3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
200709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ただいま
ようやく日本に帰国して成田から帰ってる所である。

近日中に今回の旅路を綴っていこうと思ってるのだが、今回はやたらと


写真が多い!


珍事が多い!


とやたらに長くなりそうな気がするのだが、取り急ぎ本日は帰国の報告をば。



あ~、牛丼食いたい!
スポンサーサイト
さてさて
20071024090106
それではいってきます!
あまりに忙しいその訳は
音楽や私生活においても最近バタバタしてて、日記が滞り気味な日々が続いているのだが、それにはちょっとした理由がある。

それは…














明日からインドネシアに行くからである!


また前回とは違った場所に行くし、治安に関しても一抹の不安が拭えない…

けれども無事に旅から帰ってきたら、面白そうなエピソードを添えてここに帰ってくるので、それまではしばしお待ちを。

ちなみに帰国は31日の早朝の予定である。


行ってきます!

3104
充実多忙音楽生活
この日は音楽的用事がてんこ盛りであった。

午前中から夕方にかけて久我山のスタジオにて「risette」のレコーディングでドラムを数曲入れてきた。

ここ最近レコーディングが続いてたから、環境や雰囲気については問題なかったものの、サポートとしての参加は久々だしドラムに関しては初めてだったのでそっちのプレッシャーが自分の中で大きかった気がする。

まぁ肝心の録音は問題なく済ませることが出来て一安心であるし、これからどういった形で完成されていくのか楽しみである。


その後は機材を自宅に置いて新宿へ向かい、MSPとCOAL SACKのライブに足を運んだ。
この日はMSPからある発表があったのだが、自分もサポートしてたことがあるだけに色々感慨深いライブであった。

そして自分で出した答えを実行に移す事へのすばらしさを感じた。


それぞれの道を自分が信じる方向で自分に無理ない速度で進んでいこう。自分に言い聞かせる良い一日だった。


3104
もうどうにも止まらない・・・
最近の木曜9時から1時間は私にとって憩いのひと時になっている。
もはやくどいぐらいにこの日記に登場してるので分かる方もいるとは思うが、

「3年B組金八先生」

を毎週見ていてもう涙が止まらないのである。

今回もバッチリ心にドストライクな場面が来て

「うぇっ、うぇっ・・・ヒッ・・・ヒッ・・・」

と一人暮らしの男子部屋から嗚咽が止め処なく流れてるのはちょっと異様だとは思うのだが、それでもたまらないのである。

もし私にもう少し学力があって、このような生活を好まなければきっと教師の道に憧れてたかもしれないな~、なんて妄想したこともあった。そんな思いがこのテレビを見るたびに沸き起こる。


そんなとある日に一通のメールが私の携帯に届く、送り主はからであった。
妹は埼玉に住んでるらしい(過去日記にて赤っ恥経験あり)のだが、正月以来ぱったりあってなかったし、メールのやり取りもたまにあるくらいであった。そんな希薄な関係からの唐突なメール、親に何かあったのかな?なんて恐る恐る開いてみると・・・













就職の内定の知らせであった。








しかも








塾の講師?(イマイチよく分かってないが、人に何かを教えるらしい・・・)





結局人に教えるのが好きなのはもはや血筋なんだなと初めて気付いた出来事であった。

しかしまぁ家族だからそう思うのかもしれないが、
「生徒の将来が心配だ~。」
と一抹の不安が拭えないのが正直なところである。(同様に友達の時もそう思う、なんなら「お前が働けるのか?」というレベルまでハードルは下がってしまうが。)



3104
やっぱり私は貧乏性
昨日でめでたく私にとっての特別な一日である誕生日を迎える事が出来、特に何かが変わるわけではないのだが皆に色々祝ってもらえて、とても素晴らしい一日を過ごす事が出来た。改めてありがとうという言葉を添えたい。


しかも皆私に誕生日プレゼントなるものを用意して頂いてなんだか上手く言葉にできないが胸いっぱいな気持ちは未だ続いてる状態である。


ここでその頂き物を豪快に一品ずつつるし上げたいのだが、そんなことをしてしまうと来年は一人で「ハッピーバースデー」を歌う状況になり兼ねないし、寂しさあまって一人で「RPGのレベル上げ」とかしそうなので割愛させていただく。だが・・・














未だにもったいなくて開けられない!!!






