FC2ブログ
3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
201005<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201007
4位と45位の差
だああぁぁぁぁぁぁぁぁっ!悔しい!!!


ちきしょーーーーっ!ホント後少しだった!!!


圧倒的な点差ならここまで悔しくないのだが、1-0という結果、そして引き分け(勝利とは言わない)に持ち込めた場面も攻守に渡ってあったので何とも悔しい!



ちなみに今日のタイトルの数字はFIFAランキングの順位であり(オランダが4位で日本は45位)、一応これを判断基準に用いてあーだこーだ話す事が多い。

そう考えると41位も差があるのだから、負けて当然じゃね?って思うかもしれない。

だがしかしサッカーは他ではありえない位に『番狂わせ』が多いスポーツ。何故そんなに多いのか分からないが(私は『足を使うからじゃない?』って安易な発想だが)、それが世界中を熱狂させる要因の一つになってるかもしれない。


となると

「ランキングなんて意味無いんじゃない?」

ってなるかもしれないが、私はこの順位を『チャンスをモノに出来る可能性が高い順』という意味合いで捉えるようにしてる(しかし先日のスペインはランキング2位で、あれだけチャンスがあったのに得点できなかったのだからこの発想もかなり怪しい)。


そう考えると数少ないチャンスをしっかり得点に結びつけたオランダと、終盤猛攻をかけて数々のチャンスを生みながらも得点できなかった日本、という構図で何となく渋々ではあるが納得できる気がする。


とはいえ可能性が見えてた試合なだけにこの結果はとても悔しい!


終了間際の岡崎選手のシュートが外れた時や、後半ロスタイムで長友選手が倒れたとき「PKか!?」と期待してたのに違った時のガッカリ感には凄まじいものがあった。


とはいえまだ最終節が残ってるので、残り1試合きっちり勝って決勝トーナメントに進んで欲しいと思う。

頑張れニッポン!!!


3104
スポンサーサイト



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.