3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
200910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200912
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当にありがとうございました!
無事に終わった~!



どうにか無事に桜梅桃李レコ発ツアーファイナルが終了になった。
ご来場下った皆様、イベント出演バンド及びライブハウススタッフの方々本当にありがとうございました!!!


時間が遅かったにも関わらず多くの人が残ってくださったし、CDも売れたし、象の耳も好評だったし、体はボロボロになったが、本当にやってよかったと思える1日であった。


さすがにじゃあ来月にでも!って気にはならないが、また来年にでも機会があればやりたいと思ってるのはここだけの話にしておこう。

まだまだ話し足りないこともあるけれど、あまりいつものトーンでいってしまうと、せっかくの素敵なイベントが台無しになってしまう恐れがあるので、この辺で当日のセットリストの紹介にしようと思う。


2009年11月29日(日)渋谷GUILTY
[ 桜梅桃李レコ発ツアー『桜梅通り 1号線』 FINAL ]

①Jalan
~MC~
②新曲
③クライマックス(Re-arrange)
④TUNE TONE
⑤Silent Movie

encore
LOOP



という皆様の愛に守られたセットリストであった。


さて次回は12月19日(土)にソロホーマー、コージコナーとの共同企画を新宿marbleにて行う予定。

こちらも1年を締めくくるべく仕込みの真っ最中であるので楽しみにしていて欲しい。



とまぁまだまだ12月は始まったばかりだし、ライブ納めも終わってないのだが、ここ数日はのんびりさせてもらうのでご了承を・・・


3104

ちなみにまた衣替えしました
スポンサーサイト
遂に最後のピースが埋まった
ご来場心よりお待ちしてます!!!


いよいよ明日を本番に控え更に慌しく過ごしているのだが、ここでイベントの特典が追加になったのでご報告。



『象の耳』の会場内販売が決定!!!
ありがとうございます~。



以前の日記でも紹介した世界初製法のパンを今回出店して頂ける事となり、会場内で是非ともライブのお供にして欲しい逸品である。


今回は甘いトッピングやがっつりボリュームのあるトッピングを計9種類と、本店のみで販売してる伝説の揚げフランク(数量限定)を用意してもらった。


これでお腹が減った時気軽に注文してもらえれば、皆様の手元に届き、快適なライブライフを過ごせること間違いなしである。


という訳で最終告知をズババババババーンと掲載!


11月29日(日) 桜梅桃李レコ発ツアー『桜梅通り 1号線』FINAL!


 場所 渋谷GUILTY - http://www.guilty.ne.jp/
 開場 18:00 / 開演 18:30
 チケット 前売¥1,800 / 当日¥2,300 (共に1drink別)
 出演:桜梅桃李 / ソロホーマー / COAL SACK / BETTY'S GLAMOUR / Lefty Life Lift


桜梅桃李はラスト21:10からですが、素晴らしいバンドが盛り沢山!
是非とも最初からご覧くだされ!


☆イベント特典☆
 ――――――――――――――――――――
  1. ウェルカムドリンクサービス!
 ――――――――――――――――――――
  シャンパン・ジュース・ウーロン茶をご用意してます。
  受付付近に陣取ってますので、是非お立ち寄りください!

 ――――――――――――――――――――――――――――
  2. 来場者全員に出演バンドのオムニバスCDをプレゼント!
 ――――――――――――――――――――――――――――
  各バンド渾身の音を届けてくださいました。
  お家に帰った後はこのCDで引き続き余韻をお楽しみください。
  ブックレットはフルカラーで各バンドプロフィールを掲載!

 ―――――――――――――――――――――――――――――
  3. 世界初製法で話題のパン屋”象の耳”を会場内にて販売!
 ―――――――――――――――――――――――――――――
  ニュースなどに取り上げられる近頃話題の揚げパン屋さん。
  会場後方にある物販席で販売します。全9種類☆
  出来たてを楽しんでいただきたいので少々お待たせする可能性もありますがライブのお供に是非注文してみてください!

 ――――――――――――――――――――
  4. 転換中はお笑い芸人ペタスが登場!!
 ――――――――――――――――――――
 バンド転換中にはイベントMCとしてお笑い芸人のペタスが各バンドを紹介してくれます。
 もちろん各バンドさん達も顔を出してくれるハズ。
 食べたり飲んだりダベったり笑ったり、転換中も楽しんでいただけたらと思ってます。



とまぁライブ以外にも二郎ラーメンみたいにいろいろな物を詰め込んで、皆様のご来場をお待ちしておりますので、是非とも宜しくお願いします!

チケットの問い合わせに関しては

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

までメール頂ければ私の暑苦しすぎる情熱を乗せて返信させてもらうので是非とも!
ツアーファイナル参加バンド紹介 その5
そういえば肝心の自分達の紹介をしてなかったので、本日は主催バンドのご紹介をば。
しんがりに登場するのは、勿論私が所属してるバンド


『桜梅桃李』


どうにかこうにかレコ発ツアーも残りファイナルを残すまでとなり、今は気合全開で多少放電気味の状態である。


特にこの1年は今まで以上にバンドの計画や音楽性に関して打ち合わせを繰り返し、紆余曲折や衝突の果てにようやく人力でエレクトロな世界を奏でるっていう方向に固まった感がある。


そして今年は特にここまで何とか来れたのは自分以外のメンバーの尽力も大きいし、勿論携わってくれた人、お客様の力に拠る所が大きいと感じる場面が多かった。
きっと誰か一人携わる人間が欠けてたら。ここまでには辿り着けなかったと思う。


そういった感謝の意を込めつつ、そしてこれからもどうぞご贔屓に!っていう願いを込めて今回のイベントに取り組んできたので、是非ともそれを体感して欲しいと切に願っている。


いつもは遠慮がちかもしれないけど、今回は特に胸を張って、


是非とも会場に来てください!絶対に後悔はさせませんから!


