FC2ブログ
3-Nの軌跡
以前は『メンタルヘルスケア日記』でした。 ※『3-N』とはカネない、モテない、ツイてないの意である
202003<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202005
中国旅行記2006 上海編その7
もはや当初の計画はどこへやら、10月半ばになっても延々と今回の中国旅行記を書き綴っているわけなのだが、自分でも驚いてしまうくらい色々あるんだなと思ってしまった。現に日記上の私は今タクシー運転手の勘違いにより、上海のドデカイショッピングモールに一人取り残されている状態。しかもそこから地元のタクシーを捕まえて約束の地に向かわなければならないのである・・・それではその後の話をしていこう。




そんなわけでどうにかしてタクシーを捕まえて曾さんの店に行かなければならない私なのだが、ここで一つ今の自分のステータスを紹介しておこう。


名前:3104
状態:非常に不安げで尿漏れ寸前
装備品:丸腰
ライフライン:店の名刺、携帯電話(バッテリーが非常に危うい状態)
アビリティ:言語機能(ニーハオ、シェシェ、メークヮンシー、プヤオのみ)、発汗、運動神経ゼロ、笑顔
好きな言葉:安全第一(9月19日現在)
所持金:約650元(約1万円ほど)



と明らかに金しか持ってないザコキャラな自分にガッカリした。
ちなみにタクシーは基本が「8元」ほどであり多少のボッタクリには耐えれそうな気がするのだが、それよりも身の安全のほうが心配であった。(異国の地で言葉も道も分からない一人の男がいつ上海の闇に消えてもおかしくない状態なのである。)


とまぁ考え込んでもマイナス思考のデフレスパイラルは止まりそうにないので、ここは覚悟を決めてタクシーを捕まえることから始めてみた。

ショッピングモールの真ん前を通っている道路でタクシーを拾おうとしたのだが、とりあえずタクシー乗り場が無い・・・
あたりを見渡してもそれらしきところは無かった。


しかしよーく見てみると・・・














所かしこでタクシーを捕まえてるのである。つまり、

「タクシー乗り場」と言う存在は無く、各自が思い思いの場所で手を上げてタクシーを拾っているのであった。
はっきりいって順番待ちなんてものは無く、横入りや割り込みは当たり前、なんなら言い争いしてる人もいた。
しかもタクシーも同じところに止まればいいものを物凄く適当な場所で客を降ろすから始末が悪い・・・

タクシーも客もルールなんてお構いなしのまさに無法地帯であった・・・
そして挙句の果てには、前の客が精算してる状態なのに次の客がもう既に座席に座ってくるという日本では絶対に見れない場面もしょっちゅうであった。

そんな13億人が「日向小次郎」のような強引さを持っている中、平均を好む国民性を植えつけられた私がタクシーに乗る権利を勝ち取れるか非常に不安であった・・・














案の定30分経ってもタクシーは捕まえられず・・・






もうありえないくらいの横入りや割り込みを喰らい心が荒み、道路にただ立ち尽くしていた私に何故かバイクにまたがったおっさんが近づいてきた。そして







おっさん「ヘイ!20ゲン!20ゲン!」

と言い放ちおっさんが乗ってるバイクの後部シートを指差してきたのである・・・
あまりの突然の出来事にあっけに取られてたのだが、次の瞬間には



おっさん「ヘイ!ドコ!?ドコ!?」


と頭悪い日本語で必死に話しかけてきたのである。
どうやらタクシーの代わりに俺がその場所まで連れてってやるって言うことらしい・・・




















無理!無理!無理!無理!無理!無理!!












ハッキリ言ってタクシーよりも保証がないのに乗れるわけないだろ!?
しかもおっさんが乗ってるのはハーレーだし、ノースリーブのGジャンだし、それでも中国ヒゲは生えてるし・・・etc
たとえ向こうがカネを払ってきたとしても乗る気は1ミクロンもなかった。



私の視界にしつこく笑顔で入り込んでくるおっさんを無視しながら、何とか未知の世界へのドライブは避けられたのだが、相変わらずタクシーは捕まらない。乗り場を違う道路に求めるも一向に乗れる気配が無かった・・・


そんな放置プレイをくらってから約45分後、ようやく私のすぐ近くでタクシーが止まり、客を降ろそうしてる現場に直面!神様がくれた最後のチャンスとばかりに精算中にもかかわらず強引に車内に入りようやくタクシーを確保できたのであった!