DVDやT-シャツとか未だ未開封だし、食べ物もありがたくてお供え物級な扱いになってしまってる。


しかしとあるDVDなんかは、

「はい、プレゼント!だけど私も見たいから、見終わったら貸してね!!!」

という前代未聞の発言が飛び出して軽い尿漏れを起こしたのだが、そんな事があっても、今もってもったいないという気持ちで開けられない日々が続いてる。いつ贈り物の全てを開けて噂のDVD貸すことになるのかわからないが、今はもう少しこのまま眺めさせて欲しい。

3104
今日という日は
私にとって自分がここまで成長できたことを皆に感謝する日である。
一人では生きていく事が出来ないこのご時勢、様々な人に支えられて今を生きている事を改めて考える日なのである。

というわけでありったけの思いとともに


ありがとう


そしてこれからもどうぞよろしく。


3104

20071019150926.jpg

フラッと向かったその先は 追記
昨日の日記で書いた「こむらさき」の一件以降もチマチマとしたろくでもないことに巻き込まれていたのだが、まぁ特にここで言うほどの旨みはそんなになかったので割愛させていただく。

それよりも久々の旅日記だったので本日は3104流の旅の楽しみ方についてあれこれ綴って行こうと思う。

私が旅先で必ず行うこと、それは・・・

「歩く」

事である。色々な街をそれこそ2時間以上かけて歩き回る。
前までは移動中の風景を楽しむのもあったのだが、やたらと眠気に襲われる事が多くなってきたので最近はこれだけである。

特に何か目的を決めるわけではなく、おもむろに地図を見て
「ここなんかあるのかな?」
程度で動き始めるパターンが多くやたら行動範囲が広い。


実際ホテルのフロントの人とかに

フロント「おかえりなさい~。どちらまで行かれてたんですか?」

などの質問をフレンドリーに

3104「いや~、●●まで行ってきましたよ~。」(大体徒歩30分以上離れた所)

と応えると大抵、

フロント「はぁ!?あんなとこまで行ってきたんですか?車でですか?」

3104「いや、歩きです。」


というほのぼのとした会話が繰り広げられるのである。

別にどっかの旅番組みたいに地元の人たちと心温まる交流なんてのは一切なく、フラフラと街並みやそこに生活する人を眺めながら歩き回るのが好きなのである。

それと個人的にはその土地の中古CD屋ライブハウスを探すのも面白い。これは都市部限定の歩き方であるが、レアなCDが衝撃のプライスで売られてるときはホクホク顔である。
しかしライブハウスは未だに入れてない。大抵訪れるときは平日が多いので店がやってないパターンもあるし、観光地図から探し出すのも中々大変なのである。


また旅といえばグルメツアーとかもあるのだが行動が夜になるので、ホテルや案内所などで美味しいお店を教えてもらうと居酒屋とかを勧められる。しかし残念な事に私は一人でいるときはお酒は呑まないので居酒屋とかは非常に入りがたい・・・
もちろんバーなんかも入らないからお酒を楽しむという部分に関しては満喫できてないのかもしれない。

なので食事関係は何かとめんどくさいので、食堂とか全国各地でよく見るお店で速攻済ませてしまう。(意外にご飯だけの店というのは少ないのである。)
ちなみに一人で夜を過ごすときラーメンは食べないという生活も食事に関してはネックになってくる。なるべくならお米を食べたい、マックなんてもってのほかである。


後は何か楽しみはあるかな~?なんて考えてみると、機会があれば「温泉」も入ってるのに気付いた。これはモロに旅が多くなってきてから身についた趣味なのだが、これがまた結構面白い。
例え温泉がないときでも、ホテルなんかの大浴場に入るのも面白い。人が少ない頃合いを見計らって入り、生まれたままの姿で我が物顔で振舞う瞬間が何とも言えずたまらない・・・明らかに悪趣味な嗜好だがやってみると意外に止められないものである。

しかしちょっと前までは

「温泉なんて年寄り臭い!!!」
と頑なな姿勢だったのに、

「おっ!?近くに●●温泉があるんだぁ・・・頑張れば行けるな。」
なんて変わってきてるのが驚きである。


とまぁ旅に関する代表的な事柄を挙げて3104流の楽しみ方や過ごし方を綴ってきたのだが、皆さんはどうだろうか?

