプやエサの種類、今回は撒き餌も用意し、至れり尽くせりの状態にして霊長類のトップが魚類に挑戦を挑むという構図。しかしそれでも魚類が勝つのだから面白い。


んなことを考えてたらまたエサを食べられてて軽くショックを受ける状態が続いていた。


そうこうしてる間に陽は徐々に傾き、夕暮れ時を迎えた頃。
遂に私の右手に今までに無い重圧感がのしかかってきた!!!





『きたっ!!!』




もうこうなったらレクチャーの内容が一瞬で飛んでしまい、無我夢中で竿を上げたり糸を巻いたりと軽いパニック。
そんな無様な私の横に気付けば●ルターが立っていて、今一度ゆっくりと魚の引き上げ方を教えてくれた。

これで俄然冷静さを取り戻した私は、徐々に糸を巻き、魚を海面まで引っ張り、遂にその姿を視界に捉えることが出来た瞬間














フッと竿が軽くなり、ホント直前で魚に逃げられてしまった・・・








チキショーーーーーッ!!!








え?なんで?マジで?と悔しさが積もり積もってきたのだが、


ワ●ター「まぁあれはフグだから釣ってもしゃーないから気にすること無いよ。」


と即座のナイスフォローに救われ、気持ちも新たに再度トライ。
しかし「逃した獲物は大きい」という言葉がいつになくしっくりきた瞬間でもあった。


徐々に釣りの面白さを理解し始めた私の次の獲物は何だろう?そんな完全なる皮算用をしながら、更にヒートアップして竿を傾けるのであった。



思った以上に長くなってしまったので、タイトルも軽く修正し次回に続く。


3104
3104世界を釣る! その②
いきなり集合場所が違うというハプニングが発生し、開始早々暗雲が立ち込めた今回の釣りツアーだが、何とか1時間後の12:00に池袋でようやく合流を果たした私達。


早速車で一路●ルターオススメの釣りスポットに向かうのであった。


いつもは暗いライブハウスや夜互いの家で会ったりするのが常だった為、真昼間から会って遊ぶというのは意外にも初。健康的な感じでなんだか新鮮な気持ちだった。


道中は勿論先生の釣り講義に始まり、釣り講義に終わるという釣り尽くし!なんならギターよりも熱く語ってるんじゃないか?と思うほどその眼差しは真剣であった。

けれどもよくよく話を聴いていくと、釣りでこだわってる部分とギターでこだわってた部分に共通点が多く、どのジャンルにおいても揺らがない彼らしさがきっちりあるんだな~と感じれてかなり面白かった。


勿論他愛も無い話も多く、いつも爆音鳴り響く部屋でお互いにやるべき事が他にある中での会話が多かったので、こうしてゆっくりとした流れの中でお互いの話が出来たのはかなり有意義な時間でもあった。


そしてそうこうしてる間に一行はオススメ釣りポイントに到着。細い道を通り抜けギリギリの所まで車を入れようとした矢先・・・











ガゴンッ!!!








という物凄い音が響き渡り背筋が凍った・・・

ハッとした2人はすぐさま車を降り、音のした方に目を運んでみると・・・











車の部品が豪快に取れていたのであった・・・






うおっ!?マジかよ!!!


すぐに大丈夫なのか確認しようとしたら


ワ●ター「大丈夫だよ!問題ない!」


と全然意に介してない様子。まさかあまりの釣り欲に脳がおかしくなったのか?と心配になる位楽観的に捉えてたのでこれ以上は聞かない事にした。


とまぁ既に事件が2つも起きてしまう展開に驚きを隠せないのだが、ようやく目的地に到着。
早速戦の前の腹ごしらえとして潮風を浴びながら昼食タイム。贅沢微糖に負けない位贅沢な時間を味わい、いざ出陣に取り掛かる。


ここでも最終的なレクチャーを受け、大先生に用意してもらった釣りセット一式(針も浮きも仕掛けもエサも準備してもらった)を携えポイント決め。


これで全ての準備が完了し後は大自然に挑むのみ!果たして何が釣れるのだろうか?期待に胸を膨らませながら、相模湾に針を沈めるのであった・・・


続く


3104
3104世界を釣る! その①
先日惜しまれつつ解散してしまったバンドのギタリスト(男)に誘われ釣りに行く事になった。


前から彼が釣り好きなのは知っててしかも今人生のヴァケーション真っ只中らしく、たまにはのんびりとした時間の使い方をしたいなと思ってたので、これはチャンスと思い、野郎2人で横須賀の方まで向かうことになった。


