3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
200601<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>200603
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四国道中記 ~愛媛編~
20060222210113.jpg



高松からゆらゆらと電車に揺られ愛媛県松山市に到着。
ここの県は全国的に「みかん」が有名であり,お土産屋に行くと必ず「みかん○○」みたいなのが沢山あるナイスな県である。

しかし今回の最大の目的は日本最古の温泉といわれる「道後温泉(坊ちゃん湯)本館」に行くことである。
冒頭の写真にもある路面電車に乗り一路「道後温泉 本館」へと向かう。
今回で2回目の道後温泉,道にも迷わず一直線に向かい到着。

20060222201647.jpg


もう雰囲気がたまらない。

とここでどうでもいい豆知識を一つ。
・脱衣所に入る前に,「貴重品の紛失等は責任を負えませんので有料コインロッカーをご利用下さい。」という注意書きがあるのだが,落ち着いて脱衣所を見渡すと「有料のコインロッカー」もあるが,「無料」で鍵付のロッカーもあります。お気をつけ下さい・・・(当然有料はお金が戻ってきません。)
初めての方は必ず有料の前(戦略としか思えないくらい出入り口のそばにロッカーがある)で着替えようとするんですが,そのたびに地元の方から
「こっちのロッカーは鍵付で無料ですよ。」
とナイスなフォローが入ります。

さすがに風呂場の中は撮影できなかったのが,「坊ちゃん」の舞台でも有名なこの温泉故に

「坊ちゃん泳ぐべからず」

「坊ちゃん小便するべからず」
みたいな注意書きの看板が壁に立てかけてあった。

今回は何事も無く無事に温泉を堪能できたので一安心。
前回は地元のオジサマに裸をまじまじと覗かれ(髪を洗っている時も気配を感じるくらい),「この後オジサンとDO?」みたいな熱烈アピールをされたりと散々であったが,今回はそんなハプニングも無く寂しくもあるが風呂から上がる。
身も心もすっきりである。

20060222205255.jpg


建物の入り口にこんなのがあったので記念にパチリと写真に収める。


平日夜9時くらいであったのにも関わらず観光客が多く,気温が5、6度位のはずなのに浴衣とちゃんちゃんこみたいな服(旅館とかで用意されてる様なやつ)でお土産屋を集団で回る姿には毎回見ても驚きを隠せない。「吐く息白いけど寒くないですか?」と次回は聞いてみたい。
そして路面電車に乗ってまた松山駅周辺へ戻ってきた。

松山への道中,素敵な店を発見
「ラフォーレ原宿 松山店」
土地名が2つ入っててビックリ,というかラフォーレって「原宿」までが店名なんだなと新たな発見。

是非松山に旅行された時は「道後温泉」と「ラフォーレ原宿 松山店」に行ってみてください。

最後の1枚は路面電車「道後温泉駅」の出口にある「坊ちゃん電車」(展示用)である。

20060222200613.jpg


バン升
スポンサーサイト
四国道中記
20060221185316.jpg


つい先週四国に行く用事があって,香川県は高松市に行ってきた。
高松市を訪れるのは2回目で、前回訪れた際は2時間かけて駅付近を歩き回ったので,高松駅付近の地理にはだいぶ明るくなった。
さて今回はだいぶ慣れてきたので「ひとりDEうどん食べ歩きツアー」を細々と開催し、滞在中に何食うどんが喰えるのかというホントどうでもいい企画を立ち上げてみた。

まず夕方6時に高松駅に到着したのでとりあえずホテルにチェックインしに行く。当然夕食は付けず宿泊代のみ払い早々と外出。

1件目 18:45
駅前に大衆食堂的な雰囲気のうどん屋を発見,早速潜入。
大抵のうどん屋はセルフサービスの店がほとんどで,早速「肉うどん大盛」を注文。
直後に半端ないボリュームのうどんが手渡される・・・
写真に残す気がその時無かったから画像はお届けできないが,結構な量があった。軽く汁がこぼれそうな位であった。
何とか19:00に完食しそそくさと店を出る。
もうお腹が一杯で「ホテルに戻ろうかな」という根性なし発言をしそうだったが,とりあえず歩いてたらまた面白いことがあるだろうと安易な発想で散歩続行。

その後はひたすら歩く,歩く,歩く,歩く,歩く・・・

気付いたらJRの隣の駅まで歩いてた・・・
地方都市は1駅の区間が結構長い,後日タクシーの運転手に
「いやー,昨日はここまで歩いたんですよね~。」
とか話したら,
「プッ!あいや~,よく歩けるね~(タクシーメーター800円位の距離)」
って笑われた。

