3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
200804<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200806
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地下に轟く復活の呪文
本日は私に縁の深いバンドが高円寺に集結するという事で、またまたライブ観戦に行って来た。


2008.5.31 高円寺GEAR
『XTREME NOISE CIRCUS vol.4』


以前サポートしてたMSPの復活イベントという事でその勇姿と集う仲間達を眺めていた。


この日を境に彼等はまた新たな一歩を踏み出すだろうし、新たな世界を提供してくれるだろう。そんな門出にふさわしいイベントだったと思う。


本当におめでとう。


私は翌日に本番を控えていたので、挨拶もそこそこにあの場を後にしたのだが、楽しそうにしてたメンバーとお客さんがすべてを物語っていただろう。


さぁ自分も頑張ろう!!!初心忘れるべからずであるし、継続は力なりである!!!
それを再確認した一日であった。



3104
スポンサーサイト
ちょっと気になってます
接客に近い形のバイトを経験した事がある人なら分かるだろうが、ある程度の期間をこなすと自然と常連さんにあだ名をつけた事は無いだろうか?


例えばレンタルビデオ店で働いた事があるなら、絶対に

「AV博士」


なんて心ないあだ名をつけてた人がいただろう。

私も今まで色々とバイトしてきたし、それぞれ個性的なあだ名をつけていたものである。


しかしそう言った事というのは巡り巡って自分に返ってくるものである。


ここ最近マジで行きつけの中華料理に行けば同じような注文しかしなくなってる自分がいる。時間帯も似たような感じなので絶対に何を頼むのかも分かってるはず。


きっと私はその店では「生姜焼き」っていうコードネームで呼ばれてるに違いない・・・


ホントごく稀に違う注文をすると店員が「えっ?」と聞き直す位だから、どんだけ定着してるんだと問いつめたくなるくらいである。


まぁ食事所でのあだ名は別にいいんだが、個人練習でいつも行ってるスタジオでなんと呼ばれてるかが気がかりである。

とはいうのも最近新しいスネアを買った事により、チューニングにかかる時間が非常に多い。
確かに理想の音を探し出すのには必要な行為なのだが、ただでさえ2バンドの曲(桜梅桃李とrisette)を練習しなきゃいけないのに、それに加えての音探しにより頻度がここ数週間で飛躍的に伸びてしまった。

いつも疲れた顔で機材を重そうに抱えて入って行き、死んだ顔をして一目散に帰る私はスタジオの店員にどういったニックネームを付けられてるのだろうか?

最近はスタジオの終了時間になっても店員が片付けに来なくなってきてるし、いつも使う小道具もちゃっかり準備してくれている。大変ありがたい事なのだが絶対帰った後に、


店員A「今日もチューニングマン来てましたね?」

とか

店員B「いつも一人だけど、トモダチいるのかな?」


なんて言われてないか軽く不安である。

とはいえ顔や名前を覚えてもらう事は非常に有り難いし、嬉しい。私の知らない所でどんな異名を付けられてるのかかなり気になるので、今度色々な所で探りを入れてみようと思う。


3104
瞬殺の出来事
我が家はデンジャラスシティー池袋においても少し住宅地よりの方に住んでいて、治安は中心部に比べて大分マシな方である。

そんなお土地柄故か近所のコンビニで働く人は学生よりもオバチャンが圧倒的に多い。さすがに深夜は男の人が働いているのだが、それでも学生とは言いがたい見た目というある種珍しいコンビニである。

そんな噂のコンビニは緑の色を基調とした店舗なのだが、不意に朝食兼昼食を購入に向かった所、いつも見かけるバイトのオバチャンも勤務前だったみたいでちょうど店の前で鉢合わせになった。


とはいえ別に常連という訳でもないし、恋に落ちると言ったドラマティックな展開などあるはずも無いのでそのまま入ろうとしたのだがもの凄く違和感のある絵が目に入った。

それは・・・















オバチャンが買い物袋を2つパンパンの状態で持っていたのだが・・・

















その袋が・・・















近所のセ●ンイレ●ンの袋なのである・・・








え?それはOKなの?と問いただそうとしたのだが、オバチャンは何事も無かった様に、

「おはようございます~。」


といって入って行った・・・それでいいのか???



3104

そしてそろそろ押し迫ってきたライブの告知をば


まずはサポートドラムをしてる「risette」から

2008年6月1日(日)@新宿redcloth
『FMスラッガー#10』~New Release Party!~
時間:OPEN 18:00/START 18:30
料金:前売2000円/当日2500円(各1D別)
出演:risette / advantage Lucy(2人ルーシー)/ サンゼン
DJ:常盤ゆう / Tsugai / YKO(you&me together)


出番はトリで20:30からの出番である。



そして少しの休憩を挟みつつ「桜梅桃李」のライブになだれ込む。

2008年6月3日(火) 下北沢basement bar
OPEN18:30 * START19:00
チケット 前売¥2,000 * 当日¥2,300 (共に1drink別¥500)
出演:thai kick murph * Bashful Age * 茜色ディートリッヒ * ザヨウコ * 桜梅桃李


こちらも出番はトリで21:30~の予定である。
今回は新曲も交えつつのライブになるので是非とも見に来ていただきたい!

大丈夫か!自分!
最近細かい作業をするのが苦手になってきてるようである。その最たる例が鍵穴に鍵を入れるの行為

前はそんなに違和感を感じてなかったのだが、とある友人に


「なんか鍵さすの時間かかってない?」



と何気なく言われたのがきっかけで改めて気付いた。


元々不器用な人間だからそれも性格のうちだろう、と思っていたのだがどうもそうではないようである・・・


という訳でいつもの整骨院に行ってその症状を説明すると・・・















先生「うわっ、これはヒドい・・・ 腱鞘炎の一歩手前ですよ・・・」



と診断され、両手(特に左手)を念入りにマッサージされた。とはいえ普段と何も変わらないと思っていた私は、


3104「そんな普段と変わってるとは思ってないんですけど・・・」


と言うと・・・















先生「こんな状態が普通になってはいけません!!!本当の普通の状態に戻していきましょうね!!!」


と念入りに怒られた・・・
今はなるべく時間を見つけて行く様に心がけてるのだが、果たしてどうなることやら・・・


ただ人つ言える事は

今は「針の穴に糸を通す」事が何よりも難しいという状態なのは間違いなさそうである・・・



3104
一周まわって
先日大学時代の後輩のライブを見に行ってきた。
今回のライブは後輩のベーシストが社会人になってからの初ライブという事で、その久々感から沸き起こるアップアップぶりを覗きに行こうという何とも親心的な面持ちであった。