しかしこんな所で浮かれてはいけない、次は最大の難関である「目的の店にちゃんと連れてってくれるか?」というミッションが待っているのである。

おそるおそる名刺を見せてカタコトの英語を使って目的の場所を必死に伝えてみた・・・














運「イェ~。」

と分かってるのか分かってないのか非常に不安な返答が返ってきた・・・
前回はここでめんどくさくなって諦めたのだが、今回はマジでヤバイので遂に





森「メィクヮンシー??」

と聞き返してみた。すると


運「メィクヮンシー!」
という頼もしい返事が返ってきた。こんなこと聞いておいて何なのだが、自分の中ではいつもの倍くらい用心してた。そして運転手に命を預けタクシーに揺られること約10分・・・








遂に、ようやく、感動の目的地への到着を果たしたのであった!!



その後運転手にありったけの感謝をし、1時間以上遅刻しての夕食会場に向かうのであった・・・





ホッとしたよ・・・マジで・・・



続く


3104
中国旅行記2006 上海編その6
豫園での激闘を終えてホテルへと戻った私に休息の時は無く、すぐさま曾さんと約束した夕食の場所へと移動しなければならなかった。ちなみになんで一度ホテルに戻ったのかというと、観光用の荷物や戦利品を部屋に置きたかったのと、ホテル自体が結構デカくきっちりしてるためタクシーもある程度安全な車両がホテルで待っている事、そして従業員が全員日本語を話せる為タクシーの運転手にも行き先を問題なく伝えられる、という理由からである。


さて準備も整い、今回のタクシー移動の命綱とも言える店の名刺の確認。

これが表で住所が書いてあって
20061017232427.jpg


こちらが裏で、店の位置なんかを地図で書いてあった。
20061017232524.jpg



この命綱を手汗が出る位大事に持っていざホテルの前に止まってるタクシーに乗り込む・・・
そして何も言わず(言えず)名刺を運転手に見せる・・・
一瞬運転手は「アァ~?」と戸惑った後、ホテルの前にいる荷物持ちの人に中国語で話しかけだした(運転手は残念ながら日本語が通じない)。

二言三言会話した後荷物持ちの人が
荷物持ち「ココノミセ、フタツアルケドドッチガイイ?」
と訳の分からない事を言ってきた。当然

森「表に書いてある住所に行ってくれればいいよ。」
と伝えたのだが、どうも裏面の方にもまた他に2つ住所が書いてあるらしく、それのどちらに行けばいいのか?という問いかけのようであった。

今考えると大いに疑問が残る質問だが、名刺のこの場所に来いというのも曾さんから言われてなかったし、荷物持ちの日本語の理解力が高くない方だったので「きっと表の住所の事を言ってて、裏の地図を見て聞いてきたんだろう、裏の下の方にも住所っぽいのが書いてあったし・・・」と察して

森「上に(地図が)書いてある方」
と伝えた(「地図が」の部分は迂闊にも省略してしまった)。そしたら荷物持ちも運転手も一応納得し仕切り直して店に向けて出発なった。



車に揺られる事やく20分ようやく目的の場所に着いたらしく、大きなショッピングモールの前にタクシーがを止まった。
支払いを済ましてタクシーを降り、さっそく名刺に書いてある名前の店を探してみたのだが・・・


