たまにはいつもと違った環境を味わう為にフラッと気が向くまま色んなところに行くのは中々乙な事だと私は思う。その時は自分なりの楽しみ方で旅を満喫していただきたいものである。(私のパターンはまるで参考にならないし・・・)

3104

フラッと向かったその先は 後編
~前回までのあらすじ~
どうにかこうにか迫り来るミッションをこなしつつなんとか鹿児島行きの飛行機に乗る事が出来た私。薩摩ではこれから先何が待っているのだろうか?


とりあえずの用事を終えて時間を調べるともう夜の6時といい時間になっていた。という訳で早速本日のお宿にチェックインし、楽しみの一つでもある鹿児島市内の観光に繰り出す事にした。もちろん今回の行く先は「天文館」。ホテルのフロントで貰った地図を片手に携えて夜の街を歩き出すのであった。

個人的な見解で申し訳ないのだが、私はアーケードがある街並が非常に好きなのである。今回の天文館も非常に広い範囲でアーケードが広がっているので、それこそ縦横無尽に歩き回っていた。
観光のお供として不動のポジションにいるipodからは人力トランスともいうべきインドネシアの民族音楽が流れ出し、まだ暖かい鹿児島の街と意外にマッチしてたのが面白くてやけにキョロキョロしながら見回っていた。

すると気がつけば時間も夜の8時を廻りそろそろお腹が空いてきた。この日は「金八先生初回スペシャル」が9時からあるのでどうしてもそれまでには戻っておきたい所。特に食に関してのこだわりがない性格なので、ちょっとグルメな人に連絡を取り、美味しいお店を教えてもらおうと試みた。(ちなみに地元の人に聞かないのはただの根性無しの為であり且つ最終手段。)

すると某ボーカリストから「こむらさき」というラーメン屋が美味しいよと言う情報を提供してもらう。早速地図を覗き込むと店の場所がバッチリマークされていたので、今まで以上に念入りに上を見上げながらテクテク歩きつつなんとか店の近くまで辿り着いた。

しかし色んなお店が並び、密集してる地域なので即発見する事が出来ず、目的地周辺を不審人物になる一歩手前まで徘徊してたのだがようやくお店発見!!!

20071016180948.jpg


これはかなり期待できそうだ!とわくわくしながら入口を探そうとしてみると・・・


















20071016180923.jpg

















ええっ!?


なんでよりによって定休日なの?
そう頻繁に来れる訳でもないし、なんなら鹿児島市内は初めてだったのにこの引きの強さ・・・


結局お目当てのものが食べられないと分かった瞬間テンションがあり得ないくらい下がってしまい、妥協に妥協を重ねて全国展開してる食堂にて落ち着き、世紀の反則技の瞬間を眺めながらしっぽりとした夕ご飯と相成った。


しかしまぁ自らの運のなさが未だ継続中なのを再確認させられた何とも言いがたい旅であった・・・

3104
フラッと向かったその先は 中編
~前回までのあらすじ~
ガス代未納という社会的にダメダメな生活のまま鹿児島に旅立とうとしたものの、帰ってきて早々ガスが止められてる状態は何となくイヤだったので、出発時間が迫る中強引に羽田空港内のコンビニにて支払おうと思ったのだが、出発まで15分を切ってるわ前のおっさんがポテチを買い込んでるわで予想以上に足止めを喰らってしまって焦る私。
果たして無事に飛行機に乗る事は出来るのだろうか??


3104「おっさん!!もうどけYO!!!」

というセリフがノドまででかかった所でようやく前のレジが空いた。買うものは何もなくとりあえずガス支払いの明細を店員に渡して即座に処理してくれとお願いする。

するとその店員見た目はかなりボーッとしてる印象だったのだが、以外と仕事は手早く金額の支払いは予想以上に早い時間で済ませる事が出来た。
時計を覗き込むと時間は残り12分。更なるダッシュと手荷物検査をくぐり抜ければ何とか間に合うはず!!!希望を胸に抱きさっきよりも更に早く、まるで刑事ドラマで犯人を追いかけるシーンの様な早さで手荷物検査場まで辿り着いた。


「まだ行けるまだ行ける。」


そう言い聞かせポケットの中のものを取り出しながらゲートに入っていくと・・・





















お年寄りのツアー客が束になって並んでいた・・・













マヂかよ・・・


もう和気あいあいと

ジジイ「トメさんは飛行機初めてなのかぇ?」

ババァ「そうなのよ~、だからなんだか落ち着かなくて~。」


みたいな会話が飛び交うほのぼのとした世界が待っていた。ってか今の私には1000%それはいらない!!!さっさと動いてくれ!!!
と願ってみたものの、遅々として一向に進む気配がない・・・なんなら私の後ろにいたサラリーマンも

サラリーマン「なんだよ。早く逝けよ!!!」

と明らかにブーたれた発言をかます始末。これはもういくらなんでもヤバい。どうしようか途方に暮れかかった時にチラリと隣を見るとなんと隣の列は流れる様に進んでるし、待っている人も少ない!!!