昔は大学の講堂や部室で弾き倒してた様を常に見ていたはずなのだが、やはり約4年も経つと大分変わるものである。(外見は何一つ変わってないのだが・・・)


本人も久々に人前で演奏するのを楽しんでいたので何よりである。


この頃になって大学時代の後輩が職に就いて一段落したようで、徐々に音楽活動を再開してる話をちらほら聞く。
勿論ずっと続けてる人もいるが、人にはそれぞれのスタンスがあっていいし、モチベーションも様々でいいと思う。それでも音楽を創作、演奏するっていうのを続けてるというのは何とも嬉しい話である。
どうか自分達の無理ないペースでそれこそ音を楽しんで欲しいと願うばかりである。


その後は久々に会った後輩もいて色々と最近の近況について話してたのだが、外見はあの頃と変わらないのに、

後輩「いや~、今日ダルいんでバイト(or講義)サボりますわ~。」

と言ってたクズ集団が

後輩「いや~、ダルいんですけど仕事はなんとか行ってますわ~。」


とやたら大人になってたのは違和感があった・・・


3104
きっと占いの順位は最下位
ついさっきまで今日の分の日記を1時間かけて書いていた。

3104「さぁ、後は誤字脱字をチェックして投稿だ!」

なんてルンルンで画面をスクロールさせ、最終確認を済ませようとしたら…















「ページの期限切れ」


が出てきて血尿まで出る位悩んで書いた渾身の1話が闇に葬られた…
しばし呆然としたものの、少し落ち着いて

3104「きっとこの話じゃつまんないから、パソコンがダメ出ししたんだろう。」

と自らに言い聞かせ、今度はもっと音楽的な話を書き殴っていこうと思い、消えた話とは別の物をこれまた1時間くらいかけて書いていた。




















またも不意にページの有効期限切れでおじゃん…




グルァァァ!!!機械のくせに人様の文章力を評価してんじゃねぇぇぇぇ!!!



というわけで本日は2本もブラックホールに吸い込まれたので執筆はこれにて終了。
また日を改めてトライする。


3104
新たなる挑戦
実は前々から気にはなってたのだが、「時間がない!時間がない!」と言い続けて結構放置してしまってた事がある。


しかしこの度やらなきゃいけない場面に遭遇(自ら飛び込みに行ったとも言う)したので、これを機にトライしてみようと思って水面下で準備中の今日この頃。

今はまだ何をやるのかは秘密だが、年末ぐらいにはなんかしらの形で報告できればと思ってる。
ここ最近の私の気分はお正月の「かくし芸大会」に挑むような面持ちである。


ちなみにヒントとして今は読書に明け暮れている。しかもブームから5周半くらい遅れてしまった「ハリーポッター」
何気にどデカイ某有名コミュニティに潜入したのも、ブームからかなり経ってからであるし、どうも私はブームから大分過ぎてからそこにひょこっと入るパターンが多いようである。

まぁ「ハリーポッター」は身近な人で激ハマりしてる人がチラホラいるので、登場人物の多さで困惑してる状態なのを適度に和らげてくれるので進みが結構早い。


とはいえまだまだ先は長く、この前第一巻の「賢者の石」を読み終わった所。
あと何巻あるのかさえ知らないまま読み続けてるのだが、相も変わらず時間のない日々。とりあえずお風呂に浸かる時間電車の移動時間をフルに使って魔法の世界を堪能してみようと思う。
(なので頼むから結末は言わないでくれ。)


とまぁ何故か話が横道に逸れてしまったが、私の新たなる挑戦は6月のライブ2本を終えてから取り掛かろうかなと考えている。

「いつでもフットワークは軽く」と自らにいつも言い聞かせてまた新たな世界を見に行こうと思う毎日である。


3104
地下に篭り続けるその訳は・・・
旅から帰ってきてからは、やたらとスタジオやライブハウスに出入りしてる今日この頃。
既に5月の表立った行動は既に終了してるものの、6月以降のライブ予定もしっかり決まっているのでもし都合が付くようであれば是非とも足を運んでいただきたいものである。


さて6月の予定だが、これもまた偶然と言ってはなんだが、月初めに集中してるのでそろそろお知らせしておこう。

まずはサポートドラムをしてる「risette」から

2008年6月1日(日)@新宿redcloth
『FMスラッガー#10』~New Release Party!~
時間:OPEN 18:00/START 18:30
料金:前売2000円/当日2500円(各1D別)
出演:risette / advantage Lucy(2人ルーシー)/ サンゼン
DJ:常盤ゆう / Tsugai / YKO(you&me together)


出番は間違いなくトリなのだが、正確な時間は未だ未定なので決まり次第改めて連絡するのでしばしお待ちを。

またこの日対バンのadvantage Lucyさんは私が大学の頃に激ハマリしてCDも持ってるバンド。
なんだか浮かれてしまう位嬉しい気持ちで一杯だが、それとは関係なく気を引き締めて頑張っていこうと自らに言い聞かせる毎日である。



そして少しの休憩を挟みつつ「桜梅桃李」のライブになだれ込む。

2008年6月3日(火) 下北沢basement bar
OPEN18:30 * START19:00
チケット 前売¥2,000 * 当日¥2,300 (共に1drink別¥500)
出演:thai kick murph * Bashful Age * 茜色ディートリッヒ * ザヨウコ * 桜梅桃李


こちらも出番はトリで21:30~の予定である。
今回は新曲も交えつつのライブになるので是非とも見に来ていただきたい!


とまぁ何故か最近各バンドのライブが近いので誰かの差し金か?と思ってしまうのだが、我らの銀河系ベーシストのライブ活動もやたらと近い日が多いようである。


まぁどこかのカリスマレスラーではないが、いつ何時でも自分のベストを出せなければいけないと思うので、色々と挑戦しつつ乗り越えていこうと思ってる次第である。


なお、チケットの問合せに関しては

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

まで宜しくお願いします。


3104
赤い悪魔に飲み込まれ・・・
「くっそがーーーーーーーーーーっ!!!」

久々にこんなに悔しい思いをした。


終日テンションが上がることなく・・・

赤い色に過敏に反応し・・・

「ロナウド」という単語に怒りを覚える一日であった・・・


これが原因で私の12月の予定が白紙に戻されたのがなんとも言えず悲しいし、ラストチャンスだと意気込んで応援してた私の情熱はもろくも砕け散った。

もちろんゲームでリベンジなんていつもならやってるセコイ事すらも出来ないぐらい燃え尽きた・・・





「どちきしょうが~~~~~~~っ!!!」


テリーよ、君は悪くない!!!