と声高らかに宣言して挑む心構えである。


勿論これで終えるつもりもないし、これから先も常に進化出来るように取り組むつもりだが、今現在の集大成を披露して次の段階に進もうと思っている次第である。


そんな決意をバリバリ撒き散らすエレクトロなライブは21:10から開始。
ライブハウスがダンスフロアに変わる時間を体感しに来て下さい!


3104

2009年11月29日(日)
渋谷GUILTY
[ 桜梅桃李レコ発ツアー『桜梅通り 1号線』 FINAL ]
OPEN18:00 * START18:30
チケット 前売¥1,800 * 当日¥2,300 (共に1drink別)
出演: ソロホーマー * COAL SACK * BETTY'S GLAMOUR * Lefty Life Lift * 桜梅桃李


また当日のイベント特典として
①ウェルカムドリンクを用意!(メニュー:シャンパン・ジュース・ウーロン茶)
②来場者全員に全バンド収録のコンピレーションCDをプレゼント!
③転換中はイベントMCのペタスが登場!

がラインナップとして組み込まれてる状態である。


チケットの問い合わせに関しては

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

までメール頂ければ私のありったけの愛を込めて返信させてもらうので是非とも!
ツアーファイナル参加バンド紹介 その4
さて本日はツアーファイナルに参加バンドのラスト1組を紹介していこうと思うのでどうぞお付き合いの程を。
今回紹介するバンドは、


『ソロホーマー』


という極度に色々な物が振り切れた奇才まっちゃん率いるギターレスバンドである。


そもそもの出会いは以前遊びのイベントでコピーバンドを結成したとき一緒だった某ハードコアバンドボーカルが、


某HCV「お前にどうしても会わせたい人間がいるんだ~。」


と強力なプッシュと、わざわざセッティングまでしてくれた事から始まったのであった。

まぁご存知の方も多いと思うが、どんな場面でも変わらない彼の圧倒的なキャラクターに魅了され、その後急速に距離が縮まり、ソロホーマーのメインとなってるイベント「友像」(indwatとの共同企画)に2回連続で呼ばれたりと懇意にさせてもらってる。


ちなみに私個人としてはどことなくバンド内におけるポジションや扱いが、他人とは思えないくらいシンクロ率が高いのはここだけの話にしておこう。


また他のメンバーも気さくで面白い方が揃っており、そんな彼らの人間性や趣向がいい感じにブレンドされた楽曲がこれまた心地よく、それに加えて今回から新たな試みがなされるようなので、当日のライブがどんな感じになるのが今から楽しみでしょうがない。



テレビで眉毛がごんぶとな女性が世界の果てまで行って珍獣狩りをしてるようだが、この大都会東京にも珍獣が生息してる実態を確認したい方は20:30からその全貌を目の当たりに出来ると思うので、興味のある方は是非ともチェックして欲しいと思う。


3104

2009年11月29日(日)
渋谷GUILTY
[ 桜梅桃李レコ発ツアー『桜梅通り 1号線』 FINAL ]
OPEN18:00 * START18:30
チケット 前売¥1,800 * 当日¥2,300 (共に1drink別)
出演: ソロホーマー * COAL SACK * BETTY'S GLAMOUR * Lefty Life Lift * 桜梅桃李


また当日のイベント特典として
①ウェルカムドリンクを用意!(メニュー:シャンパン・ジュース・ウーロン茶)
②来場者全員に全バンド収録のコンピレーションCDをプレゼント!
③転換中はイベントMCのペタスが登場!

がラインナップとして組み込まれてる状態である。


チケットの問い合わせに関しては

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

までメール頂ければ珍獣ハンターの鑑賞方法をアナウンスする予定なので是非とも宜しくお願いします!
ツアーファイナル参加バンド紹介 その3
そろそろ日にちも迫ってきて、何だか落ち着かない日々を過ごしている今日この頃。
ついでに一人で勝手に個人的な見解でのた打ち回るバンド紹介もちょうど折り返しを向かえ、本当にイベントが迫ってきたんだな~と改めて感じている。


と前置きはここら辺で投げっぱなしにしておいて、本日は3バンド目に登場する


『COAL SACK』


の紹介をしていこうと思う。

個人的に今回出演バンドの中では一番古い付き合いで、出会いは2005年まで遡る。


当時サポートしてたバンドとCOAL SACKが仲良くて、それがきっかけで知り合いになり、そしてお互いのライブに遊びに行ったりと親交が徐々に深まっていった感じである。

しかも私のバンド活動において同年代に会う事がほどんどなく(今は多くなったが、当時は皆無だった)、初めて同い年のプレイヤーと出会い仲良くなったのがギターのWARUTERであったことも交流を深める要因だったようにも思う。


そして遂には、WARUTERとは桜梅桃李のメンバーとして同じステージに立つまでになった(当時はRYOとのツインギター)。
その後は本隊でもあるCOAL SACKの活動が忙しくなって、私達とは別の道を選んで活動することになるのだが、それでもお互いの関係は良好で、彼らのレコ発ツアーファイナルという記念すべき日にも参加させてもらった縁もある。


他の3人のメンバーもいい人ばかりで、ライブが終わりや酒の席ではステージでの緊張感とは逆おバカっぷりを披露してオンオフともに楽しませてもらってる。


そんな彼らの音楽は時と共に進化し、ヴォーカル藤岡を筆頭に刹那を感じさせるロックを奏で、見てる人を引き込む力がある。
私個人の見解としても進化の形が非常にスマートであり、彼らのオリジナリティというのが上手く引き出されてるので、参考にさせて貰いつつ楽しませてもらってる。


今しか出来ない、感じることの出来ないまさにLIVEな空間は19:50からその幕を開ける。


3104


そろそろ日が近くなってきたので、しつこいお知らせをドドドーンと盛り込んでみる。

2009年11月29日(日)
渋谷GUILTY
[ 桜梅桃李レコ発ツアー『桜梅通り 1号線』 FINAL ]
OPEN18:00 * START18:30
チケット 前売¥1,800 * 当日¥2,300 (共に1drink別)

出演: ソロホーマー * COAL SACK * BETTY'S GLAMOUR * Lefty Life Lift * 桜梅桃李

また当日のイベント特典として
①ウェルカムドリンクを用意!(メニュー:シャンパン・ジュース・ウーロン茶)
②来場者全員に全バンド収録のコンピレーションCDをプレゼント!
③転換中はイベントMCのペタスが登場!