一か八かそっちに駆け込み手早く金属探知のゲートをくぐり抜ける。今回は奇跡的に問題無しで時間は残り10分、今からまたダッシュすれば搭乗口は近いからギリギリ間に合うはず。つまり私は勝ったんだ!自分に勝ったんだ!苦難を乗り越えたんだ!
と勝手に舞い上がり荷物が手元に戻ってくるのを今か今かと待っていた。
「これを受け取れば搭乗口に走り込める。」「スタートはもうすぐだ。」
焦る気落ちと間に合う事への安堵で変なテンションになっていた私に荷物が届けられたのだが・・・




















空港職員「お手数ですが、この荷物もう一度調べていいですか?」
















え???




どうやら今回は私が怪しいのではなくて、荷物が非常に怪しいのであった・・・

時間は残り8分さすがにもうギブアップという訳でたまらず

3104「あの、もう乗らなきゃいけない時間なんですけど間に合いますかね?」

と聞いてみた。すると係員がゲートを越えた所に立ってる女性職員を捕まえて事情を伝えた所、腰に装備してたトランシーバーを取り出し

トランシーバー職員(以下Tさん)「え~、鹿児島便に搭乗予定の方1名こちらにいますのでちょっと待っててください。」

と話し始めた。そして

Tさん「なんとか大丈夫ですので、検査の方続けてください。」

という神の声が彼女の口から放たれた。もうこんなにモテない僕ですがどうぞ好きにしてください!!!と言い出しかねないくらい頼もしい存在であった。

その後疑わしき私の荷物も無事ゲートを通過し、後は搭乗口を目指すのみとなった。するとトランシーバー職員は

Tさん「それじゃあ搭乗口までご案内します。」

と言ってもの凄いダッシュで走り出したのであった。正直もう走りたくなかったのだが、そうも言ってられないこの状況、また羽田空港内をバタバタと駆け回る自分がいた。
さすがに息も切れかかってきて、涼しいはずの気温だったのに汗だくな体。しかし他のお客さんに迷惑をかけてしまってるとあっては走らずにはいられない。

そうこう走ってる間にようやく搭乗口が近づいてきたのだがここでダメ押しとばかりに・・・

















トランシーバー職員が道を間違えて走っていこうとしてた・・・



もうゼェゼェ言いながら

3104「そ、そっちじゃなくてぇ、ハァ、こっちじゃないですか?」


と何故か自分が職員を必死にナビしてどうにかギリギリで飛行機に乗り込む事が出来た。当然私が最後の客だったのだが、どうにかこうにか乗り込む事が出来て一安心であった。

そして予想以上に疲れた体のお陰で離陸前に夢の世界に飛び立って、着陸と同時に現実に舞い戻ってきた。鹿児島の旅はこれからが本当の始まりである・・・


続く


3104

フラッと向かったその先は 前編
20071016181028.jpg


鹿児島!!!
行き過ぎかなとも自分で思うのだが、ある用事の為10/11、12は鹿児島にいた。

前回とは違って一泊二日の短めで且つ今回は鹿児島市内に滞在した。今日明日の日記ではその鹿児島旅行にて巻き込まれたハプニングなんかを添えていこうかなと思ってる。


この日は午前中の便で鹿児島に向かう予定だったので頑張って早起きした私はそそくさと旅行の準備に取り掛かっていた。
さすがにそれはもう手馴れたもので、あっという間に準備は済んでいざ鹿児島へ!ってな具合に気合が入っていたのだが、我が家の郵便ポストをチラッと覗き込んでみると・・・















いい加減にガス代払えやゴルァ!!!止めるぞ!!!