3104
明日を捜して
ようやくちょっとした時間が出来たのでふらりと九州の田舎町へ1泊ではあるが旅行をしてきた。
特に改まって何かをしようという気持ちもなく、いつも通り美味しいご飯を食べてフラフラと深夜の街並みを歩き回っていた。

普段は人通りも少なく街灯もまばらなのでいつも暗い夜道を徘徊していたのだが、この日は雲ひとつない夜で且つ満月。その為異様に夜が明るかったのが印象的だった。
そして偶然にも海沿いを歩いていた為、波のしぶきや海に反射する月の光などがハッキリと見えて、なんだか幻想的なひと時を過ごす事が出来た。

ちなみに久々にそんな綺麗な景色を眺めたもんだから、あまりの興奮にカメラに収めようと思い色々悪戦苦闘したものの、写るのは光の玉が一粒のみでなんだか「人魂」と勘違いしそうなホラーな写真しか撮れなかったのであえなく断念せざるを得なかった・・・

まぁ写真や言葉では決して伝わらない世界でちょっと嘘くさく捉えられるかもしれないけれども、日本でもまだまだこういった素晴らしい風景はあるんだなと感動した一日であった。


その後日付が変わるまで意味もなく歩き倒し、さすがに疲れてきたのでホテルに帰って休む事にした。
時間は既に深夜12:30、まぁこれからお風呂入ってのんびりしてもまだ時間があるな~、なんて時間の皮算用しながらホテルの入り口に辿り着き、自動ドアを通り抜けようとしたら・・・















扉がうんともすんともいわない・・・



かなり動揺しつつホテルの入口にヒントがないかを探し回ってみると・・・


「深夜12時以降チェックインの方はこちらまで連絡ください。「△△△△-○○-××××」担当■■」


という張り紙が!
しかし私は既に夕方にチェックインを済ませていたので問題ないはず。しかし現実にはホテルに入れない状態・・・
さすがにこれは問題だなと本能が訴えてきたので、携帯電話を取り出し深夜連絡先に渋々コール。



Trrr・・・  Trrr・・・  Trrr・・・ Trrr・・・ Trrr・・・


自らここに連絡しとけと指示しておきながら中々電話に出ない体たらく。徐々に湧き上がる怒りを抑えるのに必死になっていたらようやく従業員らしき人が電話に出た。


ホテル従業員「もしもし。○○ホテルです」

3104「あ、あの~、今日宿泊の予定をしてる3104ですけど、ちょっと夜外に出て今戻ってきたらホテルに入れないんですよ~。DOしたらいいですか?」

ホテル従業員「あ~、じゃあ自動ドアを強引に押して入ってください。」

3104「えっ!? ええっ!?大丈夫なんですか?」

ホテル従業員「あ、いいですよ~。それではおやすみさ~い。  ガチャン!」




ツーッ・・・  ツーッ・・・  ツーッ・・・



MAJIかよ!!!と雄たけびを上げたものの、状況は好転するはずもなく泣く泣く自動ドアをこじ開ける私。
しかもホテルの位置が大通りに面してるためどう足掻いても不審者的扱いは免れない状況・・・
結局何人かに苦闘してる様を見られながらも何とかホテルの中に入る事が出来たので一安心だったのだが、最後でなんとも消化不良な出来事が待っていたものである。

その後はお風呂で疲れを癒し、ゆっくりと休んで翌日の夕方までまたフラフラしてから羽田に帰って来た。
短い期間だったし特に予定も立てていなかったのだが、なんだか心にゆとりが出来た気がするのでそれなりにいい旅であったと思う。

次はそろそろ四国への旅を検討中である。

3104
目指せ世界の標準値
前々からぼやいている事なのだが、自分の性格とは自らは理解しにくいものであり、また他人の判断によって気付く部分が大きい。
例えば「私は優しい人である。」と言ったとしても、とある人から見れば恐い人と思われる事もあるし、そんな面は見たことないって言う人もいるだろう。

ましてや本人が自分の性格や行動に関していい面をアピールすると大抵ろくな事が起きない。けど言わずにはいれない場面も多々あるのだから、人付き合いとはなんとも難しい世界である。


とまぁ冒頭からいきなり訳の分からないくだりで日記を綴り始めたのだが、先日それを実感する出来事が目の前で起こったので、今日はその事について書いていこう。


先日とあるライブを見に高円寺を訪れたときの事。五月は何故か毎週高円寺付近のライブハウスに入り浸ってる気がするのだが、それも軽く季節がらとして流しつつライブ鑑賞。そしてその都度某HCVに遭遇するのももはや一連の流れとなりつつあった。


もちろん今回も彼に捕まり、デパートのおもちゃコーナーでダダをこねるキッズの如く

HCV「みんなでトントロ食べようYO~!ト・ン・ト・ロ~!」

と騒ぎ出したので、仏の様な私はいつものようになだめつつ彼と共に高円寺の街を歩き始めた。


さすが地元に住んでるだけあって彼のお気に入りの店にあっという間に到着し、早速お酒や食べ物を注文。そして過去や現在に留まらず未来の事についてあれこれ有意義な話をしていた。

するとお酒と食事で心も体も大分満たされた頃にボーカルが酔っ払ってかなんだか解らないが、話題がファッションの話になったら唐突に・・・















HCV「俺ってスタンダードにいい感じの人だから~。」

と言い出した。一瞬にして大量の霊がその場を通り抜けたのは今更説明しなくてもいいと思うのだが、その後私達の席からは山にいたらこだまが起きるんじゃないかって位に爆笑が巻き起こった。

あまりにも文章の意味が分からなかった事と、一応言葉を大事にするポジションでもあるボーカリストがそんな発言をしたことに心底驚いた。(しかも日記には結構本を読んだこととか書いてるのに・・・)
また本人も発言後に「しまった!!!」って顔をしてかなり困ってたのが非常に印象的であった。


勿論その後の会話ではなにかと



「いや、スタンダードにいい感じですから。」



が言葉の端々に着くようになってしまった。このブームの終焉は当分先の事になりそうである・・・


またこの一件のおかげで言葉の大切さを改めて感じる事が出来、彼には悪いが今後の参考にさせてもらった。ありがとう。


3104

<おまけ>
例の「スタンダードにいい感じの人」を間近で激写!