遠くに行き過ぎたので戻りつつ,高松のアーケード街を縦横無尽に歩いていたら21:30になる。とそこに今度は小粋な店を発見。
もうこの時間は店じまいしてる所が多くモール街の中ではここしか開いてないらしく,本日2回目の夕食にすべく入店。

今回は名物の「釜揚げうどん」を注文。(今回は安全策で普通盛)
そして出てきたのがこれ

20060221213442.jpg


結局平気で完食。
感動にむせびつつお店を出る。

とここでこの感動を伝えようという「押し売り」的感情がほとばしり,店構えを撮影と企む。
お店の外観を上手く収めようと悪戦苦闘すること約2分(アーケード街のど真ん中だったからちょっと恥ずかしかった。),ベストアングルが決まり入魂のシャッター!!!とその瞬間・・・

20060221214714.jpg


お店のおばちゃんがドドンとフレームイン!

「OiOiOi!!!何だよまったく!!!せっかくのベストショットWo!」
と思って軽く不機嫌になってたら,おばちゃんが一直線に自分の方に向かってくる。
「おっ!何だ!何だ!写真撮影は厳禁か?勘弁してよ・・・」

自分の前で立ち止まり・・・
「お兄さん,良かった~遠くに行ってなくて。ほれ忘れ物,タバコとライター。」

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!!!!
すげーいい人!
マヂで感謝!
不機嫌になってゴメン!
来世では恋人だな。

なんて感謝しつつお店を後にした。

結局この日は2食しか食べれなかったが,次の日の昼も結局別のうどん屋で「ぶっかけうどん大盛」を喰いました。
高松とうどん屋のおばちゃんに感謝!


次は愛媛に移動,続きはまた今度・・・

バン升
妄想と現実の狭間で
自分のお気に入りのゲームに「三国無双」「戦国無双」などのアクションゲームがあるのだが,このゲームは昔の言葉の「一騎当千」(一人で千人分に相当する力のある人)をゲームで体感しようという内容である。
戦場に降り立つ歴史上の戦国武将が自分の操作で切り抜け敵をバッサバッサ倒していく快感が人気を集めている。
実際に自分で操って千人もの敵を自分の手で倒していくという発想が最高である。

そんなゲームをやってる最中にふと思ったのが,


もしこの時代に超人と呼ばれてた人達は現代に置き換えると・・・
オリンピックや,格闘技の世界最高峰にあたる人物が戦国武将に当たるのではないか?

なんて考えてみると・・・














ハンマー投げの室伏選手がハンマーの代わりに剣を振り回し,

















PRIDE王者ヒョードルの鉄拳が降り注ぎ,

















オリンピックのアーチェリー代表の集団が放つ矢をかいくぐる。etc






そんな中自分は戦場を生き残れるのだろうか・・・


無理だな・・・



現代でよかった。


バン升
三国無双

笑顔の向こう側
そろそろ日本のチョコレート会社が企んだモテない男を吊るし上げる憎き日(毎年苦痛)のバレンタインデーが近くなってきた。
もー,この日は辛い。いかに自分が異性にモテないというのが数字となって現れるキツイ一日である。そして女性の純粋な想いと,1ヶ月後に必然的に起こる見返りを強烈に求める視線で溢れ返る一日である。

急な質問ではあるが,皆さんは今回のバレンタインデーのような記念日や,大切な人の誕生日に送る「プレゼント」は自分で選んで買いますか?それとも相手が選んだものを買いますか?
こういう特別な男女間で必然的に起こる「プレゼント」に関してのおもひで話をして茶を濁そうかなと思う今日この頃。


今は昔,自分がまだ大学生だった頃。
その頃は住んでる所の電気やガスが度々止められるくらいの貧乏で,主食はコンビニ廃棄とか廃棄とか廃棄で食い繋いでた・・・というかあんまり物を食べてたのを思い出せない・・・
今考えても「貧乏神」とりつかれたとしか思えないくらいのありさまであった。

そんなカネも無い,学も無い(留年決定),モテない三冠王を達成した自分にもやっとこさ人生の春というかお付合いする奇特な女子ができたのである・・・
それからさらに時は過ぎ,「聖夜」と書いて「クリスマス」と読む本来の趣旨とは大きく逸脱した形が日本に蔓延してるイベントが近づいてきたのである。
財布の中にアルミや銅しかない自分にこのビックイベントを乗り切るだけの力(主にカネ)があまりにも足りない・・・
意を決してバイトに励み何とかプレゼントを買う為の資金を調達することが出来たのである。

そして彼女への最高のプレゼントを購入し会いに行く(当然プレゼント用の包装で)。あまりの会心の出来に足取りも軽い。絶対に喜んでくれるだろうという自信を携えご対面。


森「あ,これクリスマスプレゼント。」
大きなワインを桐箱に詰めたような大きさのものを差し出す・・・

A「え,何これ?ありがとう!!」
(常日頃自分にカネが無い現状を知っていただけに驚きの表情。)
A「結構大きいね,ワイン?」
森「いや,違う。」
A「開けてみていい?」
森「いいよ。」

満面の笑みで包装を剥がし始める・・・


バリバリバリッ!!!