がラインナップとして組み込まれてる状態である。


チケットの問い合わせに関しては

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

までメール頂ければ懇切丁寧なアドヴァイスと一晩ではとても話しきれない珍エピソードも添えてアナウンスする予定なので是非とも宜しくお願いします!
ツアーファイナル参加バンド紹介 その2
さて本日も29日(日)桜梅桃李レコ発ツアーファイナルに出演するバンドの紹介をしていこうと思う。


今回紹介するバンドは2番目に登場する


『BETTY'S GLAMOUR』


である。


キャッチーなポップロックを奏でるこのバンドとの出会いは、今回も登場する我がバンドの歌姫が知り合いだったというバックボーンがありつつ、ボーカルのこりんさんの聖誕祭を兼ねたイベントに招かれたのが始まりである。


ちなみにこの日は桜梅桃李も本格的にパーカスを交えた5人編成での初ライブ、という新たな取り組みをした日であり、これをきっかけに今の私達の方向性というのが見えた日でもあった。


また幕末のジュノンボーイという異名を持つドラムのルパンさんもちょくちょく私達のライブに遊びに来てくれたりと、良好な関係を築かせてもらっている。


とまぁそんな感じで今回が2回目の共演となるのだが、BETTY'S GLAMOURも今月3本とライブ強化月間のようで奇しくも29日がその締めくくりでもあった。


またもう一つ違った形でツアーファイナルとなる彼らのライブは19:10から始まる。


3104

しかもこりんさん聖誕祭でかなりディープな話を繰り広げたpink elephantsのみなとさんがサポートギター参戦という事で、レアなライブになるのも個人的に楽しみである。
ツアーファイナル参加バンド紹介 その1
さて前日から続いてる11月29日(日)渋谷GUILTYで行われる桜梅桃李レコ発ツアー

『桜梅通り1号線 ファイナル』

のイベントをもっと楽しんでもらおうという押し付け兄貴的な企画の第2回なのだが、今回から各バンドにスポットを当ててみようと思う。


まずはこの日のトップバッターを勤めてもらうのは、


『Lefty Life Lift』


今回が初ライブとなるのだが、ここのギタリストぐっちさん(滑舌が悪いことでもその名を馳せる杞憂な存在)との付き合いは長く、桜梅桃李ボーカルばんゆうきとは古くからの知り合いである。


ちなみに私との出会いは、昔参加してたバンド『メンズショップランジェリー』(ボーカルがばんゆうき)のサポートをしてる時に、初台でアコースティック形式のライブを行った際に見に来てくれたのがそもそもの始まりだったように思う。


そもそも何を言ってるのか分からない時点で私の興味を引いてたのだが、それに加えて恋愛面で私と非常に似た境遇を持ってたので妙な親近感があったのを覚えてる(まぁその後は大きく差を空けられ非モテキャラ爆走は私だけなのだが・・・)。


その後は当時ぐっちさんが参加してたバンドのイベントに桜梅桃李で参加したり、彼の主催するコピーバンドイベントにも声を掛けて頂いたりと付き合いがここ数年でぐっと密になった間柄となった。


そしてそれが縁でボーカルのまみさんとも一緒にコピーバンドを組むといった様にと懇意にさせてもらっている。


また今回はベースとドラムがサポートという形になってるのだが、そのリズム隊も強力な面子で固めており、GUILTYでどんな音を奏でてくれるのか今から楽しみである。


前情報的にはアヴァンギャルドな感じらしいと聞いてるのだが、おつむが少し足りない私の発想として、


3104「あのロックバンドみたいな感じかな?」


と言ったら、


「その言葉がそのバンドの曲にあるからでしょ?」


という至極当然の切り返しを受けて真相はまだ闇の中である・・・


果たしてどんな曲が待ち構えてるのか?答えは18:30から始まる・・・


3104
そろそろ集大成を見せる頃なので
今月最後の日曜日でもある29日は、私が所属するバンド桜梅桃李レコ発ツアーファイナルが開催される予定である。


まぁ少し早いかもしれないが、今年一年の集大成でもあり、今後の活動のステップとなるべく、目下地下活動に勤しみつつその準備に追われてる毎日である。


ホントチキンビビリーな性格ゆえ、当日の事を考えるとマイナス思考が頭をよぎってしまうのだが、それを考える暇を与えないようにあれこれと動き回ってるのが現状である。


という訳で本日から行ける所まで、小ネタを交えつつ様々な角度からこのイベントをより楽しんでもらえるような告知をして行こうと思ってるのでお付き合いの程を。


まずは肝心の日程の方をチェケラ!


2009年11月29日(日)
渋谷GUILTY
[ 桜梅桃李レコ発ツアー『桜梅通り 1号線』 FINAL ]
OPEN18:00 * START18:30
チケット 前売¥1,800 * 当日¥2,300 (共に1drink別)
出演: ソロホーマー * COAL SACK * BETTY'S GLAMOUR * Lefty Life Lift * 桜梅桃李


また当日のイベント特典として
①ウェルカムドリンクを用意!(メニュー:シャンパン・ジュース・ウーロン茶)
②来場者全員に全バンド収録のコンピレーションCDをプレゼント!
③転換中はイベントMCのペタスが登場!