という脅迫状が忍び込まれていた・・・
しかも今日には振り込まないと確実に止められるタイミングであり、旅から帰って入った風呂が水風呂なんて事になったら目も当てられない。

というわけで急遽ガス支払用紙も荷物に入れて途中のコンビニで支払おうという安易な考えを携えて家を飛び出した。

しかし思わぬ動揺のせいで空港までの道中のコンビニで支払っている余裕がない時間帯に差し掛かってしまい、とりあえず安心が欲しかった私は一直線に空港に向かうことにした。

いつものルートは池袋から品川で乗り換えて、赤い電車に乗って羽田空港まで向かうつもりだった。もちろん自分の頭の中で空港への到着は約40分前と十分余裕のある時間帯での到着を目論んでいたのだが・・・













京浜急行線踏み切りトラブルにより遅延

という予期せぬトラブルにより空港到着が10分遅れてしまった(残り30分)。けれどもそれを見越しての余裕ある到着時間だったのでさほどパニックになることなくチェックインを済ませる。

さて後は搭乗口に向かい快適な空の旅を満喫しようと思っていた所・・・
















お、お腹が痛い・・・

次の瞬間迷わず人気のないトイレスポットに駆け込んでる私が居た。いい年こいて飛行機の中で何かの衝撃でおもらしして末代までの恥になることだけは絶対避けたかった故の判断。間違いではないだろう。


お腹急降下を何とか乗り切り時計に目をやると離陸まで後25分を切った。となれば次に来るのは肩身の狭い喫煙タイム
既に移動などで結構な時間禁煙してた私にとっては何よりも必要な行為。しかし手荷物検査から少し離れた所に喫煙所があったので、気持ち早めの呼吸で体内にニコチンを取り込んでいた。

さてこれから搭乗口に向かおうと思って入口付近までに差し掛かったときに、朝の出来事を思い出す。

「ガス代払わなきゃ!!!」(残り20分)

とはいえ空港で公共料金払える場所があるのか?なんて一瞬思ったものの、そうは言ってられない状況だったため即座に案内窓口のお姉さんに

3104「空港施設内で公共料金払えるところはないですか?」

と勇気を出して聞いてる私がそこにいた。するとお姉さんは新人だったらしく多少動揺したものの、隣に居た先輩に聞いてくれてどうやら地下にローソンがあるという情報を提供してくれた。


今現在私が居る場所は第1ターミナルの2F向かう先のローソンはB1の端。正直かなり迷ったが、鹿児島に着いたら多分忘れるだろうという自己分析の元エスカレーターをダッシュで駆け下りてガス代を支払う事にした。

平日の為さほど混雑しておらず、スルスルと人の波を掻き分けて約2分でローソンに到着。早速支払おうとレジに並ぼうとしたその時・・・


おっさんの横入りを喰らってしまいまたここでも足止め。しかもこのおっさん酒やらポテチを結構買い込む様で全然レジが空く気配がない・・・

しかもホットドックとか頼むな!!!こっちはギリギリchopなんだ!!!

なんて心でジャイアンリサイタルを繰り広げてみたもののまったく効果なし。しかも時計の針は残り時間15分を指しているこの状況・・・

果たしてどうなることやら・・・


続く

3104
イッツァニューライフ!!!
季節の変わり目なのか、またまた年末が近づいているのかは知らないが新しい生活に羽ばたく人が多いみたいである。

別に私の新しい生活が始まる訳ではないのだが、先日友達の引っ越しを手伝ってきた。どうやら友達は生まれて初めて一人暮らしをするらしかった。

当然一人暮らし歴の長い私にいろいろと聞いてくるのだが、それを聞いていたら大森や池袋に引っ越しした時の事を思い出してなんだか懐かしくなってしまった。

今は別に我が家に不満がある訳でもないし、未曾有の財政難が財布に襲いかかっているので、引っ越しは夢のまた夢であるけれどまたいずれしたいものである。(きっとその時もまた池袋を選びそうだが・・・)

そんなわけで肉体労働かつ掃除要員として駆り出された訳なのだが、何もないガランとした家がドンドン新しい世界を作り上げていく様は何とも面白いし、家主の性格がよく現れていて興味深い物がある。

この日はとりあえず荷物を全部詰め替えて家具の配置等を決めて、何とか日常生活ができるレベルまでもって行く事が出来た。後はどんな家になるのか時間を置きつつ観察に行こうと思ってる。


とまぁこの時期から始まる新しい生活や新しい職場、新しい環境。余儀なくされそうなった人もいれば、自ら望んで飛び込んでいく人もいるだろう。
どうかそれを選んだときの気持ちを常に大事にしてこれからを過ごしてもらいたいものである。