店の名前がどこにも無い・・・









いやいやそんな事は無いだろ?と自分に言い聞かせショッピングモールの入り口にある店の一覧が表示してある看板を見てみたのだが・・・























やっぱり無い・・・














もの凄い勢いで汗が噴き出し、恐る恐るもう一度名刺を見てみる・・・
表面は私は何も分からないので、裏面の地図を見てあってるかどうか確認してみたら・・・

















明らかに地図に書いてある場所ではない事が分かってしまったのである・・・



明らかに通りの名前が違う・・・
しかも裏面の下の方をよく見てみると・・・

20061018001854.jpg


こんな所に住所が2つ書いてあったのである・・・
どうやら先程の荷物持ちの彼はこの2つのうちのどっちに行けばよいのか聞いていたのだった。


完全にすれ違いの純情になってしまい困り果てた私は曾さんに緊急で電話を掛けてみた・・・

曾「モシモシ。」
森「あ、曾さんですか?森谷です。」
曾「ア~、ドウモドウモ~。」
森「曾さんからもらった名刺をタクシーの運転手に見せて案内してもらったら、どうも表に書いてあったお店じゃなく、裏面に書いてある方に連れてこられたみたいなんですよね・・・」

曾「???」(どうも状況が飲み込めてなかったようであった。)
森「あのー。もらった名刺の裏面の下の方に住所が書いてあるじゃないですか?そのうちの上の方に書いてある所に来たみたいなんですよ・・・」
曾「ア~、ソコハウチガモノヲシイレタリシテルトコロナンダヨネ~。」
森「マジですか!?」
曾「シカモソコカラダトマタTAXIデ10プンクライカカリマスヨ。」
















What's?




(またタクシー乗んなきゃいけないの?ちょっと凹み気味なんだけど・・・)
とは思いつつも、曾さんに迎えに来てもらうのは何となく悪い気がしたので、











森「じゃあ、もう一回タクシー捕まえて店の方に向かいますよ!!」



無理にイキガってしまったのであった・・・
当然曾さんも

曾「ジャアキヲツケテキテクダサイネ。ミセデマッテマース。」
と返して電話を切ってしまった・・・



ホントに自分はバカだなと今更再確認してしまったのだが、こうなった以上自力で何とか店に辿り着かなければならなくなった・・・





はたして無事に店に辿り着けるのか?ボッタクリにあわないで行けるのか?タクシー運転手とコミュニケーション出来るのか?
気になる話の続きはまた次回・・・


3104

中国旅行記2006 上海編その5
~前回までのあらすじ~
買物も何とか無事に済ませハンコが出来るまで店内をうろついていたのだが、急に店側の熱気が冷めてしまったのを感じてしまい、多少いたたまれない気持ちになって不用意に箸の値段を店員に聞いてしまった愚かな私、また店員の「コイツはカモ!」っていう確信をえて、更なるアピールを仕掛けてきたのだった・・・




もうハンコ以外何も買う気が無いので何とかその場を逃れたかったのだが、戦利品のハンコは今職人が名前を彫ってる真っ最中の為店を出る訳にもいかない。しかしリベンジに燃える店員は素早く私の近くに来て、

若女「コノハシ80ゲン、サイコー!」
と100万ドルの笑顔で迫ってきた。しかも

若女「オミヤゲニピッタリ!」
とさっきまでのハンコサイコー!から一変、箸がサイコーだとのた打ち回ってきた・・・
そこのところを軽く突っ込もうと思ったが、余計な事をして更なる深みにはまるのもイヤだったので


森「いや~、今日はハンコだけにしておくよ・・・カネも無いし・・・」
とやんわりと断ってみた。
しかし都合のいい彼女の脳はそんなネガティブな発言などものともせず、


若女「ハシサイコー!!60ゲン!!」
と変わらないアピールとさりげない値下げまでしていた。


とはいえここで気を許したら、さらに品物を買わされてしまう可能性大なので、


森「ゴメンね、本当に今日はもう買わないんだ。」
と優しく言い聞かしてみる。
彼女は分かったのか分かってないのか謎だが、「あぁ~」と気の無い返事をを返してきた。
これで第二ラウンドは無事に終了だな、と思い静かに店内を歩いてみたのだが・・・