乙女

やはり自分を理解するというのは難しい事である。
いずれどこかで・・・
唐突ではあるが最近歯痛に悩まされている。ちなみにこりゃ来たかな?と思ったのはライブ直前の全体リハーサルでスタジオに篭っていた時の事。
いつも通りの練習に加え、ライブにむけての最終調整をやっていたらふとした拍子に左頬が腫れているのを感じた。

それ以前にも数日前から歯茎の腫れを軽く感じていたのだが、忙しかったのと直に治るだろうとタカを括っていた部分もあり軽く放置していた。

確かに徐々に気になってはきたのだが、演奏にはまったく支障を感じなかったし、歯医者に行く暇も作れなかったので、いつも通り練習を終えさっさと帰宅した後、いつもより念入りに歯磨きをする位の抵抗をして様子を見ることにした。




ZZZ・・・ ZZZ・・・


明けて翌朝、ライブ当日とはいえいつも通り起きてコンタクトを入れようと鏡を覗き込んだら・・・













顔の左側がメチャメチャ腫れているのである・・・



一見「飴でも食ってるの?」と聞きたくらなる位の見事な腫れっぷりで、このまま外出しようものなら


「もうこんな顔じゃお婿さんに行けないよ!!!」


って程であった。

しかしこの日は何が何でも外に出なければいけない本番当日である。
マスクで顔を隠して出るのもお客さんに失礼だし、痛み止めなどの薬を飲んでしまったら最後、過去の経験上まともなリズム感を保てなくなるのは解っていたので、結局放置したツケが一気に返ってきた格好で本番に臨まざるを得なかった・・・


まぁ本番の演奏に支障がなかったから良かったものの、それ以外は常に最悪呑んでも痛い食べても痛い寝てても痛い・・・
翌日は疾風の如き速さで歯医者に駆け込んだ事は言うまでもない。

しかし病院というのはどうも苦手で、散々放置した自分が悪いのだが、どうも常に怒られてる様な気がして何を言われても申し訳ない気持ちに駆られてしまう。
今回も例に漏れず軽い懺悔の気持ちで診療台に乗せられ、「ホントすいません、ホントすいません。」と心でつぶやきながら結果を待っていた。

不思議な事に虫歯が原因ではなかったのだが、自らの不摂生と他の要因が色々重なって今回の惨事が起きた事を教えてもらった。

これから数日間は治療の為何かと不便な日々が続くのだが、人間はワガママな生き物なもんでこういうときに限って

「健康っていいモンなんだな~。」

としみじみ感じてしまうのである。皆さんも自身の体を御自愛下さいませ。


3104
闇夜に轟く着信音
ライブの興奮も冷めやらぬものの、体はとある不調の部分があったため少々疲れ気味だった私。気が付けば機材の片付けも中途半端なまま深い眠りに落ちていた・・・

しかし突如静寂を切り裂くように携帯電話が鳴り響きふと目が覚めた。普段はこういったケースを避ける為に就寝前には電源を切っているのだが、それすらも忘れていた位疲れていたようである。

ちょっと無視しようかな、いう非道な考えがよぎったものの電話がうるさく鳴ってる以上は出なきゃいけない。時間も深夜3:30であるが故に何か緊急の電話かもしれないなんて不安になりながら、寝ぼけ眼のまま着信の相手もよく見ずに通話ボタンを押すと・・・











「もしもしYです~。」



受話器の向こうからはつい最近までニートだった中学時代の友達の声が聞こえた。しかしこのたび再就職も決まり、且つ東京に進出してきた兵(つわもの)である。とはいえこんな平日のクソ深夜の電話だったので何かあったのかと不安になりながら、

3104「お疲れ~、ってかこんな時間に何してるの?」

と聞いてみた。すると

Y「いや~、今まで会社の人と飲んでて~、歩きながら帰ってるんだ~。」

3104「そうなの?まぁ確かにこの時間じゃもう電車もうやってないしね。んでどうしたの?」

Y「いやさ~、今度俺出世が決まったんだよ~。」


とヘベレケになりつつも自分の身の上話を始めた。何もこんな時間じゃなくても・・・なんて思いつつも、再就職から半年も経ってないのにいきなりの出世とあっては本人もやはり嬉しかったのであろう。まだまだ彼の饒舌な下は休まりそうにない・・・

3104「おめでとう!ってか凄いな、その短期間で。」

Y「でしょ?そんでよ~、この俺の出世の喜びを皆で分かち合おうと思って片っ端から電話かけたんだけど誰も出なくてよ~。出たのはお前だけだよ~。みんな薄情だな~。」


いやいやいやいや、当然の結果だと思うのは私だけなのだろうか?こんな週の半ばの朝に近いこの時間に電話かけたら普通の会社員は例に漏れずみんな寝てるよ・・・。私だってたまたま起きてただけなんだから・・・

3104「まぁこんな時間だしね。しゃーないよ。」

Y「んでもよ~、この俺の喜びを・・・」


とまだまだ長くなりそうだったので、

3104「まぁまぁ、今度東京組だけで飲み会でも開いてさ、その時また詳しく聞かせてYO。」

とやんわりと打ち切りの方向を示してみた。するとよほど機嫌がよかったのか、

Y「まぁそうだよね。じゃあまた呑もうな~。」

と物凄い温度差を感じながら年始以来の久々の会話は終了した。
まぁ仕事が見つからずテンションも低めだった新年の彼に比べたら全然いいのだが、やはり別に今じゃなくても・・・と終始微妙な感情が入り混じりつつ再度眠りにつくのであった。


3104
日々思い 日々悩む
昨日の桜梅桃李、下北沢MOSAiCのライブにご来場頂いた皆さんありがとうございました!

また少しずつではあるものの成長の後が見えるライブだったと感じる日であったし、またこれからの方向性や課題も明確にしつつ、今後の活動に弾みがつくライブであったと思う一日であった。
(詳しいセットリストに関してはこちらで確認して頂ければ幸いである。)

ちなみに次回の桜梅桃李ライブは6月3日(火)に下北沢basement barで行われる予定で、詳細はまた後日連絡するので、お時間の都合が付くようでしたら是非ともご来場いただきたい。


とまぁライブの感想は特に内容に触れずいつも通りな感バリバリの日記になってしまったが、それは置いといてここ最近

「自分は他人にどう写ってるのか?」

というのが気になったりする。決して相手に媚び諂(へつら)うといった意味合いではなく、ふとした拍子に他の人の行動や仕草を見て、

「ああ、自分も気をつけなきゃな~。」

なんて思うのと、

「実は自分も他の人からこう見られてないかな?」

なんて考える部分が出てきたりする。

まぁ最近これでもかって位に色々な人に会ってて、少しデリケートなってしまってるのかな?なんて感じながらも、やはりミュージシャンだ何だという前に一人の人間なので、ステージ上では傍若無人だったり、いい加減であっても、最低限なマナーやルールは守りつつより良い関係を築ければ、と改めて誓う時期なのかななんてポジティブに考えてみる。