そしてそれぞれの進む道が幸多き事を祈って、今日の日記はチョット短いかもしれないがこれにて締めくくろうと思う。

3104

憧れは憧れのままで
とある日の帰り道、いつも通り池袋駅の駐輪場に向かい歩いている私がいた。

もう何十回何百回と繰り返し通ってる道なのだが、これまた治安のグレードがグッと低いエリアである。
まぁカップルが過ごす一夜の宿がひしめき合ってる場所にポツンとあるし、近くには東南アジア大陸の方々の夜のテリトリーがあるのでしょうがないのだが、ここを必ず通らなきゃ帰れない我が家というのも何気に切ないものである。

そんな所を突っ切って帰るのだが、そこにも面白い場面て言うのは転がっているもので、最近の楽しみは内緒に行動してるはずなのに、一夜の宿を色々物色して逆に目立ってしまってる高校生カップルを見るのにはまっていた。


意外にもああいう場面でオドオドしながら

「こっちの方が安いみたいだよ!!!」

と明らかにいきり立った発言をするのは大抵男子で、女子の方が肝が据わってる感じがしてた。

そんな青春の1ページを覗き見しようかな?なんて悪趣味なことを考えながら、自転車にまたがり家路にGO!!!と自転車をこいで駐輪場を出た瞬間に・・・


























アダルティーなヴィデヲの撮影現場に出くわしてしまった・・・
















しかも屋外・・・

ホントこの瞬間は凍り付いてしまった・・・

あまりに唐突に現場に出くわしたもんだから、ペダルをこぐ足がかみ合わなくて足が地面についたのを覚えてる。


まぁそんなにハードコアな世界に突入してたわけではないのだが、明らかにその撮影だとは分かった。当然通行人は皆気付いてる、見て見ぬフリをしてる、足早に通り過ぎる・・・

もう頭の中が妄想で一杯だった性少年の頃にちょっと描いていた未来が、今目の前に広がるこの世界なんだと思うと何だかガッカリしてしまったし、あの頃のはしゃぎっぷりを10何年経た後激しく後悔するのであった・・・


また撮影されてたレデーも微妙に恥ずかしそうな仕草をしてたので、

「そんなに恥ずかしいならするなよ!!!」

と説教オヤジになってしまうくらい、実際に目撃した瞬間は覚めてしまっていた。


こうして無駄なトリビアをまた一つゲットしてしまい、これまたどうでもいい大人の階段を駆け足に上がっていく自分がいた・・・
けれど唯一のプラスといえば、どの世界も裏側というのは過酷なんだなというのを改めて感じた。夢の様な仕事はそう転がってないのである。


とまぁ悟りを開いたような事を偉そうに語ってみたものの、本心はそのヴィデヲが巡り巡って我が家の秘蔵ライブラリーの一つにならない事を願ってばかりなのである・・・(もちろん写ってない事も激しく祈る・・・)

3104
からっぽ
いつにも増してからっぽな一日であった。

デカいイベントも終え一日中特に目的もなくパソコンを眺めたり、マンガ見たり、ゲームしたり、ゴロゴロしたり・・・
明らかに地球の役に立ってない一日であったと思う。というか自分が望んでそういう一日を設けたのだが・・・

どうやらここ最近スイッチのONとOFFの切り替えが極端になってきたと感じてしまう、というかOFFになったら極端に何にもしなくなってしまう。
これが次への充電期間になるのかは分からないけれど、今はこうして何気ない一日を流されるまま過ごそうなんてかっこよさげな事を思ってたら・・・





掃除するのを忘れた・・・


洗濯するのを忘れた・・・


食事するのを忘れた・・・


ホントにドラゴンボールに出てくる「仙豆」パーマンに出てくる「コピーロボット」が欲しいという今日この頃。無理だと分かってても頭の中に描いてしまうのはもはやしょうがないこと割り切ってみることにする。

そんな中学生レベルな事を考えつつもとりあえず今日という日に何かしようと思い立ち、とりあえず夕方ごろコンビニに向かってとりあえず歩き出していたら突然・・・


















背後からカラスに襲われた!!!
















しかもカラスが足で私の頭をガシガシ小突きだした・・・











あまりのショックに「う、うわぁ~!!!」しか言えなくて軽く膝が震えてたのだが、にっくき真っ黒なアイツは2,3回私の頭を蹴飛ばしてまた東京の汚い空に羽ばたいていった・・・















だあぁぁぁっ!!!ゴルァ~!!!