私が店内で足を止めてお土産を見る度に後からお土産の値段を言ってくるのである・・・










OiOi!!全然わかってないじゃん・・・

とガックリと肩を落としながら土産屋という檻の中に閉じ込められてしまった私、止まれば猛烈セールスに掴まる為やむなく歩き回りながらハンコができるのを一日千秋の思いで待ちわびた。

しかし歩いていたら歩いていたらで今度は「箸」を持って行く手を塞ぎ、どうしても買わせようとしてくる半ば強攻策に店側はでてきた。


それでも何とか誘惑というかキャッチをかわし続けてようやく完成したネーム入りハンコを手に入れたのだった。
それと同時に第2ラウンドも終了を迎え、時間ギリギリまで逃げ回った私にかろうじて軍配が上がった。


その後ちょっとした箱に詰めてもらい、激闘に満足しながら店を後にした。
帰り際も店員は箸を勧めてきたが、それはもうノーサイドのやり取りと思って軽く流しすことにした。



それにしても不用意な発言で余計なことになってしまったことは今でも軽く申し訳ない気になる。そこは自分の意思ははっきり伝えられるようになりたいなと改めて感じる一幕であった(まぁ結果的に危険な目には遭わなかったし面白かったから今回は良かったが)。


豫園での楽しい出来事にニヤニヤしながら歩いていたら、空が徐々に夕暮れ模様になってきたので、また40分かけてホテルまで歩いて戻り曾さんとのディナーに向けての準備をするのであった。





このあと曾さんの店にタクシーで向かうのだが、例に漏れずここでもとんでもない事に巻き込まれてしまう。それはまた次回にでも・・・


3104
中国旅行記2006 上海編その4
最近せわしなくバタバタと動き回っていて日記の更新が危うかったのだが、ようやく新たに書き始める事が出来たのでまた楽しんでいただければ幸いである。



上海の豫園にてまたしても人知れず開催してしまった


「第二回一人DEお買い物in上海」


今回目的の商品は「ハンコ」。結構デカめの大理石のハンコに、名前を手早く彫ってくれるサービス付きの世界に一つアナタだけのナイスな一品である。
(しかもこの土産の品、上海滞在に限らず至る所で見受けられたポピュラーな品物である事も付け加えておこう。)


さていつものようにターゲットとなる店の物色。今回の選定基準は

?店が綺麗(ちょっとした安心感は欲しい所)
?人通りが多い所に店が面してる(何かあってもすぐ逃げれるように)
?家と店が一体型になってない(結構スラムな所も多々見られたので・・・)
?店員が女性(中国語自体の響きが怒ってる様な感じで、聞いてるこっちは怯んでしまう為女性ならば多少衝撃も和らぐだろうという判断により)
?店員の年齢は若め(前回の「お釣り渋りババア」の教訓を生かし)


という今までの数少ない経験をフル活用してなるべく安全そうな店を探してみた。
そして豫園一帯にある土産屋を数十分かけてくまなく調査した結果、若い女性が店員の土産屋を発見し乗り込んでみた。意を決した私が店の中に入り込むとやはり店員が一直線に向かってきて、

若い女性店員(以下若女)「你好(ニーハオ)!uiahpsepnxczvoiy@oid(聞取り不能)。」
いつも通りのマシンガンセールストーク、これが来ると100%分かっているのに

「え?」
とマヌケな返事をここでもしてしまった・・・そうすると次の瞬間、女性店員は片手に電卓を持ち(昨日も見たスタイル)

若女「オニイサン、ハンコEヨ、ハンコイイ!!」
と素早く言語機能を切り替えて再度仕切りなおしてきたのであった。
相変わらずこの柔軟な対応には毎回驚かされるのだが、やはり向こうは歴戦のツワモノ達である。そんな私の感動など無視して、

若女「コノハンコチョウカコイイヨ!!オニイサンノタメニヨウイシタ!」
一体誰がこんな日本語を教えたんだ?って思いたくなるくらいのセールストークをぶちまけ、さらに上目遣いで擦り寄ってくる・・・
ちょっとドキッとしてしまった私は