ちなみに私の人生はやたらとと関連する事が多かったのにも関わらず、生物に触れるのが苦手な性格が災いし、今まで数えるほどしか経験した事が無かった。けれど、今回は軽く釣りジャンキーの彼は手取り足取り教えてくれるという事だったので、本当に身一つで向かうことになった。


また今回は彼の方で車を借りてきてくれるというナイスな配慮だったのでどっかで待ち合わせしてから海に向かう流れになっていた。


そして釣り日前日に彼からこんな待ち合わせメールが届いた。


明日は11:00頃に椎名町の駅に集合して行こう
駅近くまで車で迎えに行くわ。
宜しいね



この椎名町私の住んでる池袋から1駅の近場。しかも彼も沿線の練馬付近に住んでるという土地勘もあったし、大通りに出るにはここら辺で集合するのがベストと判断した結果だろうと思い即座に


了解


と返信を送っておいた。



そして時は流れ釣り当日。
時間に多少遅れたものの、なんとか椎名町に到着した私。道中多少遅れる旨を伝えておいたので改札を出てすぐさま電話を掛けてみる。


3104「もしもし、遅れてごめん。今付いた~。」


●ルター「おう。全然構わんよ。」


3104「どこに向かえばいい?何口の方」(椎名町には北口と南口がある)


ワ●ター「う~ん、こっちは何口だろ?ロータリーがある方だね。」


3104「わかった。なんかさっき車が止まれそうな場所があったからそっちの方行ってみるよ。」



とまぁ良くある待ち合わせの会話を済ませた後、ロータリーらしき所に向かってみるがそんな車が一切見当たらない・・・反対側の出口も同様でロータリーすらない。とりあえずもう一回電話をしてみることに・・・


3104「もしもし。ロータリーが見つからないんだけど・・・」


ワル●ー「そう?じゃあ歩道橋は見える?」


3104「いや、線路をまたぐ陸橋はあるけど、歩道橋は見えないね・・・」


ワルター「え?今3104は信濃町にいるんだよね???」


3104「???椎名町じゃないの???」


●ルター「え、今俺信濃町にいるんだけど・・・」


3104「え?」


悪太「そっか・・・ほいじゃあ今から池袋に向かうからそこで合流しよう。」


3104「お、おう。分かった。今から向かうよ。」




とまぁものの見事に集合場所のすれ違いが生じ、釣りが始まってもいない段階でのハプニング発生!!!
いつになくありえない展開で幕を開けたこのシリーズ、果たしてDOなってしまうのか??


続く


3104


ちなみに電話終了後すぐさまメールを確認したのだが、やはり文章は椎名町
彼には悪いが少しホッとしたのはここだけの話にしておこう・・・

意外とめんどくさい・・・
それは



名前(苗字)を間違って呼ばれてる時



である。


私の苗字は一応『森谷』と書いて『もりや』と読むのだが、高確率で


『もりたに』


と呼ばれることが多い(『しんたに』も一度あった。それは稀過ぎて鮮明に覚えてる)。


ハッキリ言って幼い頃から延々と間違われてるから、せいぜい「あ、そういえば言ってなかったな・・・」って程度で最早気にしてない。

呼んでる方も悪気があるわけでもないので、訂正するのもめんどくさいから基本スルーしてる。

たまにこの人には覚えて欲しいなって思った時にはしっかり教えようと思うのだが、大抵そういう人は普通に教えても一度覚えたら間違えないので特に執着することはない。
(親からしたらガッカリするのかもしれないが、読みづらい苗字の宿命として割り切ってもらいたい。)


たまに何回も間違えてて、最終的に間違ってる方が正しい苗字と思い込んでる人もいるのだが、そういう人はいつまで経ってもその程度の人なんだなと思うので、こちらもそのままスルーしてる。

厳しい言い方かもしれないが、人の名前なんて最低限の常識なんだからそれをクリア出来てない時点で自分をしっかり磨いてきてくださいとしか言いようが無いのが正直な所。


けど実際の所どういう対処をした方がいいのか疑問に思うときがある。

ずっと間違えたまま覚えてしまい、後で本当のことを知った瞬間のその人の恥ずかしさを考えると最初の段階で何度も教えた方がいいのだろうか?