がラインナップとして組み込まれてる状態である。

そして今現在で仮なのだが、食べ物を用意する計画も進行中である。
(決定次第すぐにでもアナウンスする予定であるのでしばしお待ちを。)


とまぁこのような形で色々と盛り込んでいるのだが、今回のコンセプト的なものとして


長時間でも快適にライブハウスにいれる環境を


そして


1人で来ても楽しめる空間作り


というのをテーマに掲げてイベントを作っていこうという所存である。


勿論これをきっかけに新たな発見や繋がりが出来たり、今日ここに来て良かったと思ってもらえるような一日となればいいなというのを根底にしっかり残しつつ、様々な用途や目的に合わせた環境作りというのに取り組んでいこうと思ってる。


とまぁいつもの如く前置きが長くなってしまったが、次回からはそんなライブをもっと深くまで楽しんで貰える様に、各バンドの紹介などをしていこうと思ってるので楽しみに待っていてほしい。


3104
食べ放題
この言葉に非常に弱い私。
先日も背伸びしてすき焼きの食べ放題に友人と行った時に、ふと昔の事を思い出したのでその事を今日は書き綴っていこうと思う。


時は高校3年生の冬頃
皆のこれからの進路も決まり、本格的に秋田から離れる人間が出始めてた時期でもあった。

そうなると物理的な距離の問題もあり、そんなに頻繁に会えなくなるだろうし、いい節目だというのも兼ねて中学3年時のクラスメートを集めて同級会を開こうという流れになった。


有難い事にそういうのを呼びかける人間は私の今でも会ってる友人グループで、人数の方はもう覚えてないが、それでも結構な人数が集まったことは覚えていた。


そしてその会場として学区内にある焼肉食べ放題の店がチョイスされたのであった。



まぁ3年間丸々空白だった人もいれば、ほぼ毎日会ってた人間もいて、会話に花が咲いてる場所が所かしこにあった。


そんな中なんと当初参加が微妙だった当時の担任も足を運んでくれてより一層の盛り上がりをみせた。

(今思えば私がこれまで先生に卒業してから会ったというのは、この先生とあともう一人大学の教授位である。)


まぁその後は18歳という大人と子供の境目である年代のため、ここでは明記でない方向に会は進み、楽しいひと時を過ごすこととなった。
(本当はここであらぬ方向に逸れた話をしようと思ったのだが、世の中の風潮や担任の先生が多分まだ現職だと思われるのでご容赦を・・・)


ただ宴もたけなわで解散となった時にあれだけ年齢的な壁を乗り越えてやりたい放題だったのに、帰りは先生以外皆自転車で帰ったのには何だか笑える光景であった。


そう考えると今年がそこそこ節目の年だったとも言えるし、急に懐かしくもなったので誰か企画してくれないかな~と、食べ放題の場にいると不意に思ってしまうのである。


勿論自分で企画する程の勇気はないチキン野郎なので江戸の地から故郷秋田に念を送るのみなのだが・・・


3104
変わらない自分
最近お祝い事に招かれることが多く、またそろそろ年末押し迫った事もあり、人と会う機会が多くなってくる。

またそれが節目の再会が集まる目的に含まれてると久しぶりに会う友人も多々いる。

そんな中かなりの高確率で言われるのが、



「本当に変わってないね~」


という発言。
まぁ個人的には嬉しいのだが、大体統計を取ると


・中学時代の友人⇒20前後から変化なし
・高校時代の友人⇒高校卒業時から変化なし
・大学時代(自分より先輩)⇒入学当時から変化なし
・大学時代(自分より後輩)⇒出会った頃から変化なし



と大体20歳前後で止まってる印象を持たれてる事が多い。


まぁプラスに考えれば『永遠の20歳』というアイドルとかヤンクロックの大御所や、某ボーカルみたいな響きなのだが、マイナスに考えると・・・














いつまでもガキっぽい・・・


という捉え方も十分にありえる。というか最近はそっちの方が強い気がする・・・
(分別の無さもそこ位の年代で止まってるし・・・)



果たして真実はどっちなのかは分からないし、社交辞令かも知れない。
だが時の流れに逆らいながら、

「若さでアタック!!!」

という春高バレーみたいなキャッチフレーズを掲げて日常を過ごしていこうと思う。


3104
振幅が激しすぎて・・・ 後編
~前回までのあらすじ~
今度は友人の披露宴に出席することになった私。
ここでも色々常識から踏み外した行動を取ってしまい、自分よりも周りが不安になってしまう位であった。
果たして無事に失礼無く過ごせるだろうか?



まぁ会場入りまでに散々やらかしてしまったから、さすがにもうおとなしく出来るだろうと思ってたのだが、














新郎が今まで見たこと無いほど緊張してるのである・・・



いやいやハードル高すぎだろ!?

みんな爆笑ではなく微笑ましい立ち位置をキープしたいのに、今日の主役が爆弾級に面白い・・・


周りは必死で唇を噛み笑いを堪えてたのだが、私はガードの甘い笑いの琴線がビンビン触れてしまい、遂に笑いの洪水が溢れ出してしまった・・・














まぁ当然周りからその都度怒られてたのだが、最早生理現象だし、見ないわけも行かないからしょうがない。
という感じで披露宴でも周りを冷や冷やさせていた。


そして宴もドンドン進んで行き、最後のビックイベントでもある新婦からご両親に宛てた手紙の時間になった。


新婦の今までの事やこれからの事を親に向けてる時・・・





















グスッ・・・  グスッ・・・















チーン・・・(鼻をかむ音)
















感極まって泣いてる私がいた・・・















どんだけ自由人なんだよ!!!