プレゼントの全貌が現れた瞬間・・・













中から出てきたのは・・・













ワインとか,指輪とか,時計とかではなく・・・













殺られ役 銀次



コイツである!!!!!










生れて初めて「家族以外の人であんな微妙な表情」を見た・・・・・

文章では表現しきれないくらいに「笑顔」から「冷めた顔」に変わっていったのである・・・



しかしAさんはやさしい心の持ち主であった為,
A「実はこれはドッキリで,他に用意してるんでしょ?」
という天使のようなお言葉をいただく。
しかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーし!!!!それも空しく、

「もうカネが無い・・・」
A「えっ?これいくらしたの?」
森「うーん,1万円くらいかな。そのフィギアを立てる台も買ったからね。(チョー笑顔)。」

呆然とするAさん
「これ関節も良く動くし刀も持てるんだぜ!!俺だったら嬉しいな!これ!」











喜ぶと思ったんだけどな・・・・



それ以降,自分でプレゼントを選ぶことは無くなったことは言うまでも無い。






人を喜ばせるのは難しい・・・


バン升
衝撃的光景
最近の日本を取り巻く「禁煙ブーム」に肩身の狭くなる思いをしているバン升である。
今日様々な所で「禁煙」の2文字を見かける事が多くなった。
・駅構内
・レストラン
・デパート内
・喫茶店
・ホテル(これにはビックリした。)
・路上(ある特定の区域)
・飛行機(空港もかなり厳しい)
・電車
などがある。
最近は一番最後に表記した「電車」の「特急電車」すらも禁煙になってしまっている。
今日はそんな世間から白い目で見られてる「タバコ」についての思い出話をしようと思う。


1年半位前にふとした理由で,千葉の房総半島の南端の方に用事があって行くことになった。しかもそれは早朝から出発で東京駅を朝六時半位に発車する「特急電車」に乗らなければ間に合わない状態であった。(多少記憶が曖昧で申し訳ない・・・)
その日の朝,急いで「みどりの窓口」で切符を購入,当然「喫煙席」をゲット。約3時間の旅路を優雅に過ごすための当然の選択である。
早速電車に乗り込み座席を確保(早朝の為人もまばらだった)し朝食,そして一服をして落ち着いていた。
朝早くの出発と食事により当然「睡魔」に襲われる。別に拒むこともないし到着もまだまだ先立ったから軽く仮眠・・・


目覚めた時にはとんでもない光景が目の前に飛び込んできた・・・



突然「ガンッ!」「ガンッ!」という物音でふと目覚めた。
始めのうちは原因が分からなかったが,どうやら座席の向きを変えている時に生じる音だった。しかしその音の数がやたらと多い・・・
「人が大勢乗ってきたのかな?」
と眠い目をこすりながらあたりを見渡したら・・・

高●生が大量に乗ってきたのである・・・

「ん?なんで?」
と思うのだが,そんなこと行ってても車両に溢れる●校生。あっという間に車両内の座席の半分が埋め尽くされた・・・(当然そんな状況でも自分の隣は空いていた・・・)
「まぁまぁ、他の車両が一杯だからこっちに仕方なく乗ってきたんだろう。」
と何事もなかったように窓の景色を見ていたら不意に・・・






「シュボッ!!!!」






明らかにライターをつける時の音である・・・
ところかしこに「シュボッ!」っていう音が響き渡る。
「なんだよ,ヘビースモーカーのおっさんが乗ってきたのか?」
と車内に目を移したら・・・









高●生のほとんどが吸ってたんです・・・えぇアレを・・・



一瞬にして車内が白い煙に包まれるくらいみんな吸ってた・・・


あまりの光景に我を失いそうになりつつも
「い、今流行りのコ、コ、コスプレかな?」
とありえない理由で正当化しようとしてたその刹那・・・


「今日のテストの範囲どこ?」


!!!?
一瞬にして何かが壊れた・・・



その後白い世界に包まれた車両はある駅で大量に人が減った・・・
みんなが待ち望んだ平和が車両内を包んだ・・・

後日その光景を地元の人に伝えたところ,その「特急電車」は途中から「普通電車」に変わるため●校生も「通学」に利用するのだという。
特急電車から普通電車への変更,普通電車なのに喫煙車両がついてる,等の様々な要因があのありえない光景を作り出したのであった。