と言うのも一つの答えだし、

なんだか訂正して恥かかせるのもDOかと思うのでスルー

も一つだと思ってしまう。


間違われやすい苗字、名前を持つ皆さんはどう対処してるのだろうか?気になる所である・・・


3104


ちなみに名前漢字表記が間違えられる(『諭』なのに『論』とか『輸』など)。
これも重要書類以外はめんどくさいので基本的にスルーしてる。


どんだけ間違われやすいフルネームなんだ!!!
夏の終わりのエレクトロ
夜は段々と涼しくなってきた今日この頃、如何お過ごしであろうか?


最近はゲームだナイターだと遊びネタを中心に繰り広げてきたのだが、そろそろ季節も秋に移り変わるという事でガツンとライブをかまして、新たにダンスの秋という謳い文句を生み出そうかと意気込んでる所である。


という訳で2ヶ月程空いてしまったのだが、久々に音楽的お知らせをば。

桜梅桃李ライブ
2010年9月23日(木・祝)
三軒茶屋HEAVEN'S DOOR


[ tip of the times ]
OPEN 18:30 * START 19:00
チケット 前売¥1,800 * 当日¥2,100 (共に1drink別)

出演 高速スパム * TAKESI * HATENA TAXI * 打首獄門同好会 * 桜梅桃李



今回はかなり豪華な出演者の中に組み込まれたので気合十分の一同。
しかも紹介文で

クレイジーファンキーディスコサウンドというジャンルが有れば間違いなくそこに属すであろう『高速スパム』、 お馬鹿な緩さと尖った前衛主義を併せ持つ『HATENA TAXI』、2ピースならではの全く新しいポップスタイルを追求し続ける『TAKESI』、エレクトロポップのど真ん中に突如現れた注目の『桜梅桃李』、そして新音源発売間近の『打首獄門同好会』も急遽参戦決定!
まさにtip of the timesなバンドが大集合!


なんて書かれてしまったもんだから俄然アゲアゲな現状。


その他色々な要素が混じり合い、やたら今回はエレクトしそうな予感がするが、久々に皆様の前に立てる事を喜びつつ、ご来場を心よりお待ちしております!!!


3104


ちなみに最近の桜梅桃李ということでライブ映像を1本UPしてみた。



タイトルは「synesthesia」(読みはシナスタジアで、意味は知りたくばネットで検索!)

基本3拍子のダンスビートで、クライマックスに4拍子に戻るという中々乙な展開が組み込まれてる楽曲である。
まさにこの世代でした
前回の日記でファミコンネタを書いたのだが、たまたまこの時期任天堂 スーパーマリオ25周年キャンペーンだったみたいで、更にレトロ感溢れるCMが流れていて感動した。


任天堂 スーパーマリオ25周年キャンペーンCM



ほぼほぼ当時のあるあるネタ満載なのだが、


EJECTを押してカセットを軽く浮き上がらせてから電源を入れると繋がりやすい


がなかった点は多少悔やまれた。



しかもこの「フゥーッ」ってカセットに吹きかける行為は当時誰もがやってたと思うのだが、この度任天堂のHPで


【キャンペーンTVCMに関して任天堂からのお知らせ】

ファミリーコンピュータが発売されていた当初、カセットの金属端子部分に息を吹きかけ、ほこりを飛ばす行為が全国的に広まりました。しかし、現在ではこの行為は、サビによる故障の原因となることが分かっております。これは、ニンテンドーDSなど、金属端子を持つすべてのハードやソフトに共通することですので、端子部に息を吹きかけないようにしてください。ほこりや汚れが気にかかる場合は、別売りのクリーニングセットをご利用くださいますようお願い申し上げます。



と発表された。(コチラはその動画)



って事は当時のあれはただの都市伝説!?あんだけ効果を発揮してた原因は何だったの!?