と終了後周りからブーイングを受けたことはここだけの話にしておこう。




とまぁこんな感じで散々無作法で周りを不安にさせといたくせに、誰よりも早く感動の頂点に達したりと中々の騒がしっぷりを見せる私なのであった・・・


けどこの両日どちらも素晴らしい晴れの日に招いてもらえた事を本当に嬉しく思ってる。
これから結婚する人も無作法の点だけ目を瞑れば無邪気すぎる私の感情が爆発するので、是非とも招待状を書いて招いてほしいと思う。



でもこれからみんないい年になってきて、こういった場面が増えるだろうから作法の勉強をしなきゃな・・・


振幅が激しすぎて・・・ 終


3104
振幅が激しすぎて・・・ 前編
さて前日は大学の後輩の結婚式2次会に参加してたのだが、翌日はバンド関連の友人の披露宴に出席することになった私。


披露宴会場は某ボーカルの家の近くで、且つ別件で披露宴前に済ませなければいけない用事もあったので、私服で移動しスーツをVo宅に持っていって用事を済ませ、宴直前に戻ってきて着替えて会場に向かうというシナリオを組み立てていた。


という訳で早速Vo宅に到着し荷物を置いて移動しようと思ったのだが、この日記の懸命な読者でもある彼女は、私が冠婚葬祭に関して著しく常識が欠けているのを知っているため、


質問
①シャツはどんなタイプを持ってきた?
②シャツにアイロンはかけてきた?
③靴下は何履いてきた?



とここだけは外してはいけない部分を聞いてきたのだが、物の見事に


回答
①白ベースのストライプ柄シャツ
②急いで出てきたのでかけてない
③くるぶしまでしかないタイプ



と全てにおいてがっかりな返答をしてしまった・・・


念の為断っておくが、

祝う気持ちが無いのではない!単純に知らないだけなのだ!

と声高々に宣言はしておくが、まったくをもって説得力0なのはなんとなく察知できるだろう。


挙句は

「やべっ!3104と一緒だ!失礼にあたるかも・・・」

小学校の保健室なんかに張られてる虫歯のダメな例として飾られてるポスターみたいに、真似してはいけないサンプル扱いにされていた事も忘れずに報告しておこう。


そんな地雷ばっか踏み続けたままようやく会場入り。
最後のピースでもあるご祝儀袋を購入し、ご祝儀を入れようとしたら・・・


















なんのためらいも無く紙幣を折り曲げて入れようとしてた私・・・











「おまっ!?何やってんの!?」


と必死の形相で数人が制止するという周りから見ても人としての道から大きく外れてる残念っぷりを披露してしまった・・・



とまぁ何から何まで危なっかしい私には常に何人かサポートしてくれる人が側にいて、監視の目を光らせながら披露宴に参加することになったが、そんな事はお構いなしに起伏の激しい私の行動が続くのであった・・・


続く


3104
またもやってしまった・・・ 後編
~前回までのあらすじ~
後輩の結婚式の2次会のお誘いを受けて喜び勇んで参加したものの、やんごとなき理由により遅刻。
しかも新郎新婦が会場入りする感動MAXの瞬間に到着という奇跡の地雷を踏んでしまった私・・・
果たして今回は無事に済むのだろうか???


参列者全員に肩透かしを食らわしてしまった私は申し訳ない気持ち一杯で会場の隅の方に避難し、さも最初からいましたよ的な態度で新郎新婦を拍手で迎えた。

その後は2人の馴れ初めや挨拶、余興等色々な催し物が開かれ、とうとうサポートを頼まれたビンゴ大会に差し掛かった。


まったくをもって打ち合わせ0の状態で多少不安だったものの、大学のサークル仲間が大勢いたので気持ちは少し楽な部分もあった。


そしてビンゴが開催。しかも世の中はサプライズを欲してるという訳の分からない持論と、サークル特有の悪ノリをフル活用して、新郎新婦には内緒で


・本来用意してた景品6点の他に急遽2点追加。
・うち1点は新郎が中学の頃から大事にしてたギター(12年メインで使用)。



という人としてDOか?という設定をこしらえた。
まぁ追加分は嘘だし、ギターをプレゼントするはずも無いのだが、余興でギターを会場に持ってきてたし、先輩という強烈な縦社会の力を存分に利用、と信じ込ませる条件はふんだん盛り込まれてたので、まんまと信じ込ませるに成功した。


勿論新郎は追加景品の時点でかなり泡食っていたのだが、やはりギターには相当びっくりしたみたいで、ビンゴの間中ずっと呆然としてた


しかも神の悪戯なのかギターの景品が最後の最後まで残るという奇跡も相まって(ビンゴになった人がくじを引いて景品が決定するシステム)、ドンドン青ざめていく新郎。
普段はクールを装ってるのにこの時はかなり焦っていた事はここだけの話として留めておこう。


とまぁこんな感じでビンゴの進行はスムーズに行ったのだが、途中私に進行を依頼した大学同期のM永君が、


M永君「俺・・・もう無理・・・ 後は任せた!」


と放棄してしまったからもう大変。



3104「おい!ちょいまっ・・・」


と言い終らない内に進行の全権を任され一瞬で腋汗が大洪水を起こしたのもここだけの秘密にしておこう。



まぁそうなったらブレーキの壊れたダンプカーな私。その後も異様にしゃべり続け茶化し続けと新郎新婦はそれでOKなのか?と聞きたくなるような進め方をしてしまった(まぁ2人は喜んでくれたからよかったのだが・・・)