そして最近千葉の東端の方に行く用事があった為,「特急電車」の「喫煙席」を購入しようとしたのだが、東京から出て行く千葉方面の特急電車は全て「禁煙席」になっていた・・・
まぁ当然といえば当然の結果なのだが長い旅路の禁煙はしんどいです・・・

バン升


怒りのアフガン
日曜日の昼下がり,電気の街秋葉原に行く用事があった。
普段なら愛車(原付)で向かうのだが,天気は良いのに風が冷たい・・・
観念して電車で行くことにした。持ち物の特になくリュック一つでふらふらと向かったのである。

マイホームタウンの池袋駅は電車の乗り降りが激しく,運がよければ座席に座れるのである。日曜の昼とかは結構ガラガラになる時間帯なので座れる可能性はさらに増す・・・

いつものように音楽を聴きながら(この日はSBD,ヴォリューム極小)電車に乗り込む。とそこに都会のオアシスともいうべき空席を発見!ポジショニングもバッチリで,難なくゲット。

図1:座席表(7人がけ,ここで自分は「森」と表記))

 ∥人人  森  人人∥
 ∥=======∥

というポジションに座ることに成功気分的に。と同時期におばちゃんが俺の左側に着陸。
   
図2:座席表(7人がけ,おばちゃん(ここではBさんと表記)着陸後))

  ∥人人B 森  人人∥
  ∥=======∥

マナーが大切と思い,Bさんが座れるように荷物とかを手前に抱えたりする粋な計らいを見せる自分・・・もう完璧である。
「あーどうもー。」
みたいな感じでBさんが会釈のような感じで座ったのである。
そこでBさんが落ち着いて周りを見渡してたと思うのだが,自分の方に視線を投げかけたその刹那・・・・



Bさんダッシュで別の席へと移動したのである・・・・・




無茶苦茶速かったよ・・・その速度ったら・・・

しかも別に混みあってない所に行くなら良いけど,移動した先は・・・

図3:座席表(最終版)

            ≪Door≫
∥=======∥    ∥=======∥
∥人人B人人 人人∥    ∥人人人人人人人∥
 

∥人人人人人人人∥    ∥人人 森 人人∥
∥=======∥    ∥=======∥
            ≪Door≫

みたいなあまりにも狭いスペースに無理矢理入っていったのである・・・


いやいや露骨過ぎるだろ?Bさんに無理矢理座られたとなりの人もビックリしてたよ。まぁ自分が一番ビックリしたんだけど・・・
しかもBさん結構な距離乗ってました・・・ショックでかいよ・・・

えぇ秋葉原まで両隣は空いたままでした・・・
ちなみに帰りも座れたんで座って帰りましたよ・・・
今回は遠慮して端に座ったんだけど,案の定隣には誰も座りませんでした・・・
明らかに具合の悪そうなおじちゃんも俺の前に立ってるだけでした・・・
俺の隣は空いてるのに,周りには4~5人立ってました・・・
何故・・・


あまりの不可思議な出来事に,用事に付き合ってくれた友達に聞いてみました・・・


「なんか俺、異臭を放ってる?」

真相は闇の中・・・

バン升


多忙な日々
久々のバン升的日記である。

先月があまりにも忙しすぎて、日記を更新できずに誠に申し訳ない。
私事だが1月をざっと振り返ってみると、
1月8日(日) 鉄とメンタルヘルスケアライブ 三軒茶屋グレープフルーツムーン
1月12日(木) 鮭缶ショータイム 六本木CORE
1月30日(月) MSPライブ(サポートDr) 高円寺GEAR
と違うバンド(内1つはユニット)でのライブが3本もあった。

そして今現在自分が何かしらで関わっているバンドが年明けに急増し、てんてこまいな毎日である。
・鉄とメンタルヘルスケア(Dr)
・鮭缶(Per)
・〇保バンド(Per)
・MSP(サポートDr)
・大学のOBのバンドの手伝い。(これはコピーバンドのサポートDr)
となっており、特にMSPは30日のライブが自分が参加して初のライブだったので、結構な時間を費やした。
そんな1月の思い出はスタジオに篭もってたのと、毎日リハーサルが近いバンドの音源を聞いてた事ぐらいしかないのが悲しい。けどなんだかんだで乗り切った自分に調子乗らない程度に拍手!!
その弊害かは知らないが軽く今はダウン気味である。

しかし今月も色々と予定が立て込んでいる状態なので気持ちを切り換えて、また活動していければなと思う。
そして今月つくづく思ったのが、自分が何かを表現することができる環境がある事、そして自分の活動に携わってくれる人達に激しく感謝した1ヶ月だった。


さて年末に勇気(お金)を出して買ったカンフーDVD(総数21枚、心のオアシス)でも見て英気を養いまふ。

バン升
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。