今頃になって分かった真実に軽くビックリしながらも、当時日本全国にこの「フーッ」が広まっていた事に改めて感動するのであった。


3104
最早レトロゲームの仲間入りなのか?
もう既に浸透してると思うのだが、最近のゲーム機(ハード)はネットに繋ぐと昔のゲームをダウンロードして今のハードでも遊ぶことが出来る様になってる。

先日ようやくWiiをネットに繋ぐことが出来たので、ニンテンドーショップに転がり込んで色々と物色してみた。


当時は親にねだりまくって買ってもらったソフト(約4,000円~5,000円)が、今は値段は1本500円から1,000円位なのに軽いショックを受けつつも、


「あ~、懐かしC!!!」


と昔を思い出したり、


「こんなのもあったんだ~。」


なんて今更ながらの発見があったりと、見てるだけでも十分楽しむことが出来た。

そんな中で私の琴線に人一倍触れたのが


『メトロイド』

Wiiで新作が出たのだが、これもやってみたい!





『ゼルダの伝説』

バグによりクリア直前で涙・・・


である。
両者ともディスクシステムというその試みが成功したか失敗したかは謎だったが、ゲームはやたら名作が多かったシリーズである(他にも『謎の村雨城』『ファミコン探偵倶楽部』など)。


ゼルダの伝説は他のハードでも色々と新作が出てるから知ってる人も多いだろうが、やはり1が出た時の衝撃や完成度は凄かったと思う。
私も例に漏れずガッツリ遊んでいたのだが、なぜかある面のみボスに辿り着けないというイリュージョンに巻き込まれクリア直前で断念・・・
トライフォースも最後の一欠片だけ空白で涙を呑んだのであった・・・


続くメトロイドも最初はモリモリ遊んでいたのだが、ディスクシステムでの代表的な悲劇


エラー


により一切遊べなくなってしまい、部屋の片隅で泣いていた記憶がある。


という訳で尚更この2作品は今になってもクリアしてみたいと思うゲームなのである。
だがしかし、昨今の風潮の難易度低下のぬるま湯に浸かっていた私は、あの頃の理不尽なくらいに難しかったファミコンゲームを果たしてクリア出来るのだろうか???


何回死んでも凹まない気持ちになったらトライしてみようと思う。


3104

懐かしい~
晩夏の集い あとがき
今日は今回の野球観戦で感じた事をズラズラとつづっていく日にしようと思う。
特にスポーツに関して興味がある方なら是非とも読んで頂けたら嬉しい限りである。


ちなみにこの文章は明らかに私の独断偏見がテンコ盛りなので、皆さんはそれを考慮した上で異論反論オブジェクションを持って頂きたいと思う。


まず


『野球と言うスポーツがなぜ世界的に見てもレベルが高いのか?』


という部分。これはざっくり言ってしまうと、


日本人全員が監督気分


で野球というものを捉える事が出来るからだと思う。
簡単に言うと大多数の人が野球という球技を知ってるし、誰もがいろんな場で


「何でそこでバントなんだよ!!!」


とか


「何で●●を出さないんだよ!!!」





「今年の××は強いね~。」


と言った野次批評が即座に出てくる点。


確かにサッカーもあるのだが、やはり絶対数が少ない・・・

誰もが気軽に批評なり持論をぶちまける事が出来る環境があり、それが四方八方から飛んでくるのだから選手としても気が抜けない状況になり、それがプレーの向上に繋がり、ひいては競技全体のレベルアップにも繋がるという流れである。

またメディアもやはり野球に関しては厳しい意見もズバズバ飛び交う。確かに選手にしては辛いだろうけど、やはりこれも日本の野球レベルの向上に一役かっていると私は思う。


だからサッカーも某解説者みたいに全て


「気合でカヴァーしてもらいたいですね!!!」


等の精神論で実況を語るのではなく、もっと言いたい事を電波にぶちまけて意見を交し合う場面が多くなればレベルアップに繋がるんじゃないかなと私は感じる。
そしてそれを見たり聴いたりすることで私達一般人にもその競技の見る目を養うことが出来るのだから。



さて続いてのお題は


『野球とサッカーの融合』


を感じる事が多いなと。
それは応援するファンの人達を見ればそれが顕著に現れている。

現に本編でも語ったように『観客のユニフォーム着用率の高さ』は明らかにサッカーの影響を受けての流れだろうし、逆に日本サッカーで見られる常にチャントがみんな息ぴったりで四六時中響き渡るのは野球のヒッティングマーチからの流れだと思う。

確かに海外でもチャントはあるがその頻度は低いし、大半がじっくりと試合を眺めてチャンスやピンチの時に堪えきれず声が漏れる位である。

とまぁざっくりと応援観について綴ってみたが、これによって日本独自の応援スタイルってのが確立してきてるのではないかと思う。そして更なるオリジナリティを見出せそうな予感も十分感じた私がいた。