森「姑娘(クーニャン)、どれがいい?」
とダンディズム溢れる声で余裕の受け答えをしてみる(しかも今回は姑娘(クーニャン、娘さんの意)を使用し多少のゴキゲンを取ってみる)。すると

若女「コレ!コレサイコー!」
とどっかのおバカな女子高生が彼氏にプレゼントをねだる様な感じで陳列棚の上段にある明らかに高価そうなブツを勧めてきたのだ・・・

その「高級ハンコ」素人目に見ても「これは高いだろ?」と分かる一品であった。(もうハンコ自体に龍やら鳳凰などが彫刻されていて値段も250元(約3,750円)と異様な高値であった。)
上目遣いに騙されそうになった自分を恥じ、再度気を引き締め直して、

森「いやぁ~、姑娘(クーニャン)、それは無理!」
とちょっと強気に不要度合いをアピールしてみた。それでもしつこく迫ってくるかな?と思っていたがそこはやはり有名観光地の土産屋、高価な一品狙いは諦めたが今度は安いのを大量に買わせようという作戦に切り替えてきたのだった・・・

若女「コレ2ホンデ200ゲン!!サイコー!!」
などとテレフォンショッピング張りのオーバーなアクションで更なる追い討ちをかけてきた。

正直デザインがイマイチピンとこなくてそれも断った。しかし数あるハンコ集の中で「楊貴妃」のイラストをあしらった物があり、それが無性に私の心を鷲掴みにしていた。
今回はこれをお土産に買っていこうと決め、更なる交渉に乗り出したのであった。

森「(楊貴妃ハンコを指差して)これが欲しい。いくら?」
と今度はこちらからジャブを繰り出してみた。そうすると相手は不敵な笑みを浮かべて、

若女「コレハ180ゲンダネ!」(約2,700円)
「高っ!!」と瞬間的に出てしまうほどの値段設定に多少たじろぐも、ハードルは高ければ高いほどいいだろう、と訳の分からないポジティブ精神でさらに挑んでみる・・・
(ちなみに何度も言うようだがこの国は4元ほどでミネラルウォーターが、30元ほどでCDが買えるのである。)

森「姑娘(クーニャン)、これは高いからやめるよ・・・」
とちょっと弱気な面を見せたら、やはり今回も来ました!電卓での値引き合戦!

若女は早速180元から170元への値引きをして優しさアピール!
しかしながら今回も限界まで粘ってみる・・・

森「姑娘(クーニャン)、もっと安くしてくれ。」
と突っぱねる。
そしたら170元→160元への更なる歩み寄りを見せてきた・・・
しかしながらここで異文化の波に流されてしまっては元も子もないので、さらにガマンしてみる・・・

森「いや~、まだいけるでしょ?」
と言い放つと若女は多少不機嫌になりながらも電卓を渡してきた。前回もあった自分で金額指定の権利を手に入れたのである。
ここでの判断はかなり慎重にいかなければならないのだが、前回の買物と比べ「昼」であり「若い女性」ということもあったので多少気が大きかったのかも知れない、
















「100元」
を提示してみた。
案の定店員は「ぬあぁ~!?」と文字では上手く表現できない叫びと表情に変わっていった。(ある意味日本では見れない接客である)

若女「ヌェ~!?アァ~!?」
と訳の分からない悶え方をしつつ店員の反撃金額は






「150元」





当然却下。





その後私の腕に掴まってきて150元→140元→130元→125元→120元・・・
と矢継ぎ早に値上げのストライキを敢行してくるものの、私は当然聞く耳持たず。しかも

森「姑娘(クーニャン)よ、100元じゃないと買わない!」
と腕を振り払い、お子様もビックリの駄々をこねてみた・・・


その後も押し問答は延々続いたがようやく店側が折れて、100元でハンコと自由を買い取ったのであった!!!