なんにせよ音楽性も人間性ももっともっと伸びしろがある人になりたいし、今まで以上に精進を重ねていくつもりなので、今後ともどうぞ宜しく。


3104


ポイ捨てはしない良い子です
そういえば昔はそうだった
このGW前後は風邪引く人が多い気がする。今年も例に漏れず周りの友達なんかも風邪でダウンしてる人をチラホラ見かける。
私も大学生の頃はそれこそ毎年風邪で寝込んでいた記憶しか無い。まぁある意味大学生の頃は毎日がゴールデンウィークと勘違いしてた残念な人間だったので大して支障はなかったものの、世間全体が休みなのに病気で動けないのは何とも癪だったので、


3104「何がゴールデンウィークだ!!!」



とぼやいてた気がする。しかしおかげさまでここ数年は何とか風邪を引かずに過ごしてこれた。まぁ


看病してくれる相手がいないから
病気になってもしんどいだけ


に尽きると思うのだが・・・


そんな訳で親身になって看病してくれる人が出現したら翌日にでも風邪を引こうかなと言った面持ちである。
とはいえやはり健康が一番であるので、皆様も体調に気をつけて寒暖の差が激しいこの時期を乗り越えてもらいたいものである。体調を崩されてる方も早めの回復をこの場で祈っておく。

もし看病が必要ならどこでも行く気持ちであるが、行った所で誘惑に負けてマンガ読んだりゲームするだけだと思うので呼ばない方が賢明かと・・・

お大事に~。


3104


そして最後の追い込みのライブ告知を

「桜梅桃李」

2008.5.14.wed 下北沢MOSAiC [ 新緑の如く ]
OPEN18:00 * START18:30
チケット 前売¥1,800 * 当日¥2,200 (共に1drink別¥500)
出演:屑星(from広島) * Miracle Works * Sheep Stereo * カウルトウキョウセンチメンタルロックス*桜梅桃季



出番はラス前20:30~からなので、夕ご飯を食べた後にでも立ち寄って頂ければ幸いである。


皆様のご来場心よりお待ちしてます!!!


なおチケット等のお問い合わせに関しては

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

まで宜しくお願いします。
私の周りの不思議な妖精達
何気にこのシリーズも結構な頻度でこの日記に登場してるのだが、つい先日もとあるたまげた妖精のお陰で豪快に腰砕けになった場面に遭遇したので今日はその話をば。


それは「桜梅桃李」4月25日の渋谷RUIDE K2でのライブ終了後の一コマ。

いつもの様にアンケートを配布して回収作業やらなんやらに明け暮れていた頃、舞を生業とする妖精が今回ライブを見に来てくれていたので、久々だったのも手伝いお礼と挨拶を交わそうとしたら、彼女が開口一番・・・






















T嬢「緑の人はどうなっちゃったんですか???」



と聞いてきた。一瞬この人本気で言ってるのかギャグで言ってるのかこっちが戸惑ってしまった。それは・・・



















今まで一回もミドレンジャーのメンバーはいなかったからである・・・


しかも初めてならまぁそういう質問もあるよね?とは思うのだが、既に彼女は3回も見に来てるのである。(編成が変わってからは初)

お客さんの前でそうなってはいけないとは思っていたのだが、はっきり言って腰が砕けて言葉に詰まった。いったい彼女の見てる世界とはどんな感じなのだろう?そっちの方に興味を持っていかれてしまった一幕である。

とまぁ今回はライブが近かった事もあり不意に思い出して書き綴ってみたのだが、まだまだ妖精達の伝説は留まる事を知らないので、また機会があれば紹介していこうと思う。


3104

そんな「桜梅桃李」のライブ告知を最後の締めに

2008.5.14.wed 下北沢MOSAiC [ 新緑の如く ]
OPEN18:00 * START18:30
チケット 前売¥1,800 * 当日¥2,200 (共に1drink別¥500)
出演:屑星(from広島) * Miracle Works * Sheep Stereo * カウルトウキョウセンチメンタルロックス*桜梅桃季


出番はラス前20:30~からなので、夕ご飯を食べた後にでも立ち寄って頂ければ幸いである。
また「我こそがミドレンジャーにふさわしい!!!」という方がいらっしゃいましたら是非とも見に来て頂ければと。皆様のご来場心よりお待ちしてます!!!



なおチケット等のお問い合わせに関しては

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

まで宜しくお願いします。


ちなみに彼女が見に来たと思われるライブの証拠写真を掲載

・記念すべき1回目
1回目ですな

・2回目のライブ
2回目ですな。

・3回目のライブ
トータルで6回目くらいではなかろうかと

緑なんてどこにもいない事が分かって頂けたろう。
醍醐味
唐突ではあるが、いつもお世話になってるマキタ学級が夏にセカンドアルバムを出す予定である。

今はそのレコーディングの真っ最中なのであるが、不肖のこの私もパーカッションで参加する事になり、先日risetteでもお世話になったMOMOスタジオに行ってきた。

今回は小物系の奇抜なアイテムで楽曲を支えるのが私の役目で、一瞬だけササッと登場して強烈な印象を残す飛び道具的な役割が多いのだが、それ故にピンポイントで綺麗に音を出す事の難しさを再認識させられた。

ライブだとまぁある程度はアクションも加味しつつとなるのだが、レコーディングともなると音だけでの勝負なのでかなり気を使う。しかもクセが強い楽器だとなおさらである。


まぁなんとか悪戦苦闘しつつもOKテイクを貰ったので、今回の依頼はなんとかクリアで一安心である。ちなみにまだ他の曲にも参加する予定なので、また詳細が決まり次第この場でお伝えしていければと。


何気に私はレコーディングは個人的に好きである。それは今現在自分のベストの音というのが如実に分かるからである。
これによって反省点やクセを改めて見直し、また今後の課題にも繋がるから適度にやっておきたいなと私は思ってる。

桜梅桃李の音源も新たに追加でレコーディングしてミニアルバムみたいな形式で発表出来ればと目論見中である、楽しみに待っていてくだされ。


3104

そんなレコーディングの依頼がありつつも、自らが所属するバンドのライブも近付いてきたのでご連絡。

今月のライブはあと「桜梅桃李」のみ。
2008.5.14.wed 下北沢MOSAiC [ 新緑の如く ]
OPEN18:00 * START18:30
チケット 前売¥1,800 * 当日¥2,200 (共に1drink別¥500)
出演:屑星(from広島) * Miracle Works * Sheep Stereo * カウルトウキョウセンチメンタルロックス*桜梅桃季


出番はラス前20:30~からなので、夕ご飯を食べた後にでも立ち寄って頂ければ幸いである。
また今回はCDでは感じれない「ライブの醍醐味」というのをお客さんに味わってもらえればとメンバー一同最終調整まっただ中である。

そして皆様のご来場心よりお待ちしてます!!!