ただしかし一言だけ加えたいのは、両者ともどうか


フーリガンの影響は受けないで欲しい


と思う。サッカーの普及と共に知られる存在となっし、日韓ワールドカップ以降勝利の美酒に酔いしれたファンの暴走が多くなってきたが、これはハッキリ言って迷惑行為なのだからそれには影響を受けないで欲しいなと思う。

確かに好きなチームが勝って嬉しいのは分かるが、だからといって破壊活動が奨励されるわけでもないし、海外でもなんだかんだで取締りを厳しくしてるのだから、変に勘違いすることなく大いに盛り上がって欲しいと思う。



とまぁざっと2点に関して私なりの意見を述べていったのだが、皆さんはどう感じただろうか?



まぁ兎にも角にも自分の国がその競技で世界の上位にいけると俄然盛り上がるのは正直なところ。
卵が先か親が先かは分からないが選手とファンとの相互関係により競技レベルがドンドン上がっていくのは間違いないだろう。


という訳で散々書き殴ってきたのが、最後にこれから日本人が勝てる競技がドンドン増えていくと嬉しいなという願いを込めて今日の日記を締めくくろうと思う。


3104
晩夏の集い 後編
さてさて熱狂的猛虎党の2人に挟まれる形での観戦になったヤクルト対阪神戦in神宮球場

今回は阪神がビジター(野球用)なので先攻。早速ヒッテイングマーチの大合唱が始まるのだが、



まったくをもって歌えない・・・



残りの2人はDOなのとチラ見したら



2人ともよどみなく唱和してる・・・



約1名なんかは久々の阪神側での応援だと言ってたのに、どうしてそこまでソラで且つ大声で歌えるのか?
予期せぬところでの猛虎愛を感じた私はなんだかニンマリしてしまったが、その笑顔も徐々に薄れる小さなアクシデントが発生する。

それは・・・



約1名あまりにも一心不乱にメガホンを叩いてるもんだから、反動が私の体にガツガツぶつかってくるのである・・・



外野席の密集具合が招いた弊害だが、まぁこれも猛虎党に入る為の儀式の一つだろうと広い心で許す事にしてゆっくり試合観戦をすることにした。


そして試合は流れて立ち上がりは静かな展開へ。もしかしたらこのまま行くのかな?と思った虎党2人は攻撃中にも関わらず喫煙なりトイレなりで席を外していた。
そんな中1人でボーっと気兼ねなく試合を眺めていると、








この試合初得点のホームランが生まれたのであった!!!








ってかこの瞬間に立ち会ってるのが、自分だけってDOいうこと???





しかも最近不振にあえいでいたチームを試合開始前散々嘆いていただけに、この反撃の狼煙を見逃したのはさぞかし痛手であっただろう。
だがしかしそこは転んでもただでは起きない猛虎党。


「わしがベンチまで行ってアドヴァイスを授けたから打てたんじゃ!」


と訳の分からない言い訳をしていたのが印象的だった。



その後も猛虎打線は爆発を続け、それぞれのお気に入り選手の活躍や守護神の登板もあり、テンションは最高潮で勝利を収めたのであった。

いや~しかし本当に勝てて良かった
別に阪神を贔屓にしてる訳ではないが、今日負けると2人の機嫌斜めどころじゃない位の方角にいってしまいそうだったので、そういう意味でも今日の勝利は重要だった。


勿論その後は3人レプリカ着用で居酒屋へ行って今後の展望を熱く語り合うのであった・・・


まぁ私自身も久々の野球観戦だったし、ドームにはない開放感、神宮恒例の花火、傘の乱舞、猛虎党の盛り上がり等オイシイ所は全部味わえたので大満足である。


後は日本シリーズを近場で見れればな~なんて淡い期待を抱いているので、関東圏のチームは是非とも日本シリーズ出場権を勝ち取って貰いたいものである。

今年は特別暑いシーズンを過ごすことになり、選手の皆さんも体力的、精神的にキツい時期だと思うが、怪我も無くベストな状態でラストスパートをかけてもらいたいと切に願う。