しかも集合写真を撮る為に会場を少し片付けなければいけなかったときは、大学時代を思い出し


3104「え~、新郎新婦と大学で同じーサークルだった人は挙手!」


と何か自分たちにだけスペシャルがあるのか?と匂わせながら、縦社会の強烈な力を存分に生かし


3104「会場整理の為、君たちだけは机を運ぶ等の雑用!!!」


という暴挙も散りばめる進行っぷりを披露した。
(勿論その中には先輩も混じってたのだが、自分の時は無礼講という都合のいい立場を利用という何ともセコイ一面を押し出してクリア。)



と遅れた上に、それには飽き足らず皆に迷惑を振りまいたのにも関わらず、最後にはマイクを握って進行するという何とも不思議な急展開に巻き込まれてしまった訳だが、まぁ新郎新婦や皆が楽しんでもらえたのなら幸いである。


どうか末永くお幸せに・・・


3104

ちなみに翌日は披露宴から参加のバージョンがあり、そこでもまた色々とやらかしてしまったのだが、それはまた後日・・・

またもやってしまった・・・ 前編
今月はお祝い事が多い!と言うのをいつぞやの日記に書いたと思うのだが、その第一弾が本日大宮で行われた。


今回お呼ばれしたのは大学のサークルの後輩の結婚式の2次会

しかも当時2人とは色々とバンドも組んだりしてたので、もうおっさん的発想全開で、

「いや~、遂にこの時が来たか~、めでたいね~。」


なんて遠くの方を眺めてしまう感じだった。


しかしそんな素晴らしい日なのにやんごとなき理由により遅刻を余儀なくされた私・・・
しかも同期から2次会の催し物の一つであったビンゴ大会の司会を一緒にやって欲しいとのお願いを受けてたにも関わらずである・・・


そんな慌てふためいた私が大宮駅に到着したのは、2次会開始から15分後
急いで付近の地図を調べ、夜の世界の呼び込みをかわしつつ、何とか会場のあるビルに辿り着いた。

そしてエレベーターに乗り込み目的の会場に辿り着いたら・・・
















目の前に新郎新婦が腕を組んで入口前に立っていたのである・・・






おっ?そういった趣向なのかな?と思ったのも束の間。新郎の後輩から


新郎「今から入場なのになんてタイミングで来たんですか!!!」



3104「お、おう・・・そんな頃なの?」



新郎「ホント久々に会ったのに相変わらずですね・・・」



とまたしてもやってしまったのであった・・・


新郎「とりあえず中に入ってくださいよ。こっから一番いい所なんですから。」


と半ば残念な感じで私に入場を勧めたので、すまないな~と思いつつも会場入りしたら・・・

















拍手で待ち構えてる参列者の中に飛び込んでしまったのであった・・・










申し訳ないことに何人かは新郎新婦と思って拍手してしまった方も・・・













ヤバイ・・・またやってしまった・・・



そんな事を察知した別の後輩がスタスタ近寄ってきて・・・


後輩T「また日記のネタになりましたね!」



と満面の笑みを浮かべていた。


まぁいつもならコレ位のボムで片付くはずだったのだが、今日はそんな程度で収まらなかったのが正直なところ。
新たに迷惑の飛び火があちこちに引火してしまう次の話はまた次回にでも・・・


3104
久々にこんなウェーブが来た!
今クール放送のドラマに何本かはまってる私がいる。


今までは『3年B組金八先生』だけは外さずに、後は面白そうなものをチラ見程度だったのだが、今回は珍しくガツンと来たのが2本ほど。


という訳で今日はそんなお気に入りのドラマをバフッと紹介してみようと思う。


①相棒 season8

今回から本格的に見てるけど、かなり面白いですね~。


前から評判が高かったのだが、何に対してもアンチな姿勢をとってしまう私は今まで、

「あ~っ、きっと面白いだろうけど・・・DOなんだろ?」

なんて斜に構えてたのだが、たまにやってる再放送や周りの友達のはまりっぷりのお陰で、今シリーズから本格的に見始めることにした。


するとまぁ見事にドップリの私がそこにいる訳で、今は便利なHDレコーダーに毎週録画をしてるほどである。

そして今は過去のシリーズを漁ろうかなと財布の中身と相談しながら検討中である。


②JIN-仁-

画像は漫画の方ですが


元々漫画が気になってたので、どんな感じなんだろ?程度にサラッと第1話を見たのだが・・・


これは面白い!


出演者の演技のクオリティ(と呼べるほど演技に精通してるわけではない)が物凄くいい感じで、


「大沢たかおがメチャメチャカッコいい!自分と変わってくれ!!」


とテレビ画面に吼えてる私がいた・・・

しかもその後漫画喫茶に駆け込んで原作を全巻読破しようと思ったのだが・・・

















いつ行っても誰かが先に読んでるのである・・・


何とかドラマ放送中に読破したいと思うので、近々またトライしようと計画中である。


とまぁ今抜群に気になってるドラマを2本紹介したのだが、これは是非とも見てほしいと思う。
しかしまぁ珍しく2本も個人的ヒットがあったのは久しぶりで、一週間先のプチ未来が気になって仕方のない今日この頃である。


3104
悪しき風習?古きよき伝統?
久々に大学に行き、過去の記憶を色々思い出してきたので、今日はそんな大学生活に起きたエピソードを一つ。


大抵部活などにはその部活なりの『伝統』というものが存在してる。

例えば

・おはようの挨拶は「ザス。」というのが決まりだったり(柔道部物語より抜粋)
・寮内で会った人には誰に対しても「オス!」と言うのが決まりだったり(我が大学の寮のしきたり)


など大なり小なりあると思う。


そんな中うちのサークルにはあまりに突拍子も無い伝統が存在してる。それは














先輩が後輩にたかる


という発想の逆転的伝統がある。


過去に私も、


先輩A「3104さ~、今俺50円しかないんだけど、ラーメンが食いたい・・・」





先輩B「あのさ~、俺財布持ってないけどジュースが飲みたいな~。」(忘れたわけでなく金が無いから持つ意味が無いだけ)