なおチケット等のお問い合わせに関しては

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

まで宜しくお願いします。
連鎖し続ける世界 後編
~前回までのあらすじ~
連日のライブと夕暮れ時の切なさとが入り交じり、何とも疲れた体を早く休ませようと自転車に乗ろうとしたらサドルを盗まれるという大惨事に遭遇。
自転車を押しながら泣く泣く我が家に辿り着いたのだが・・・



家の鍵を開け玄関に入り、とりあえずしょっていた機材類をぶちまけてとりあえず部屋に入ろうと思ったら、何故か廊下に見覚えの無い単3電池が転がっていた・・・


3104「ん?なんだ?何の電池だろう?」


ひょいと拾い上げてみたものの全然思い出せない。まぁ大方家を出る時に機材になんかがぶつかって落ちたのかな?大して重要なもんでもないだろ、なんて思いながら部屋に入ってカーテンを開けようとしたら・・・

















ああ~~~~~~~~っ!!!なんじゃこりゃぁぁぁぁ!!!



我が家に立てかけてある自慢の「学校の教室にありそうな時計」

我が家の自慢だったのに・・・






















もうこれには言葉も無かった・・・


こんな感じで地面に落ちていて、そこら中に割れたガラスが散らばっていた・・・

(さっきの単3電池はこの時計が落ちた弾みで廊下まで飛んでいったみたいである。)


なんなんだこの引きの強さは!?今日こそはゆっくりしようと思ってたのに何故こうも立続けにツイてない事が起きるのか?しばし汗だくの体のままその場に立ちすくんでいる私がいた。

しかしこれはどうあがいても私が処理しなければならなかったので、ケガしない様に入念にガラスの破片を拾い集めて、掃除機をかけて、コロコロで最終確認をしてどうにかこうにか片付ける事が出来た。

とはいえこの私の心は片付くはずも無く、


3104「ちきしょ~~~~~~~~!!!」


と物騒な街に物騒な怒号が響き渡った・・・


その後気を紛らわそうとゲームしてみたものの、ことごとくいい所で負けてしまい、軽くクッションに八つ当たりをしながら、最低な一日に幕を下ろすのであった・・・


連鎖し続ける世界 終


3104


さてまた今回からライブが近付いてきたのでその告知をば。今月は残す所「桜梅桃李」1本

2008.5.14.wed 下北沢MOSAiC [ 新緑の如く ]
OPEN18:00 * START18:30
チケット 前売¥1,800 * 当日¥2,200 (共に1drink別¥500)
出演:屑星(from広島) * Miracle Works * Sheep Stereo * カウルトウキョウセンチメンタルロックス*桜梅桃季


ここのライブハウスは真っ白なので、やたらカラフルな我々がどうステージに映えるのか楽しみである。 出番はラス前20:30~からなので、仕事帰りや塾帰りにでもふらっと立ち寄って頂ければ幸いである。

なおチケット等のお問い合わせに関しては

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

まで宜しくお願いします。
連鎖し続ける世界 前編
普段私達が生活してる環境で

「いい事は重なるもんだね~。」

という言葉はあまり耳にしない。まぁ「調子に乗るんじゃないよ」っていう戒めが込められてるのかもしれないが、なんとも奥ゆかしい日本人ならではの言葉ではないだろうか?しかし反面

「悪い事は重なるもんだね~。」

というのはよく聞く。長き人類の歴史において学んだ結果なのかもしれないが、これを痛感する出来事がそれこそ立て続けに起きたので、今日はそんな話をしていこうと思う。


それはrisetteインストアライブを無事に終え連日の疲れを癒そうと家路に向かっている時の事。ここ数日のライブは機材の量が少なく身軽だった為、駅までの道のりは自転車を利用していた。
とはいえさすがに2日もライブをすると肉体的な面もさることながら精神的な面でも疲れが出てきており、

3104「早く帰って休みたいな~。」

なんて思いながら駅前に止めていた自転車の方へと歩いていった。
(ちなみに連休中は自転車が撤去されないのを知っていたので、駅からすぐ近くの場所に止めていた。)


がしかし記憶の中にある自転車を止めたと思われる場所に行っても見つけられない・・・あれ?勘違いしてたかな?と思い周辺を探してみたものの、いつも見慣れてる姿がどうしても見当たらない・・・

しばし辺りを見渡した後、「もしかして盗まれたのかも?」なんてネガティブな事が頭をよぎりつつも、別の場所も一応確認してみようと思い移動し始めたその時・・・




あれ?




なんだか妙に見たことのある自転車が目の前にあるんだがどうしても違和感が残る。何でだろうと思いその自転車に近づいてみると・・・















なんなんだまったく!!!


ん?















何もこのタイミングじゃなくても・・・


サドルがなーーーーーーーい!!!!







なんなんだ~!!くそがぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!




ありえない!なんでこんな疲れてるときに起きるの?周辺を捜索してもサドルなんて転がってるはずもなく、泣く泣くこの自転車を家まで運ばなければならなかった・・・

しかも途中天敵の警察官数名とすれ違ったのだが、当然全員無視

「貴方達が守ろうとしてるのはなんなんだ!!!」

とほぼ八つ当たりの思いをぶつける位荒んでいた。


もはやライブ終了の達成感快適な帰路はどこへやら、涙で視界が滲んだ景色の中をジャンベにスタンド類と重量級の荷物を背負いながら自転車を押す哀れな自分。結局普段よりも1.5倍位の時間をかけてようやく家に辿り着いた。



「こ、これで本当に休める・・・」


と思っていたのだが、ツイてない連鎖がこれで終わるほど甘い世の中ではなかったみたいで、か弱い子羊同然の私は更なるトラブルに巻き込まれていくのであった・・・


続く


3104
ガクガクブルブルの初体験
何気に皆写真撮ってました。

5月6日は連休最終日。ということで前夜のバカ騒ぎの疲れを癒したり、心の癒しのゲームでもしてのんびり過ごそうかな~、なんて余裕もなく朝早く起きて「risette」のライブの準備に取り掛かった。


それにしてもありえないくらいに緊張の一日だった事は間違いない。
久々にパーカッションでのライブという事を加味しつつもやはりCD屋さんでインストアライブってのは今までにない経験だったので異様にブルってたし、よく寝れなかった気がする・・・

しかしそんな状態であれなんであれ時間というものは皆平等なので、駄々をこねようがゴロゴロしようがいずれやらなければいけない時が来るのである。恨めしい位天気が良くて熱がりな私としてはうんざりだったが、入念に忘れ物がないかチェックして早速リハーサルに向かう。


今回はアコースティックライブの形なので今回のメイン機材は「ジャンベ」。やはりドラムとは別物の楽器の為、フレーズの組み立てや全体の印象等に結構苦労したのだが、とりあえずはメンバーにも及第点をもらえたのでまずは一安心。