もはやカラスにまで東京に住み着く粗大ゴミ扱いされたのはかなりショックであった。


3104
「マキタ学級大文化祭2007」
この日は「risette」のサポートドラムとして新宿LOFTでライブをしてきた。

数々の有名バンドが演奏したこのライブハウスに自分も立つ事が出来て楽屋や演奏中にいちいち感動してた気がする。
しかも去年のイベント(名称は違うが)ではスタッフとして参加してたのに、今回は出演者として携わる事が出来たのも自分の中では嬉しかった。

これを「運が良かっただけ」という言葉で片付けられないようにこれからも精進していくつもりなので、今後ともよろしくお願いします。


最後に今回のイベントの中心であったマキタスポーツさん、マキタ学級の皆さん
対バンしたバンドや芸人の皆さん
陰からこのイベントを支えてくださったライブハウスやイベントのスタッフの皆さん
そしてあの会場にいたお客さん

本当にありがとうございました。また縁あって出会える事を祈って本日の日記を締めくくろうと思う。

3104

次回「risette」のライブは11/18(日)新宿紅布である(詳細はまた後日)。皆様お誘い合わせ上ライブ会場に足を運んでいただけたらと切に願うばかりである。
困ったクセ
実は最近気付いたのだが、私には少々困ったクセがある事に気付いた。
まぁ数えきれないほど迷惑なクセはいっぱいあるし、本人も気付いていない部分があるのかもしれないが、特にこのクセを痛感する出来事が立続けに起きたので今日はそのどうでもいい私のクセについてだらだらと語っていこうと思う。



さて問題になってる私の癖は・・・


















体を動かさないとドラムや歌が出来ない。




というものである。


「えっ!?その事に何の問題があるの?」


とお思いの方もいるだろう。まぁドラムに関しては全身を使って奏でるものだし困ってる癖ではないのだが、例えばしっとりとしたバラード調の曲でボーカルやギターが雰囲気重視で演奏してる裏で、電動コケシばりに上下左右に激しく動いていたらそりゃ曲をブチ壊してしまうだろう・・・

とはいえ個人的な事を言えば好きなドラマーも全身を使って演奏してるからそんなに深刻な問題ではないのだが、もっと状況に応じた雰囲気作りと体の動きが出来ればなと思案と練習の日々である。



しかしになるとちと問題が出てしまうのである。それは先日行われた桜梅桃李のレコーディングで私がコーラスを入れた時の出来事である。

私は音程の確認発声に関してはそれなりに練習してきたのだが、肝心の歌を入れる際に「足音」がいちいち入ってしまいそれが原因でやり直しをさせられた部分がいくつかあった。

何気にボーカルを録音するマイクの性能は素晴らしいもので、ポケットに手を入れた音すらもバッチリ拾ってしまうのである。そんなマイクを前にして北朝鮮ばりの行進激しいボデームービングをしたらそりゃ歌以外の雑音が異様に入ってしまうのは火を見るより明らかであろう・・・


結局エンジニアさんから

「体を動かさないで歌ってください。」

というご指摘を受けてしまい、その後は音を拾わない様に気をつけながら、ほんのわずかな動きを添えてコーラスの部分の録音をしていくのであった。

とまぁ適応能力に優れた人間ならここで新たなアビリティとして「些細な動きでもしっかり歌える!!!」が身に付くはずなのだが、





















歌ってる最中左足がつってしまった・・・


メンバーからも
「動かなくてつる人を初めて見た・・・」

という発言をまるで未知の生物を見るような目でいわれたのが心にズシンと来た。


まったくをもって不器用な自分の体にガッカリさせられるばかりである。もっと器用な体を自分にくれ!!!


3104

気が張ってるのか知らないが
相も変わらず小忙しく色々な所に出回って、間近に控えたサポートライブの準備も着々と進めている毎日を過ごしている3104である。やらなければいけない事があるというのはいい事だし、責任ある事をこなすのも自分にとっては大いにプラスになる部分だと思う。

これをクリアする事によって何が起こるのかは分からないし、先の未来はどうなるのか分からないが今は自分が思う前を向いて進むのみである,と言い聞かせてみる。
とはいいつつも


寝る時間が少なくなってしまった・・・



というか寝付きが悪くなってしまった気がする。体は疲れてるのだが色々と考えたり行動してるうちに深夜も軽く過ぎ去り、ここ最近の生活サイクルは乱れ気味なのである・・・

やはり私もわがままな人間であるので、暇なときは


3104「あ~、忙しくならないかな~」



と考えるくせに今は


3104「あ~、ゆっくり休みたいな~。ゲーム、マンガ、カンフー映画etc」


と思う時間が多くなっている・・・


そんな根性無しが今週末大きなイベントに参加する。何はともあれ頑張っていこう!!!