等の無茶苦茶な要求をされたことがある。
本来なら明らかにおかしいのだが、それよりも明らかに自分より財源が切羽詰ってるのは身なりや雰囲気で十二分に理解できたので、


3104「ホントにあんたはクズだな~。分かったから食べに行こう(飲みに行こう)。」


となんだかんだで救済してたのである。


しかし私が今まで頭に描いていた大学生というのは自分でアルバイトをして、金もそこそこ持っていて、後輩の面倒見がいい人間が多いものだと思っていた。
がしかし、このサークルの面子に限っていってしまえば、

















長くいればいるほど金を持ってる人が少ない・・・


それは
・非生産的なダメ人間を作りやすいサークルなのか?
・もしくは元々そういった人間を集めるオーラをこのサークルが持ってるのか?

分からないが、気付けば私も


3104「あのさ~、金をどうしても捻出できないし、けどノドはどうしても乾いてしまうのはしょうがないことで・・・というかジュース飲みたい!」


とたかっていたのはここだけの秘密にしておこう。


まぁ補足を付けなくても分かると思うが、私の下の代もその下の代に救済を求めていたことは言うまでもない・・・


このラビリンスはいつになったら解くことが出来るのだろうか?とはいえOBが集まる飲み会の席になるとかなりの高確率でこの話が出るから、その点ではいい思い出になるのから良いのかもしれないが・・・


3104

注:勿論たかるのは常識の範囲内であって、恐喝まがいな事はしてないのをご理解いただきたい。
気付かず母校に行ってみれば・・・
とある友人に

「今日は大学にいるから久々に会おうよ。」

的なメールをもらったので、かなり久々に我が母校に立ち寄ってみた。すると・・・















学園祭真っ只中なのに到着して初めて気付いた・・・


あれ?でもいつもは11月の第1週だったんじゃ・・・という頭でいたのだが、どうも今年は1週間遅らせての開催だった。

まぁそうなると不意にいろんな事を思い出すのも人の性。昔はあんなことあったな~、なんて事を懐かしく思いながらメインストリートを歩いていた。


とはいっても学園祭の思い出なんて毎年軽音サークルのライブに向けての準備やら、当日も会場に張り付いてあれこれ動いていたり、サークル対抗戦(賞金有り)に参加したり、と狭い範囲での記憶しかないのが非常に残念なのだが、それでも大学生活の一大イベントであったことは間違いない。


とそんな物思いにふけながら歩いていると、物凄い下の代の後輩と再会しプチ感動。
勿論

後輩「学園祭だから来たんですか?」

という問いかけに対して、


3104「いや、知り合いに呼び出されたら実は学園祭だったみたいで・・・」

後輩「相変わらず適当な人ですね~。」


と残念な先輩っぷりと、古きよきサークルの伝統(後輩が先輩をしかる)も抜け目無く披露。
なんやかんや人と会いながら無事に目的地まで向かうことができた。


そして友人と久々の再会を果たし、最近の近況をあれこれ話しつつ、昔常駐してたサークルの部室を訪ねたり、後輩のライブを見たりしてこの年で初めて学園祭らしいことを体験することが出来た。


しかもサークルのライブを見てた時にあまりに若さがはじけすぎてたので、


3104「若さが眩し過ぎて見れな~い!!!」


とかなりおっさん臭い事を吐いて、周りの後輩に残念がられたのはここだけの話にしておこう。


そんなこんなで久々に大学に立ち寄ってかなり思い出が甦ってきたのだが、やはり私の青春時代が詰まった場所であり、ここが今の自分の原点的な場所なんだろうな、ってのを改めて感じた。


ただ唯一困ることは、あまりにもここにいすぎたせいか時間というものに無頓着になってしまう事である。

卒業しても何度か遊びに行ったことがあるのだが、大抵夜に帰ると言ってても終電ギリギリに気付いたり、帰れなかったりといったかなりおバカな惨劇を繰り返していたし、今回も次の予定があるのに、気付けば大学に長居してたりと、時間の概念を無視してしまう何かがあそこには眠ってると言わざるを得ない・・・


とはいえまた暇な時間を見つけてフラリと立ち寄りたいなとも思う。私にとってルーツであるから。


3104
個人的に好みのCM
CMは15秒ないし30秒という限られた時間でいかに商品の情報や、インパクトを伝えるか?に重きを置き、その部分に関して様々な工夫がされてるので非常に見てて面白い。


ちなみに最近のお気に入りはこのCM





最後の方でやっと意味が分かる爽快感と、あまりに突飛なシチュエーション、共通の認識として持ちやすいものを上手くブレンドされてると思うので、毎回見てて面白い。





これは①とは反対にずっと

「え?これ何のCM?」

という疑問が晴れず、最後の最後で


「えっ?まんまだったの???」


というあまりにストレートな内容に気付き、逆にそれがインパクトになってるパターン。



どちらも個人的にはヒットなCMなので、チャンネル変えてる際に見かけたら、しばし眺めて、私と同じような感想を持ってもらえれば幸いである。


3104
よそ見に注意!
常日頃非モテ感覚が染み付いてしまってる私は、男女がニャンニャンしてる状況がやたらと目に飛び込んで来やすい。

しかも移動手段に電車を多く用い、時間帯もが多いので、デートの帰り際のカップルが別れを惜しむシーンに遭遇する率が物凄く高い。


先日もバンドのミーティングでとある外国人の観光客が多く、電気製品が有名な街に向かったときの事。


この時遭遇したカップルは中々凄まじく、駅構内のエスカレーターの乗り降りする付近で且つ道のど真ん中で抱擁&接吻を繰り広げていた。


そのあまりにもはばかることなく繰り広げられる情事に衝撃を受けた私は、


3104「かぁ~っ!うらやましいでございますな!!!」


ひがみ1000%で眺めながら歩いていた。
すると・・・


















ドンッ!!!