晩夏の集い 終


3104
晩夏の集い 前編
つい先日熱狂的猛虎党の友人2人に連れられて神宮球場ヤクルト対阪神戦のナイターを見に行った。

日本のプロ野球に関しては見るのは好きだが、欧州サッカーほど特に好きなチームがある訳でもなく、基本は楽天イーグルス昨シーズンの成績がBクラスのチームを応援することが多い。
今回も純粋に野球の試合が見たかったのと、熱狂的猛虎党の応援っぷりを間近で眺めてみたいというのがあった。


今まではとあるルートからチケットを貰ったりして東京ドームでの試合は見に行った事があるのだが神宮球場で見るのは初。しかも巡り巡って来るチケットの為、阪神戦等の人気カードはそんなに見に行けてなかったので、久々に面白そうな予感を感じていた。

しかも昔学生時代のアルバイトで何度も神宮球場に出前配達した懐かしい場所。いろんな意味で私の琴線に触れる回数が多い試合である。


という訳で近所のコンビニでレフト側の外野席チケットを購入し試合開始に合わせてのんびり行けばいいのかな?なんて思ってたら、猛虎党の2人から


「開場時間に待ち合わせで。」


という試合開始2時間前に球場入りという気合十分の連絡網が回ってきたので、郷に従う形で開場時間に集合。
約1名はグッズ購入をしてた様で、その際に購入したレプリカユニフォームを渡されてこれで私も見た目は虎党の1員に・・・


その後無事に全員と落ち合い、早速座席確保に繰り出す3人。だがしかし・・・










良さげな席は開場30分程で全て埋まっていた・・・



結局私達はファール方向に流されて、ホームランかファールかギリギリで残念ながらファール的なポジションで落ち着いた。

まぁ下手に中央付近によって熱狂的猛虎等の方々に絡まれても面倒だし、熱烈ファンがフーリガンに豹変した際には茶化しそうな予感を周りが感知してたみたいで、ある意味いいポジショニングではないかと思う。


そんなこんなで座席も決まり、後は試合開始までビール。炎天下の下久々に空の移り変わりを眺める風情を味わいつつ球場をのんびり眺めていた。


その際にふと気付いたのだが、


あの阪神と言えば真っ先に思い浮かぶ

ナイター中継があった時代はこれを被ってる人が多かった気がする・・・

これの着用率が低く、それに取って代わる形で


ユニフォームの着用率


が大幅に増えてた気がする(現に9割ほどの人が何かしらのユニフォームを着てた印象)。


これはサッカーの影響を受けての流れなのかな?なんて思いつつ、時代の移り変わりも実感できるひと時であった。


とまぁ試合開始前から十分に満足な私だったが、まだ猛虎党の2人には物足りないらしく、如何に自分がトラを愛して止まないかを熱弁し、応援グッズを渡され、試合中の諸注意(これが自分には一番重要らしい)を受ける私。
すると遂に試合開始を告げるアナウンスが流れ出し、あたり一面のテンションが一気にヒートアップ!


勿論その渦の中に私もいるのだが、果たしてこれが9回まで保てるのか?多少不安になりながらもメガホンをガチガチ鳴らしながら観戦に挑むのであった。


続く


3104
欧州サッカー今年のイチオシチームをゴリ押し
今年も欧州サッカーリーグが開幕した。
8/31の移籍期限も過ぎ、当面は冬まで戦えるだけの戦力を各チーム補強したようである。


勿論私もそれを受けて今年の選手名鑑を購入し、どのチームが優勝もしくは飛躍するのかを予想していきたいと思う。


そんな中今年応援するチームは今まで通り


・チェルシー(イングランドリーグ)
今年こそチャンピオンズリーグ制覇へ!




・ビジャレアル(スペインリーグ)
起こせジャイアントキリング!