3104
まるで地球を外から見ている気分だ
とあるオフィス街で昼食をとっていたときの事、一人で黙々と食事をしてた私の隣の席にOL二人組が席に着いて何やらデカイ声で話を始めた。
別に聞き耳を立ててた訳ではないが、その内容が余りにも滑稽だったのでいつの間にか聞き入ってしまっていたのであった・・・

今日の日記はその会話の一部をご紹介していこう。



OLAさん(以後Aさん)「さっきのカレが私と同期なんだよね~、よろしくしてやってね。」

OLBさん(以後Bさん)「へぇ~、そうなんですか?」



どうやら彼女達の関係はAさん(先輩)>Bさん(後輩)の間柄らしく、しかもBさんは新入社員の様である。Aさんが懇切丁寧に社会のあり方等を教えてあげてるんだろう、そんなほのぼのとしながらやりとりにさらに耳を傾けてみる・・・


Bさん「いやしかし、体ががっしりしててカッコいいですね~。」

Aさん「そうかな?確かにカレはスポーツやってるみたいだから体つきはいいよね。」

Bさん「やっぱりそうなんですか?ちなみになにやってるんですか?」

Aさん「アメフトをやってるんだよ、たしか。」



















Bさん「へぇ~、やっぱりですか!!そんな気がしたんですよ!!!」





いやいやチョット待て待て!!!ゴツい体をみていきなり

「アメフトやってるんですか?」


と一番最初に聞く人間は日本にはそういないだろ?大抵格闘技か頑張ってラグビーだろ?あなたは帰国子女ですか?
と聞きたくなる衝動に駆られたのだが、ここで一線越えてしまったらとんでもない事になりそうなのでグッと堪えながら、ご飯を口に入れつつツッコミの衝動を押さえ込もうとする私の格闘を知るはずもなく暴走気味のBさんは更に喋りだす・・・











Bさん「へぇ~、アメフトかぁ~。いいですね。アメフトやってる人ってモテるって言いますしね!!!」





待て待て!!!安易だろその発想!!!確かにカッコいい人もいるしあこがれもあるよ、けど

アメフト=モテる


はあんまりな括り方ではないだろうか?さすがにAさんもちょっと苦笑いをしながら、

Aさん「そ、そうかな?」


と返すのが精一杯だった・・・

もう少しブレーキの壊れたダンプカーのBさんの暴走ぶりを聞きたかったんだが、昼食時は食べたら即出るという暗黙のルールが存在するため、後ろ髪引かれる思いでその場を後にした。

その後Aさんはどうやってばを繋いでいくのかは分からないが、これだけは言える気がする・・・














「そんなこんな言いつつもルール知らないだろ!!!」



3104
久々に取り戻した生きがい
あれから3年・・・いつもいつもこの時期は

「今年はアレやんないかな~。」

なんて期待しながら過ごしてたけれど、例年肩透かしを喰らっていた・・・

しかし2007年秋。遂に私の願いが通じたのか、




















3年B組金八先生(第8シリーズ)放送決定!!!(10月11日から)




ホント待ってた!!!これから先半年間は一週間が早く過ぎる事を待ちわびて、見るたびに毎回涙が止まらない生活を送れる事にかなりウキウキである。

しかもいちいち次回予告の時点で次の話が気になりすぎてヤキモキするあのひりついた感覚が蘇るのもまたたまらない・・・


もう既にガマン汁がほとばしる位に待ちきれないのだが、放送開始まであと少し「箱ティッシュ」を買いだめして準備は怠らないようにしておこう。


しかし今回はどんな話になるのだろうか?前回(第7シリーズ)の前半戦はあまりの生徒の暴走に

「だぁ~~っ!!!このクソガキが!!!ゴルァ!!!」

とテレビに突っ込んでは手元にあった涙拭き用タオルにガシガシ噛み付いてボロボロにしてしまう展開が毎週続いてたのだが、果たして今回はDOなるのだろうか?


もうホントに今から楽しみだ!!!


3104

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。