リハーサル終了後はフラッと食事に行ったり、異様に肩身のに狭い喫煙スペースでケムリを吸い込んでいたのだが、店の前で一服してると通りに向けてあるスピーカーから・・・
















risetteの曲が延々流れてるのである・・・



ゴホッ!ゴホッ!こんなに大々的になってるんだ、というのがまたこの弱い心に重石をかけて、何故だか脇汗が止まらない状態になってしまっていた。さすがにこのままではイカンと思い、

「落ち着け!落ち着くんだ!」

と言ってみたものの、こういうのは言ってる奴に限って落ち着いてないもので、自らに言い聞かせても当然焼け石に水。しかも久々のジャンベ座りが続いたもんだからやたらと腿が震え出してダブルパンチ。

結構不安な状態のまま気がつけば本番を迎えてしまっていた・・・



司会者の紹介の元、メンバー全員でステージに立つ。今日のお客さんはCDを買い、且つ特典ライブが見たい猛者ばかり・・・そんな方々を満足させられる演奏が出来たかは解らないが、皆いい顔をして曲を聞いてたのでちょっとホッとした。
そうこう考えてる間にあっという間にライブは終了して舞台はサイン会へと移っていった。

メンバーがいい表情でサインを書いて、お客さん全員がいい顔でサインを貰ってという場面は物凄く感動的だった。私もそういう事が出来るようになりたいと改めて誓った瞬間でもある。
こうして終始和やかな雰囲気のままインストアライブは無事に終了。ようやく肩の荷が下りた瞬間がやってきた。
















しか~し、最後の最後にとんでもないのが待ち構えてして、控え室のテーブルに色紙がデデーンと置かれていた。
大方メンバーが書いて終わりだろうと思っていたら不意に・・・


「じゃあ3104君もせっかくだから書いて。」

とありがたい言葉を頂いた。正直そんな展開になるなんて思いもしなかったからマジで何も考えてない。しかも結構時間も押してて、早く書かなければいけない空気が私の回りに立ち込めてきたので・・・














もう少し考えれる漢になりたいです・・・


場所もサイズも何もかもがKYなサインを書いて必要以上にお茶を濁してしまった・・・

とはいえ何から何まで貴重な体験をさせてもらい本当に感謝である。これを次に生かしてもっともっと活動の輪を広げていければ、と強く思いながら夕方16時前に渋谷を後にしたのであった・・・


最後にあの場に来てくださったお客さん、関係者の方々、そしてrisetteの皆さん本当にありがとうございました!!!


3104


ちなみにお日様が出てる時に本番が終わって帰るなんてオーディションライブ以来だったのでなんだか懐かしくなった。

あの

「居酒屋も開いてない、飯屋も凄い中途半端な時間帯だし・・・」

なんてブツブツ言いながら重い機材と体を引きずってた事を思い出す・・・
たまにはこういう瞬間も必要である
昨日こどもの日に行われた大人気ないイベントNUMMER SONIC08にご来場いただいた皆さんありがとうございました

個人的には1年も経たないうちにコピーバンド大会に3回も出る機会に恵まれ、それによって新たな繋がりも生まれているので毎回こういったイベントには楽しく関わらせて頂いてる。

私は前回の日記でも紹介した通り、「Red Hot Chili Peppers」のコピーバンドのドラムとして参戦したのだが、今回は色々と自分の中で考えていた事、確認したかった事、試したかった事などをあの場に盛り込みつつ、いつもとはまた違ったライブの取り組方をしてみた。
(勿論結果的にそうなったと言うだけであって、そんなに賢く振舞え るはずもなく一所懸命に演奏してた記憶しかないのは言うまでもない。)

またイベント自体も大きなトラブルがなく無事に終了したのには一安心であるし、主催者側の陰の努力、出演者、ライブハウススタッフ、そしてお客さんの協力が実を結び全員の笑顔となったと私は思う。感謝に絶えない心境である。


ちなみにこのイベントにおいて仏の様な私が何故かヒールとしての扱いを受けており、世の中何かがおかしいと言わざるを得ない。まさに北斗の拳に出てきそうな悪党どもにおびえる民間人そのものである。
しかも

S氏「死ね!3104!!アヒャー!!!」

とか

N氏「くたばれ!3104!!ヒィャッホー!!!」

等の心無い台詞を終始浴びせられ、しかも罵倒してる人達が揃って手を組むというなんとも言えない包囲網を敷かれてしまった・・・まったく世知辛い世の中である。

またこのイベントはバンドと個人の部門においてMVPを決める投票を出演者とお客さんで行うのだが、今回はその反乱軍の筆頭がバンド部門、個人部門を受賞してなんとも海外プロレスハッスルの様な展開になっていた。

まぁ私がそういった役割を担う事でイベントの活性化を促せればいいのかなと思いつつ、敬意を表し惜しみない拍手を彼らに送るのであった。
(誤解のないように言っておくが、彼らとは普段から仲が悪いわけではない。しかしこの時だけ私がヒールになってしまう・・・何故だ!?)


次回はまた秋口に開催されるらしいのだが、果たして次回は何をやるのやら・・・
まぁみんなお盆過ぎから徐々に動き出すのだろうけど、それまで色々なアイデアを溜め込んでぶちまけたいと思ってる。

しかし現時点では演奏やライブよりもプロレスみたいに勢力争いとか因縁の対決とそのシチュエーションなんかを考えて、エンターテイメント炸裂な方向に頭を働かせている自分がいる・・・


3104
その名は「Bed Rock Cherry Peppers」
本日【こどもの日】に行われる大人げないコピーバンド大会に参加する事になった私。しかも今回は群を抜く大人げなさでRed Hot Chili Peppersのドラムを演奏する事になった。
個人的には去年の9月にコピーした「MAMO」以来の2回目だが、今回もかなり偏った愛を降り注いでるので楽しみにしていてもらいたい。

ちなみに毎回コピーバンド大会に出る時に一番悩むのはバンド名なのだが、今回は


「Bed Rock Cherry Peppers」


という名前に落ち着いた。名前の由来は以下のメンバーが所属するバンド名から拝借して合体させた形である。

メンバー

Vocal  アンソニー・カイツ(from AFROCK)
Guitar グッチョン・フルシアンテ(from The Empty Bed )
Bass  フリー・れを・フリー(from AFROCK & 桜梅桃李サポート)
Drum  チャド3104(from 桜梅桃李)


という4人でお届けの予定であるが、一見

「あれ?Cherryは?」

と思うかもしれないが、それは私が所属するバンドの桜梅桃李を英語に変換した形である。

まぁ毎度の如く「細か過ぎて伝わらないモノマネ」を随所に盛り込んで、失笑爆笑を巻き起こすつもりだが、知ってる人も知らない人も楽しんで頂ける様に精進するので期待していて欲しい。