今回は前回の反省もふまえてお釣りの出ないすっきりした数字での買物。お釣りを渋られることも無く今回は安パイだったが、さっきまで熱いやり取りをしてた店員が、ハンコのデザインは何にするか等の急に事務的な流れに店員はチェンジしててちょっぴり寂しかった。

ハンコは約5分くらいかかるから店の中で待っててくれと言われ、店の中をなんとなくうろついてみる。正直もう他に買う物は無いし、変な達成感で胸一杯になっていたのだが、急に事務的になった店員たちに囲まれる中ハンコの完成を待つ私・・・
それに耐え切れきかったのと気の緩みで










森「この箸いくら?」











と迂闊にも店員に聞いてしまった。
そしたらさっきの事務態度から急変またも近くに擦り寄ってきて、上目遣いのアピールタイム!予期せぬ形で第二ラウンドのゴングが鳴ってしまったのであった・・・



長すぎるので続く



3104



中国旅行記2006 上海編その3
ホテルの人のありがた~いアドバイスを軽く無視して、ホテルから豫園までの道のりを歩いて向かう事にした私はホテルを出た瞬間に一人の若者に捕まった。

中国滞在中によく見てるヘラヘラ顔で迫ってきて

若者「オニーサン!ロレックス!!ロレックス!!」


とのたうち回ってきた・・・
あのさ~、ブランド物の店が立ち並ぶこの通りに路上に座っているあなたが本物のロレックスなんかを持ってるはずないだろ?っていうか買うならちゃんとした店に行くよ。
と説教したい衝動に駆られたが、相手にしても無駄なのでさっさと先を急ぐ事にした。
その後もビーサンを履いたロレックス売りの若者はしつこく付きまとってきたが、10mほど歩いた所で諦めて帰っていった。
ホッと一息ついたのも束の間、今度はオバチャンが時計とバックをカタログ片手に進めてきた・・・もうこんなところでいちいちかまってられないので、必殺「不要!「無視」でオバチャンを黙らせたのであった。
その後も行く手を塞ぐインチキ臭漂う売り子どもを蹴散らしつつ、予定通り40分かけて目的地の「豫園」にたどり着いたのであった。


一人で辿り着けた事に感激しつつ、またいつもの様に写真を撮りまくってしまったのでまた懲りもせず紹介していこうと思う。



D1000232.jpg

これが噂の豫園。本当は昔に立てられた私有地らしいのだが、あまりに美しいため観光名所となったらしい。やはりここも有料だったので入るか迷ったのだが、そこそこ軍資金の余裕が無くなってきたので諦めて外からの観察する事にした。

D1000233.jpg

これが前におかれていた案内板。

そして周りに目を移すと、
D1000235.jpg




D1000238.jpg


やら

D1000237.jpg


などの風景が飛び込んできた。
(しつこいようだが、この日は9/19でド平日の昼間である。なのにこの人だかりには驚いた・・・)

そしてよく見ると欧米の方々が異様に多い事に気づいた。ここは世界的な観光スポットなんだなと改めて実感するのであった。
しかも現地の中国の人たちはみんな路上に座ったり、挙げ句には道のど真ん中で寝ている強者もいて、元気に歩き回っているのは異国の観光客のみという絵も非常に滑稽であった。(残念ながらチキンハートが顔を出し、寝てる人を撮影する事は出来なかった・・・)

その後、色々店を見て廻ったのだが店の数が半端なく多くて一周するのにもかなりの時間を要した。売っていた物は「置物」「チャイナドレス」「はんこ」「箸」「刀」「アクセサリー」なんかが多かったが、やはりどこの店を見ても「値札」の存在は発見できなかった・・・

そうなるとやっぱりここで顔を出すのは変なチャレンジ精神。というわけで満を持して「第二回一人DEお買い物in上海」を開催する事にした。
今回のターゲットは「ハンコ」(しかも名前を速攻で彫ってくれるサービス付)にして数あるお店の中から決戦の舞台を選んでみた。そうしてると、ある若い女性が元気に商売してるお店を発見。ハンコの種類も多いし、店も綺麗だったのでそこに決めて乗り込んでいくのであった・・・


さぁ二回目の決戦の結果はどうなるのか?待ち受けているのは天国かそれとも地獄か?詳細はまた後日・・・


続く

3104

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.