だが、今年はこの2チームに加えてイタリアのチーム

・ジェノア
その昔キングカズも在籍してました。


をチェックしてみようかなと思ってる。

ちなみにこのチームは昔日本の象徴キングカズも在籍してたクラブなので、聞いたことあるって人もいるだろうが、ここ数年は中位から下位に身を置いてるチームである。


そんな中今年は大型補強を敢行したし、監督も中々面白そうな戦術家のようなのでこれから先が気になるクラブである。


という訳で今年は遂に欧州3大リーグ全てに応援するチームが出てきた。ある種喜びも3倍、悔しさも3倍の日々が春まで続きそうである・・・


今年もサッカーが面白そうな予感がテンコ盛りで今から楽しみだ。


3104
体がだいぶ絞れてきた
最近久々に会う人によく


「痩せた?」


と聞かれることが多く、ようやくジム通いの成果が出てきたのかなと1人でこっそり嬉しがっている。


けれど体重の推移自体はここ1~2ヶ月くらいそんなに変化がないのだが、余分なラードが削ぎ落ちてマッスルが付いたのではないかと思われる。


ちなみにそれを実感するいい例として、

・座ってると尻の骨が地面に当たって徐々に痛くなる(自転車のサドルのフィット感も違う)
・横になってるとやたら骨に当たってる感があり、ベストポジションを確保するのに多少の時間を要するようになった


っていうのが挙げられる。


とはいえ体作りは楽しいし、こういう事は自分の体が変化してるから起きている事なのだとかなりポジティブに解釈している。


ただ個人的な目標としては●●kgまで頑張る!っていうのではなく、ただひたすらにバテないスタミナが欲しいという方が強い。
しかしまだ自分が理想とする体型及び体力に達してないので、もうしばらくはジム通いに励みつつそれを上手い具合に音楽活動に還元していきたいと思う。



しかも最近身の回りでもジム通いやトレーニングに励む人が増えてきていて非常に嬉しい。
会話の内容が筋肉よりになるのは少し難点だが、これからも互いに励ましあいながら少しでも長く続けていければと思う。



さぁ今からジムでトレーニングだ!!!


3104
自分に置き換え可能でないとダメらしい・・・
そういえばここ最近見てるテレビに


『ハンマーセッション』


がある。(なんだかんだで毎週欠かさず見てるのはこれと龍馬伝位)


きっかけは前クールにやってたドラマを毎週録画に設定していて、そのキャンセルを忘れてたためたまたま第1話が録画されてたのをきっかけに見始めた経緯がある。


基本教師ドラマが大好きな私としては一度見始めたら最後、がっつりテレビにかぶりつく日々が続いていた。


しかしまぁ何でこんなに好きなのかな~なんて思っていたら、とある友人が


「自己投影が出来そうなジャンルだからじゃない?」


と中々もっともな意見を言われてハッとした。
確かに私が好きなドラマは教師ものが圧倒的に多いが、そのどれもが主役は男性。いまや教師ものの代名詞にもなった「ごくせん」にはピクリともしなかったし未だに見ていない・・・


またド本命を選ばないマイノリティな性格もあるのだろうが、こういったことからも自分の知らない自分を発見してニンマリしてしまった感がある。


あともう少しで最終回だが、どうかしっかりとした大団円で20:55分を迎えて欲しいものである。


3104

ハンマーはちゃっちいが中身は面白いです。
桜梅桃李9月のライブが決定
今現在新曲作りの為にライブ活動を控えめに、地下での生活が多かったのだが、中々面白そうな話を頂いたのでひょこっり参戦してみようかなと思い、約2ヶ月ぶりのライブを行う予定。


詳細はコチラ



2010.9.23.thu 三軒茶屋HEAVEN'S DOOR
[ tip of the times ]
OPEN 18:30 * START 19:00
チケット 前売¥1,800 * 当日¥2,100 (共に1drink別)


出演 高速スパム * TAKESI * HATENA TAXI * 打首獄門同好会 * 桜梅桃李

以下はライブハウスのHPから借用。こんな紹介をされると嬉しくてしょうがない!↓

クレイジーファンキーディスコサウンドというジャンルが有れば間違いなくそこに属すであろう『高速スパム』、 お馬鹿な緩さと尖った前衛主義を併せ持つ『HATENA TAXI』、2ピースならではの全く新しいポップスタイルを追求し続ける『TAKESI』、エレクトロポップのど真ん中に突如現れた注目の『桜梅桃李』、そして新音源発売間近の『打首獄門同好会』も急遽参戦決定!
まさにtip of the timesなバンドが大集合!


とまぁかなり豪華なラインナップに組み込んでもらえたのでかなり感謝でもあり、当日が楽しみで仕方がない。


このイベント名[ tip of the times ]=時代の先端という冠にウチが属してるのかどうかかなりの疑問だが、気持ちは先頭集団のつもりなので常に全力で走り続けたいと思う。


という訳で23日の祝日は三軒茶屋で僕と握手!!!


3104
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。