と誰かにぶつかった感触が全身を駆け抜けた。



3104「ったく・・・何してんだよ!」


と自分も十分悪いのに、それを棚に上げてぶつかってきた人の方に目をやると・・・





















その人もそのカップルの激しさに目を奪われていたようで、同じような2人が鉢合わせでぶつかってしまったのだった。


3104「まぁ・・・それならしょうがないよね・・・」


と妙な共通項がそこに存在していたので、強く訴えることも止め軽くあやまってその場を立ち去ることにした。
その時彼も同じような事を考えていたようなのを察知したので、

「まぁこれならしょうがないよね・・・」

的なメッセージを目で訴えておいた。



確かにいちいち注意を逸らしてしまう私もDOかと思うが、所かしこでそういった光景が繰り広げられるのも考え物である。

どうか鉄道関連に勤めてる人がいたら是非とも何とかしてほしいと切に願う今日この頃である。


3104
約3ヶ月に渡った
桜梅桃李1stミニアルバム「Jalan」レコ発ツアーも今月末でファイナルを迎える運びとなった。


ツアー最終日ということで今までの成果と感謝を込めて当日は素晴らしき日となるように今も精進にいそしんでる最中である。


勿論1日を通じて楽しめるようなバンドや催し物も多数そろえて皆様の来場をお待ちしておりますので、11月29日(日)は是非とも予定を空けて渋谷GUILTYの方に遊びに来てください。

絶対に後悔させません!!!


という訳でまた近くなったら告知ラッシュが始まるのだが、とりあえず現時点での確定も踏まえてのアナウンスをば。



2009年11月29日(日) 渋谷GUILTY
[ 桜梅桃李レコ発ツアー『桜梅通り 1号線』 FINAL ]
OPEN18:00 * START18:30
チケット 前売¥1,800 * 当日¥2,300 (共に1drink別)
出演: ソロホーマー * COAL SACK * BETTY'S GLAMOUR * Lefty Life Lift * 桜梅桃李



たとえ1人で遊びに来ても長くライブハウス安心して入れるようにそしてこの日をきっかけにまた音楽の幅が拡がるように、という願いを込めて様々な趣向を凝らす予定です。

詳細が決まり次第この場か桜梅桃李のHPにて随時発表していくつもりなので、楽しみにしていてくだされ。


どうぞ宜しくお願いします!!!


3104

お待ちしてます!!
こういうのって時期があるんだろうけど
にしても今月は身の回りで結婚する人が多い。
9月にも結婚ラッシュが巻き起こっており2件ほどあったのだが、今月も2件ほど。

そして来年の2月も披露宴から招かれてるのが2件と、飛び飛びであるが、今年は特に結婚してる人が多い。

まぁ単純にそういう年頃だと言われればそれまでなのだが、何とも喜ばしいことである。


しかしこういう時って大抵


「次は誰かね~?」


なんて話で盛り上がるのだが、そういう話で出た人よりも明らかに大穴な人物が大外から豪快に抜き去って結婚を決めるパターンが多い。


現に滑舌の悪い某ギタリストの次はジェフファンの彼だろうという予想だったのに、その直後位に何に対しても怒りをぶつける大学の後輩が一気に駆け抜けてゴールテープを切ったし・・・


まぁこういうのって明らかにレースに参加できない野次馬どものぼやきなので、レースに参加してる方々は、


「ふっ、非モテ共が何か言ってるよ・・・」


と王者の風格を携えたまま退けてほしい。



兎にも角にも結婚は素晴らしいことであるし、末永く幸せでいてほしい。


さてさて私は相手探しから始めますか・・・


3104

ちょっといぢってみました。
PCでご覧の方には一目瞭然のプチリヌーアルをしたのだが、この度桜梅桃李の楽曲販売が開始となったので、早速この不毛地帯のメンタルヘルスケア日記にもっさりと盛り込んでみた。


これでライブ会場に来れない人も楽曲を聞いて、へヴィーローテーションのお供になって、是非ともライブ会場に遊びに来ていただきたいと思う。


しかし時の流れは本当に早いんだなと改めて感じてしまう。
それこそ私がライブハウスに出入りするようになった時はまだデモテープが主流だったし、その後テープからCDへの以降。

これでも正直びっくりしてたのに、今はダウンロードで会場に来なくても買える環境へと進化を遂げた。


益々世の中は便利になっていくな~と感じつつも、だからこそその中でもアピールできる存在感を失しっかりと身に着けなければと思うのである。



まぁ多少横道に逸れそうになったが、何はともあれ是非ともダウンロードの程宜しくお願いします!!


3104
2009年11月1日(日)FUTTONGライブ
阿佐ヶ谷Next Sundayにご来場くださったお客様、対バン及びライブハウススタッフ、そしてFUTTONGのメンバーの皆様ありがとうございました!


個人的には夏以来のFUTTONGでのサポートドラムであったが、いかがだったであろうか?


本来のメンバー貝田さんとはドラムのタイプが違うので、多少アレンジや雰囲気が変わった部分もあるが、それも込みでいつもと少しヴァージョンが違うFUTTONGとして楽しんで頂けたら幸いである。


そして 私自身もまた色々と学ぶところも出てきたので、それを上手い具合に今後にフィードバック出来ればと思いつつ、また精進して行こうと思う。


ちなみにFUTTONGの次回ライブは

12月19日(土)大久保水族館

となっている。
この日はスケジュールの関係で私は参加しないのだが、また機会があれば参加したいと思ってるので、今後ともどうぞ宜しくお願いします。


3104
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。