FC2ブログ
3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
200603<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200605
さらば青春の光
唐突ではあるが、私は週末欠かさずしていることがある。

それは「部屋の掃除」である。
週末ののどかな時間帯に約3時間かけて部屋の掃除を丹念にする。
布団干し、洗濯、床掃除、風呂掃除、トイレ掃除、キッチン、下駄箱、押入れ、エアコンのフィルター…etc
とりあえず家の中を隅々まで綺麗にする。

元々綺麗好きだったわけではなく、東京に出て一人暮らしをする様になってから部屋の掃除は頻繁に行うようになった。
実家にいた頃はもう両親も投げ出すぐらいの汚さを発揮し、「ブタ小屋」などとブタに失礼だろっていう発言を放っていた。

最初の頃は床に掃除機をかけて、適当に棚を拭いて…くらいで終わってたのだが、大学時代に掃除のアルバイトをしだしてから妙なこだわりを持ち始め、最近は(週1回)3時間がひとつの目安になっている。


そんな掃除アルバイト時代は色々な所を掃除して回った。
・ビルの掃除(一般的)
・ファミレス(これも一般的)
・マンション共用部(一般的)
・業務用冷蔵庫の中(これはなかなかレア)
・消防署(結構レア)
・相撲部屋(異常にレア)
などなど。

今日はそんな掃除アルバイト時代の思ひで話をひとつ…

あるビルを掃除した時の話、場所は東京の大井競馬場付近の倉庫が立ち並ぶ地区。港が近くにあり、土日は閑散としていた。
基本的に掃除は人がいない時間帯にやらなければいけない為、休日や祭日(コンビニの場合は深夜)に行われる。
その区画のとある6階建てビルの掃除をするのだが、その現場は月一回定期的に入るところであり、1階から6階を満遍なく掃除する現場のため、頻繁にエレベーターでの移動を余儀なくされるなかなかハードな現場であった。
この日のメンバーは3人(大学の先輩と同期)で朝早く集合し、準備を整えた後気合を入れてエレベーターに乗り込もうとする。
まず始めの現場は6階、そして徐々に下に下がってビルを後にするという作戦である。

エレベーターが開き、掃除道具を積み込み3人で乗り込む…
そして行き先の階のボタンを押しエレベーターの扉が閉まりゆっくりと動き出したとき、3人は驚きの光景を目にした…




「ブィーーーン」
と味気なく閉まったエレベーターの扉の中央に…















「SEX」

って彫ってあったんです…
ええ、中学校や高校の時に目にした机の落書きみたいに・・・
ええ、明らかに何かが足りない気がした。
ええ、朝っぱらから物凄く力が抜ける出来事だった。


その建物は1階~6階まで子供が入る可能性のない職種だったし、周りは大人が働く倉庫街、こんなお堅い雰囲気に包まれた中で抑圧された溢れ出んばかりの情熱を垣間見た気がする。

っいうかこんなとこに書くなよいい年した大人が…恥ずかしい…


この手の落書きっていつ誰がやってるんだろうか?
その現場に出くわしたことがないし、やったことも無いんだけど、
誰か見たことありますか?

ちなみにその日は誰が書いたのか推理して一日が過ぎてしまった…
有力説はビルに勤めてる中間管理職のおぢさんじゃないか?
という説である。



ついに今月行われます。

4/23(日)高円寺GEAR
MSP presents
XTREME NOISE CIRCUS vol,2

(出演バンド)
鉄とメンタルヘルスケア
CHILD STOP
COAL SACK
PLACEBO SOUND
MSP

OPEN/18;00 START/18;30
ADV1500yen DOOR1800yen
info:GEAR 03-3318-6948

鉄とメンタルヘルスケアの出番は2番手でPM19:00頃の出番になります。


会場を綺麗にして、皆様のご来場をお待ちしてます。

バン升



スポンサーサイト



copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.