詳細は
2008.5.5(mon) Nummer Sonic '08
場所:新高円寺CLUB LINER
開場:17:00 / 開演 17:30
チケット:前売 ¥1,500 / 当日 ¥1,500 (共に1drink別¥500) 【再入場可・持込厳禁】
出演
GREEN DAY / Rage Against the Machine / weezer / the cranberries / Red Hot Chili Peppers / MICHAEL JACKSON のコピーバンド


で我らベッチェリは20:00頃出撃予定である。

ちなみにこのイベントで

「RAGE AGAINST THE 3104 」


という私への反乱軍が出てきたので、赤児の手をひねるが如くあしらってやろうと思ってる。


3104


なおチケットのお問い合わせは

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

まで宜しくお願いします。
楽器屋巡り
新しい感覚を手に入れるのと、これからの活動にもっと幅を持たせれる様にホント久々に新しいスネアドラムを買おうと思い楽器屋を巡ってみた。

元々メインで使ってたスネアは「OCDP」というアメリカのカリフォルニア州オレンジ郡にあるドラムのガレージメーカーを使っていたのだが(参考画像)、

20050719124206.jpg

かなり音量がデカく独特の音が出るので、今回選ぶものはこれにパワー負けをしなくて且つ愛情をかけれるものを、という思いがあった。

そんな事を頭に描きつつメーカーの目星をつけて様々な楽器屋をHPでチェックしたり、電話かけたり、はたまた実際に足を運んでみたりした。

実際10個ほど試奏してみたのだが、今更ながら同じメーカーで同じような大きさでも出る音というのはまったく違うもので改めて再確認させられた。

特に「JPC(ジャパンパーカッションセンター)」に行った時は胸がときめいたし、店員さんの楽器愛と知識に目からウロコな瞬間が多かった。
きっと特に目的もなくフラッと行って一日いたとしても飽きないだろうし、腕がボロボロになるまで叩き狂ってるかもしれない・・・誠私にとっては危険なエリアである・・・


けれどもこれがきっかけで新しいスネアドラムの目星がより明確になったし、得た知識を元々の太鼓にも生かせる様にもなったので収穫は大いにあった。
ちなみに新しいスネアはもう購入したので、今度の桜梅桃李のライブやrisetteのライブでお披露目出来る事だろう。
勿論「OCDP」を封印する訳ではないし、更なる改良を加えて今よりも幅広く使える様にするので当分は二股の愛を降り注ぎつつ悩んでいこうかなと思ってる。


しかし結局の所楽器よりも己の技術がものをいうので、その楽器に負けない様更なる精進を重ねていかなければならない・・・

3104
血となれ肉となれ
あまり最近の日記では書かなくなったが、相も変わらずライブはよく見に行ってる。
しかもジャンルや方向性が結構バラバラなのだが、それはそれで見てて面白い。あまり音楽に関しては食わず嫌いが無いので何でも聞ける性格なのが助かっているようである。


勿論聞くだけや見るだけでなく、勉強になる所や自分の活動に関して考える所も色々出てくるので非常に面白い。
今後の自分に生かせるかどうかは自分次第なのだが、自らが得た知識や感覚、経験をフル活用してお客さんに

「楽しかった。」

とか

「来てよかった。」


と言ってもらえる様に音楽活動をより有意義にしたいものである。


まぁそうなると個人的な好みとしてはやはり「お客さんを楽しませようと工夫してるバンド」は見てて好感を持てるし見習うべき所が多い。

【自分もああなりたいと思う】
気持ち、これが今の私の音楽活動においての重要なガソリンとなっているし、これが自分の中で空にならない限りはたとえ少しずつでも走り続けるだろう。


3104

色のバランスが綺麗ですね(自画自賛)
月も変わったので気分一新
早いものでもう五月に入ってしまった。ついこの間まで「寒い、寒い!」と言ってたのに今となっては半袖でウロウロする人を見かけだす始末。
なんだか年を重ねていくにつれ時間が経つのが早い気がするのを改めて感じてしまう今日この頃である。

さて巷ではそろそろ「五月病」だと騒ぎ始めるのだが、そんな事を言ってられない位まだまだ忙しい日々は続く予定である。

今日はそんな私の五月の音楽的情報をモサッとお伝えしようと思う。ちなみに今月はライブは3本予定してるのだが、それが全部違うバンドでの活動(1つは企画もの)なので様々な面を楽しんで頂けると思うので是非とも足を運んで頂きたい。


1本目 コピーバンド大会に大人げなくドラムで参加

2008.5.5(mon) Nummer Sonic '08
場所:新高円寺CLUB LINER
開場:17:00 / 開演 17:30
チケット:前売 ¥1,500 / 当日 ¥1,500 (共に1drink別¥500) 【再入場可・持込厳禁】
出演
GREEN DAY / Rage Against the Machine / weezer / the cranberries / Red Hot Chili Peppers / MICHAEL JACKSON のコピーバンド


前回MVPを獲得したコピーバンド大会
の第2回である。
今回は私が大好きなRed Hot Chili Peppers でドラムを叩く予定である。


2本目 また記念すべき新たな1歩

2008年5月6日(火・祝)@渋谷HMV 3Fイベントスペース
『risetteミニライヴ&サイン会』
時間:START 15:00~
料金:入場無料
*HMV渋谷店にて4/2発売risette「risette」(FTBM-1002)をご購入のお客様に先着でイベント参加引き換え券を差し上げます。
当日イベントSTART時間30分前までにイベント参加券と引き換えてください。イベント参加券&CDジャケットをご持参のお客様はライヴ終了後行われるサイン会に参加できます。
info.HMV渋谷店 03-5458-3411


サポートで参加してる「risette」インストアライブに参加する事になった。
CDショップでのライブなんてこれまた初めてなので色々勉強してこようと思ってる次第である。


3本目 進化し続ける「桜梅桃李」の5月の陣


2008.5.14(wed) 「深緑の如く」
場所:下北沢MOSAiC
開場:18:00 / 開演 18:30
チケット:前売 ¥1,800 / 当日 ¥2,200 (共に1drink別¥500)
出演
屑星(from広島) / Miracle Works / Sheep Stereo / カウルトウキョウセンチメンタルロックス
/ 桜梅桃季


また新境地を開拓出来る様に目下地下活動中なので楽しみにお待ちしてくだされ。


とまぁ今月も休む暇なくと言った所なのだが、やはりこうして活動出来るのが何よりも喜ばしい事なので、この状態を少しでも維持出来るよう頑張っていく所存である。


なおチケット等のお問い合わせに関しては

hive072-311-s.moriya@lagoon.ocn.ne.jp

まで宜しくお願いします。

3104
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。